« 2020年9月 | トップページ

ライダーの成長に役立つならあらゆることを犠牲にしてもいい

先日のパトリシア・パチェコが最新版となる「MotoGPで働く女性たち(#WomenInMotoGP )」シリーズ。ここからは遡って第1回から訳していきます。
今回はMVアグスタ・フォワード・レーシングのチームマネジャー、ミレーナ・ケルナー氏です。MotoGP公式より。
============

ミレーナが最初でMotoGPで得た仕事はロジスティクス(物流/搬送管理)と広報だった。そして2019年、彼女は女性初のチームマネジャーとなる。

子供の頃、彼女は良くGPを観ては、出張が多かった父親にサーキットで何が起こったのか教えていた。その後何年も経った今、ミレーナ・ケルナーはパドックで最も知られた女性の一人となっただけでなく、目指すべきプロフェッショナルとしての見本となっている。そしてその断固たる決意のおかげで、2019年からはMoto2世界選手権を戦うMVアグスタ・フォワード・レーシングを率いているのだ。

バイクレース好き一家で育った彼女は、祖父母に連れられてザクセンリングでの初開催となる1998年のドイツGPを観に行っている。「ザクセンリングから20kmのところで育ったんです。特別なサーキットですね。ライダーがピットに行くには一般エリアを通らなければならないんで、ファンはすぐ近くでライダーを見られるんですよ。その時初めてレース現場に行ったんですけど、まさか何年も経ってまたここにやって来るなんて思いもしなかったです」

ドイツGPの経験の経験がその後の彼女を形作ることになった。ミレーナはヨーロッパ中のサーキットを巡りパドックの雰囲気になじみながら、その住人たちと知り合いになっていく。

サーキットの常連になったミレーナはある時、初めて仕事のオファーを受ける。「サーキットに通い始めて知り合った人の何人かにに言ってたんです。レースに行くのにお金を払うんじゃなくて、お金をもらえるようになりたいから、どこかのチームで働きたいって。最初のオファーは断っちゃったんですが。まだ高校生で、卒業試験も受けてなかったんですよ。でも次に行ったヘレスのGPでまた仕事を紹介してもらって、その時には断れませんでしたね」

1998年にこうしてミレーナはMotoGPの世界で仕事を得ることになった。「モデル(訳注:アンブレラガール?)の仕事だったんですけど、パドックでの本当の仕事と言えるのはチーム・スコットのホスピタリティでした」。世界選手権は最初の内は学費をまかなうためのお金も稼げる楽しい仕事だった。「大学に行く前からパドックで働き始めてました。この生活は楽しいって思っていたんですが、その内ちゃんとした仕事を見つけなきゃと思い始めて、でもここで見つけられましたしね」と笑顔で彼女は語る。

「ホスピタリティで働き始めた時はステファノ・ベドンの指示で動いてました。彼はいろんなことを教えてくれたし、毎年責任をもって取り組むべき仕事をくれたんです」。チーム・スコットでの125cc、250ccの仕事を経てミレーナは新たに立ち上げられたフォワードレーシングでロジスティクスを担当する。そして、ついにMotoGPでの仕事をテック3でのマーケティング及び広報責任者として開始することになる。そこで5年間働いた後、彼女はフォワードレーシングに戻り、以来チームマネジャーとしてMoto2チームを率いている。

ミレーナはパドックで彼女が果たしてきた様々な役割について語ってくれた。それぞれ興味深い違いはあるが、しかしすべてに共通するのは関係性だという。他とは異なる人間関係について思い出しながら彼女は言う。「ライダーの成長を支援するのが好きなんです。たとえbんカル・クラッチローとしばらく一緒に働いてましたが、同じチームじゃなくなるって日のこと、カルが『これでやっと友達になれるね』って言ったんです。ライダーと働くってことは、彼らがやりたくないこともやれって言わなきゃならないってことなんです。だから友情は芽生えにくい。こちらが話すことを敬意を持って聴くことになるんで、ちょっと距離を置いた関係になるんです。でもそれができるからライダーはみんな特別な存在なんですよ」。そしてこうも付け加えた。「でも一緒に働いてる相手とは人間関係ができちゃいますよね。普通の仕事じゃないんです。ほとんどの時間を一緒に過ごしてるんだから」

2019年、ミレーナはパドックでのキャリアの新たなスタートを切った。ドミニク・エガーターとステファノ・マンツィという年齢も性格も異なる二人のライダーを率いるチームマネジャーの仕事だ。「ステファノはずいぶん成長しましたね。今シーズンの初テストのときの振る舞いと今の振る舞いを比べたら別人みたいですよ。こんな風に変化するのを目の当たりにすると、たとえほんの少しだとしても自分がそれに貢献できているのが実感できてとても嬉しいですね。この仕事の一番のやりがいです」

