« イギリスGP中止の責はシルバーストンの路面に | トップページ | イギリスGP後始末:きな臭さが漂ってきました »

シルバーストンよりのプレスリリース

こんどはサーキット側の言い分を。元はMotoMatters.comに掲載されていたもの。
============
以下はシルバーストンのマネージングディレクター、スチュアート・プリングルによる本日のGoProイギリスGPの中止に関する公式見解である。

2018年8月26日

まず最初に最も大事なことですが、非常にたいへんな、辛い日をシルバーストンで過ごされたファンの皆様に謝罪いたします。今回の件に尽きましては誠に申し訳ございませんでした。このような天候の下で皆様に6時間もお待ちいただくことが事前にわかっていたのであれば、昼には中止決定をしたかったところです。

私共としては早い時間に中止決定を出したかったところではありますが、ドルナよりコンディションが良くなったらチームはレースをしたいと考えていると伝えられておりました。

今回のレース観戦のために皆様が投じた金額については充分配慮したいと考えております。来週中には全てのお客様にご連絡の上、今回のレースの中止に関する取り扱いについてお知らせ申し上げます。

本日の決定につきましては誰よりも私と、これまで信じられないほどの働きを見せてくれたシルバーストンのスタッフが残念に思っております。スタッフは全力を尽くしてレースの実現に努力してくれました。

レース中止は私共の決定ではございません。シルバーストンの関与できない部分でのスポーツとしての判断で有り、ライダーとドルナ、そして安全委員会とレースディレクションによる判断です。

計画は本日正午にドルナ及びレースディレクションと相談の上で決定されました。いつもの関係者と気象庁が提供する天気予報を詳細に分析しております。その後のスタート延期に関しましては雨が小康状態になるという天気予報に基づくものです。しかしながら最終決定は私共が関与しないところで行われております。私共は誠意を持ってレースを開催したいと考えておりましたが、最終決定は私共が預かり知らぬところで行われました。

シルバーストンをバイクレースにとってより良い場所とすべくこれまで私共は最善を尽くしてまいりました。明日の祝日明けよりすぐに調査を開始し、新舗装が本日のレース中止にどのように関係しているのかを把握する予定です。

舗装業者であるアグリゲイト・インダストリーズと共に全てのデータを再検討するとともに、新たな調査も含めて詳細な調査を計画しております。

繰り返しになりますが、個人としての私からもお詫び申し上げます。またマーシャル、医療スタッフ、警備スタッフ、ケータリング、コーススタッフ等々、今週末、全力を尽くしてくださった皆様に感謝申し上げます。
============
まあ事実ではあるし、誰が悪いかはまだわかってないけど、予防線を張りすぎてる感じがしないでもないですね…。

|

« イギリスGP中止の責はシルバーストンの路面に | トップページ | イギリスGP後始末:きな臭さが漂ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/67103361

この記事へのトラックバック一覧です: シルバーストンよりのプレスリリース:

« イギリスGP中止の責はシルバーストンの路面に | トップページ | イギリスGP後始末:きな臭さが漂ってきました »