« マンツィのブレーキレバーをストレートで握ったフェナティの公式コメント | トップページ | ジベルノーがポンス・レーシングのMotoEで復活 »

ポンシャラル:KTMのポテンシャルを信じている。

これ、日本語だと微妙にイン韻を踏んでいる感があるんですが、英語ではどうなんでしょうか?MotoGP公式より。あ、パート1だそうですよ。続きは明日。
============
テック3の親玉に対するmotoGP.com独占インタビューの前半。ポンシャラルは2018年の状況やヤマハの現状、KTMについての展望を語っている。

フライアウェイ・ラウンドを前にしてmotoGP.comはモンスター・テック3・ヤマハのトップであるエルヴェ・ポンシャラルにインタビューを行った。話題は2018年シーズンのこれまで、ヤマハの現状に対する彼らの見立て、そして2019年に使用するKTMについてなどだ。

:2018年のここまでの成績は期待通りです?それとも2017年の素晴らしい結果からしたら物足りないものですか?

:期待以上と言ったら嘘になりますね。2017年は素晴らしかったっておっしゃいましたけど、公式テストやシーズン前テストの結果も期待が持てるものだったんです。カタールではポールを獲って、レースのほとんどはトップで走れてます。次のアルゼンチンでは2位に入って、ヨハンはヘレスでも表彰台に立った。実際のとこフランスGPまでは雲の上にいるみたいでしたね。ランキングでも2位で、しかもその前にいるのはマルク・マルケスなんですよ!彼はまだ表彰台に昇れるだけのものはもってるって思いましたし、でもフランス人最高位という立場から来るプレッシャーを彼が感じていたのは否めませんね。一方ハフィズについて言うなら、間違いなく最高のルーキーですね。とは言えモントメロでクラッシュしてからはトラブル続きで、マシンのあっちが壊れたと思ったらこんどはこっち、みたいな感じなんですよ。そういう意味ではどちらも本来の成績とは程遠いんです。今のところ嬉しいことよりイライラすることの方が多いですね。シーズン序盤とは全然違う感じです。ですから、今の状況には全然満足してませんよ…それが答えですね。こういう浮き沈みはレースには付きものですけどね。それは仕方が無いこととして受け入れて、原因をきちんと把握して一刻も早い捲土重来を目指そうと思ってます。


:ヤマハが直面している問題についてはどうですか?良いタイミングでメーカーを変えられたと思われます?もちろんKTMに変更するというのはずいぶん前の決定ですけれども。

:まず言っておきたいんですけど、私も現状何が起こっているのかちゃんと理解できてないんです。シーズン序盤でもヤマハは最高のマシンとは言えなかったかもしれませんが、それでも良いマシンではあった。うちはカタールでもアルゼンチンでもルマンでも素晴らしい結果をだしてます。で、ヴァレンティーノもマーヴェリックは開発が進んでるマシンに乗っていて、いい感じで走れていた。ザクセンリングでは二人とも表彰台に乗ってるんです。もう一人はマルクですよ!でもこないだの週末のM1の最高位はドゥカティとスズキの後ろってだけじゃなくて、アプリリアのアレイシ・エスパルガロにも前を行かれてるんです。正直、一晩やそこらでなんとかなる話じゃないですよ。なんでこんなことになったのか…。
 私が来年について決めた時点ではヤマハも今みたいなどん底ではなかった。本当のところ、単に次の冒険に出発したかっただけなんです。そこにKTMがワークスと全く同じマシン(!)を来年2台供給するって持ちかけてくれたんです。たった2年前にMotoGPに参戦したことを思うとなおさらわくわくしますよね。それに2台増えればそれだけ開発も進むわけですし、こちらもいろいろ学ぶことができる。要するにスポーツという観点からも、人としても、とんでもなく魅力的な話だってことなんです。さらに言うなら、私は今でも新しいことを切り拓いていきたいし、同時にビジネスとしても継続的に続けていきたいと思っていたし、今でもそう考えている。ここでKTMとレッドブルから3年間の契約をオファーされて、それこそ私の希望にぴったりだったということなんです。ここまでヤマハと素晴らしい20年間を過ごしてきましたし、ヴァレンシアGPの最終ラップまで全力を尽くしますよ。そしてその後は新しい章が始まるんです。


:KTMの今シーズンはどういう風に見てらっしゃいますか?来年はRC16を2台走らせるわけですが。

:ブラッドリー・スミスの日曜のパフォーマンス(訳注:アラゴンで一時はヴィニャーレスの前を走り13位でポイント獲得)には正直驚かされましたね…。ヨハンに才能があるのはわかってますし、ヤマハの力もわかってます。だからブラッドリーがうちの前でゴールできたということはKTMの実力はランキング以上だってことですよ。彼らは凄くがんばっていて、でもいろんなことのせいで実力が発揮できていない。でなきゃもっと強いはずです。ポルはセパンでの転倒から完全に回復してない。ミカ・カリォも離脱してしまった。開発には欠くことのできない人材なのに。そんなわけですべてがブラッドリー次第ということになって、でも未来のために今がんばるというのは簡単なことではないんです。しかも来年出て行く立場ならなおさらですよ。自分たちにかかわる部分については全面的にKTMを信頼していますよ。彼らは勝てるライダーも世界チャンピオンになれるライダーも抱えている。それがベゼッキになるかビンダーになるかオリヴェイラになるかはわかりませんけどね。まだMotoGPではタイトルを獲ってませんけど、そこは心配してません。彼らの力を信じているし、彼らの本気も疑ってない。いつ表彰台にのるかと毎週楽しみにしてるんですよ…いや、もちろん自分たちもですよ!とにかく彼らが進化し続けるマシンを作る力を持っているってことはつゆほども疑っていないですし、トップ争いとするのもそれほど先のことではないと思ってます。うちがそれに少しでも貢献できるといいですね。
============
そっかー、KTM行けそうなのかー。楽しみ楽しみ。

|

« マンツィのブレーキレバーをストレートで握ったフェナティの公式コメント | トップページ | ジベルノーがポンス・レーシングのMotoEで復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/67221644

この記事へのトラックバック一覧です: ポンシャラル:KTMのポテンシャルを信じている。:

« マンツィのブレーキレバーをストレートで握ったフェナティの公式コメント | トップページ | ジベルノーがポンス・レーシングのMotoEで復活 »