まだ10代でパドックでの仕事を始めたミレーナは自分の仕事の環境が変化していることにも気付いている。毎年様々な分野で仕事をする女性の姿が増えてきているのだ。しかし彼女は言う。「私たちはまだ少数派ですからね」。そしてそれには様々な理由があると言う。「ビジネスの観点から言うと、小さなチームで予算が限られている時に女の子を雇うのってコスト増になるんですよ。一人のためだけに別の服を用意しなければならないし、その上ホテルもシングルルームを予約しなきゃいけない」。しかしこうした制約はミレーナのようにチームにとって欠かすことの出来ない人材となった有能でプロフェッショナルな女性たちによってどんどん打ち破られている。

「そうした話とは別に、もし女の子がパドックで働きたいなら全力を尽くさないといけないと思います。もし何か困難があってもあきらめる必要は無いし、逆にそれが新たなモチベーションになったりするんです」

さらにミレーナは自らの経験から、勉強すること、すごくバイクの技術寄りの話でもできる限りいろいろ[知るようにすることが大事だとアドバイスする。「敬意を持ってもらい、そして自分が主導権を取るためですね。チームのみんなに私がちゃんと見ているとわかってもらうこと、そしてこっちが女だからというだけで上に立てると思わせないことが大事なんですよ。
 あと、パドックでいろんな仕事をしてきたおかげですべてが最高の状態かどうかを確認するにはいつ何を見ておけばいいのかわかるんですよ。なんだかんだ言って人生の半分以上をこの世界で過ごしてきてますしね」

最後にミレーナに自分自身について語ってもらった。「私は嫌なやつで仕事中毒で頑固者ですね」。高い能力のおかげでプロとしてここまで登ってくることはできたが、それでもまだ努力が足りないと彼女は思っているようだ。「いつかむくわれるか?後になってみればわかるでしょうね。でも今はマシンの競争力を高めてライダーが幸せになること、それが目標なんです」

ミレーナ・ケルナーとMVアグスタフォワードレーシングとMoto2がサーキットに戻ってくるそれまでの間、#WomenInMotoGP シリーズをお楽しみいただきたい。(訳注:この記事は2020年8月5日のものなので)
============
次回はグレジーニのチームコーディネーター、サンドラ・ヴィルケス氏です。

| | コメント (0)

女の子たちが私をお手本にしてくれるなんて、本当に誇らしい

MotoGP公式が時々アップしてくれるGPシーンで働く女性たちの記事、#WomenInMotoGP。ずーっと訳そうと思ってたのですが、始めなければ始まらないので始めます。順番は違うのですが、とりあえず最新記事を。

セテ・ジベルノーに憧れていた少女が長じてMotoGPの現場に身を投じ、今はSic58のMoto3チームのテレメトリー技術者をやっているという、パトリシア・パチェコ(Patricia Pcheco)氏の物語です。

============ 

  MotoGPの現場にはテレメトリーの技術者はわずかしかいないが、しかしそんな状況もパトリシア・パチェコのおかげで変わりそうだ。 パトリシア・パチェコが携わっているのはピットの中でも非常に重要な仕事の一つである。テレメトリー技術者というのはマシンのデータをやはり技術者である上司とともに分析し、レースに向けてライダーに採るべき戦略を提案するのだ。パトリが一緒に働くのは、ついこないだまでティーンエイジャーだったようなライダーたちだ。いつも肩にずっしりとプレッシャーを感じている彼らは時にとんでもなく扱いにくいこともある。しかしライダーの緊張が高まる中でもいつもと変わらぬ自然体でコンピュータからデータを読み取ることのできる彼女は、その同じ力を使って、才能に溢れた彼らがチャンピオンをつかみ取れるよう静けさと集中力を取り戻すために正しい言葉を掛けることができるのだ。 彼女の物語は1989年のマドリードから始まる。こどもの頃、彼女はアイドルであるセテ・ジベルノーを応援しながらGPのテレビ中継にかじりついていた。「いつかライダーがマシンをおりて最初に声を掛ける人間になりたいと夢見てたんです。もっと競争力をつけるための解決策がほしいとライダーがこっちを見るような、そういう人間になりたかったんです」。まだそれがただの夢で、とても実現するとは思えなかった頃を思い出して彼女は微笑んだ。 「小さい頃から数学と物理が得意で、だから航空工学を学ぶことにしたんです。そしてマドリードで何年かその世界で働きました。専攻した分野でインターンをやって、その契約終了を待ってそのまま雇ってもらえることになっていたんです。でも本当のことを言うとやりたいこととは違っていたんです」 彼女が情熱を持てるのはいつだってバイクだったのだ。そしてあの幼い頃の夢はかなってしかるべきだった。少なくともパトリは諦める前にあらゆることを試すべきだと思ったのだ。「テレメトリー技術者になるために当時私に頭に思い浮かんだ唯一の道がバルセロナに引っ越してモンラウ校*に通うことでした。それで家族から離れて、堅い仕事も捨てて、未知の世界に向けて新たな冒険を始めたんです」 バルセロナでのパトリはエネルギーと時間を全て勉強に費やし、その結果FIMスペイン選手権で仕事を得ることができた。「プレMoto3選手権での最初の年にセルヒオ・ガルシアと一緒にタイトルを獲得したんです。最終戦はもの凄くテンションが高かったですね。めっちゃ集中してました。だってそのために1年間やってきたわけですから。最終ラップに入ったところでうちのライダーは10台のトップ集団の最後尾で、もう諦めかけたんですけど、6つポジションを挙げて、それでチャンピオンになれたんです。パルクフェルメについた時には喜びではち切れそうだったのを覚えています」。そこで満足のいく結果を得た彼女は、さらなる高みを目指すことにした。 「スペイン選手権は素晴らしくって、チームも凄く居心地が良かったんですけど、世界選手権で働きたかったんです」。そのチャンスはすぐにやってきた。そしてパトリは自身が持っていた苦手意識を克服することになる。「パオロ・シモンチェリがテレメトリー技術者を二人捜してるって知ったんです。一人はスペイン選手権用、もう一人は世界選手権用だったんですけど、パドックでパオロにあったときはまず人見知りな自分の殻を破って一歩前に出ることにしました。イタリア語もしゃべれなかったんですけどね。最初パオロが私に提案したのはスペイン選手権の仕事でした」 しかし言葉はまだうまく操れないにもかかわらず、パトリは自分を理解してもらうことができた。固い決意と、どんな限界を前にしても立ち止まることのない彼女の態度のおかげだ。すぐにSIC58スクアドラ・コルセのオーナーであるパオロ・シモンチェリは、彼女こそが自分の探していた人材だと気付くことになる。 2018年に世界選手権の軽量級クラスで働き始めて以来、彼女は常に鈴木竜生と共に4つのポールポジション、2つの勝利を含む4つの表彰台を獲得している。近年さらに成長を遂げた彼女に対して、パオロ・シモンチェリは2020年のSIC58のスペイン選手権チームのテクニカルマネジャーを任せ、フリアン・ガルシアとセナ・アギウスと共に頂点を目指すことにした。 スペイン選手権でも世界選手権でも、パトリのレースは水曜のピットの設営から始まる。そして木曜にはライダーと、そしてMoto3世界選手権チームのテクニカルマネジャーであるマルコ・グラーナとともに去年のレースを見てデータの確認を行う。ライバルの強さがどこにあるのか、コースのどの場所で誰が速かったのか、どんなミスが致命的になるのか、そしてマシンのセッティングはどうするかといったことを、あらゆる詳細にわたって分析するのだ。そして金曜には朝早くにサーキットに現れてショーを始める。 「タツがコースから戻ってくるとマシンにコンピュータを繋いでデータをダウンロードします。ライダーがうちの技術者のマルコにマシンの感触を語っている間、私はスロットルを開けるのを遅らせるより早めにブレーキを掛けた方がいい、とかいったことを裏付けるデータを探しているんです。セッションが終わると私たちはあらゆる情報を注意深く分析して翌日の戦略を決定します」 パドックで働き始めて数年を経て、パトリはMotoGPファンにはお馴染みの顔になっている。「サーキットにやってくると、小さな女の子が立ち止まって、両親といっしょに、どうやったら世界選手権で働けるのかってきいてくることがよくあるんです。そうやって私の話を聴いてもらえるのって、すごくドキドキしますね。私が成功したってことなら、どんな女の子でもできるってことなんだと思うんです。でも、何年か前の私がそうだったかもしれない女の子たちが私をお手本だと思ってくれるなんて、本当に誇らしいですよ」 テレメトリー技術者としての仕事を上手にこなすにはライダーとの信頼関係が重要である。彼女の場合は技術的な知識に女性特有の繊細さを加えることで、恐怖を感じたり絶望的瞬間を味わったりするのは当然のことだとライダーたちを納得させることができる。そのおかげでライダーたちは誰もが情熱の炎を絶やすこと無くモチベーションを保ち、フィニッシュラインを最初に駆け抜けるために再び気持ちを新たにすることができるのだ。パトリの物語は彼女の強さについての物語でもある。そしてバイクを大好きな若者たちがレース現場で生きていくという夢を叶えるためならパトリはその経験を喜んで共有するだろう。 *:モータースポーツの技術者を育成するために1997年に創設されたモンラウ・レプソル・技術学校(リンク先:英語)のことかと。 

============ 

おそらく英語以外で書かれた文章を翻訳しているらしく、人称代名詞が多少混乱しているのを文脈から判断して補ったりしてますが、それにしても「女性特有の繊細さ」とか微妙な表現だなぁ…。いや原文も「 the sensitivity that distinguishes women」なので誤訳ではないと思うのですが。 さて、このシリーズですが、スズキ・エクスターの広報、塚本肇美氏とかも取り上げられてるので、わりと良いペースで訳していきたい所存。お楽しみに。

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