« ストーブリーグ表2019(2018.6.5時点) | トップページ | ストーブリーグ表2019(2018.6.10時点) »

ストーブリーグ表2019(2018.6.6時点)

はぁ、ホルヘのホンダ入り(びっくり!)とペトルッチのドゥカワークス入り(やっぱり)に伴い、ミルのスズキ入り確度を高めつつ、火事場泥棒的にダニについて妄想を追加しました。あと、リンスとオリヴェイラがとっくに確定したのを忘れてたので対処。


Stove_2019_180606

「stove_2019_180606.pdf」をダウンロード
「stove_2019_180606.xlsx」をダウンロード

|

« ストーブリーグ表2019(2018.6.5時点) | トップページ | ストーブリーグ表2019(2018.6.10時点) »

コメント

あああぁぁぁぁ!!!
ホルヘ、ヤマハに来てくれると思っていたのに(涙)。選択肢にワークス体制があれば、いくらマシンがワークスでもサテライトには行きませんよね。ヤマハは完全に裏目っている。M1に合っているホルヘもザルコも違うメーカーとは、もはやMOTOGPで勝つ気がないのか??と、思ってしまいます。

投稿: エフ | 2018/06/07 11:19

ペドロサ・・・引退との事です。

投稿: ラッテ | 2018/06/07 12:38

私個人の想像なんですが。
やはりストーブリーグに関するメディアリリースと実際の時系列は違うんだろうなと思ったり。

ホンダにプーチ軍曹が戻ったところから、現在のシナリオが始まっていたのではないかな…
ル・マンかどこかでホルヘが自身の去就について「まだはっきり話せない。今はオプションを詰めてるから」と言っていた時、もしやホンダ?と思ったんです…
いろいろな噂やライダー名が飛び交っていたけれど、彼がこう言うからには、相手はファクトリー。
経営に不安があるインデペを選ぶとは思えないし、スズキはホルヘが望む形の”戦闘力があるマシン”とは違う気がするし。
となるとあとは一択じゃないか…と。

でもそれはひとつの辛い現実に向き合うことになるってことなわけで。
…ホルヘとダニのバトルをまた見たかった。
私の中では、今でもあの2人こそが”デュエリスト”です。

投稿: りゅ | 2018/06/07 17:49

さすが、りゅさん鋭いですね。
オフィシャルサイトで、フランスでしたか、やはりプーチさんのインタービューがあって、ホルヘに対しては「今のマシンに適合できてないように見えるから、変えた方が良いだろう」みたいなことを言ってた記事がありました。
実はもうその時点で決断していたんでしょうね。
怖いくらいです。
あとイロイロ考えますね。
ストーブリーグがこんなに早くなってなければダニとホルヘはどうなっていたか?
それでも今回と同じ結果だったのか?
ドカティも同じ反応を示していたのか?

ダニは今シーズン調子は良くなかったけど、アルゼンチンで負った怪我をおして執念でアメリカに出ていた筈です、、、。
ホンダでキャリアを終えたいとも語ってたけど。

競争と勝負の世界の厳しさを改めて感じた次第です。

投稿: motobeatle | 2018/06/07 21:04

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ。
水面下で、こんな交渉がぁー。
一体、何時からだろう?

流れから、ヤッパリ感のペドロサ。変だなとは思っていたが、ホントに引退?
ロッシが居るおかげで、皆、年齢を意識してなかったけど。
引退して欲しくはないが、ホンダを離れそうにもないしなぁ。サテライトで勝てるほど甘くないし。
ウインドウが狭いミシュランじゃ、やっぱり厳しいなぁ。

ロレンソ、違いを出せるのは自分とマルケスだけと語っていた事が思い出される。
ロッシと同じ道を除外すると、乗りこなす評価+タイトルへの戦闘力・金額から、当然なんだけど、無いと思ってた。
聞いてビックリだったが、既にクラッチローがで、ヤマハからドカ以上の冒険ではないし、実力的にマルケスを恐れる理由もないし。 ロレンソ的には、もうV4もつかんで、自信ありなんだろう。ホンダの開発スピードも考慮すれば。
今回の勝利、タイヤメーカー違い+17インチで比較できないけど、ヤマハ時代より浅いバンク角で自分の走りを実現した様に見えた(だけかも)。色も違うしね。 

最近見ないが、市販レーサー使いが、タンクにパッド等貼りまくって、ポジション調整は当たり前なのに、ワークスがやっと新タンクとか、エルゴノミックスで苦労とか、何だったんだろう? ワークスの意味無いじゃん。表面上、開発の遅さが理由だが、結局、その遅さは、ドヴィの覚醒で、メーカー的に、イタリア人でってなったから? 勝利後を見ると、現場はそこまでって程では無さそうだったが。

ホンダ、2輪でもセナ・プロ。 ちょっと、何だろう、正直怖い。 形は違うだろうが、誰もが、口にしたくない予感が。 
今シーズンも、これで結構難しい、対ドヴィのロレンソ蓋が再発したら? 今後、他サーキット、マン・マシンが不得意な所でどうか?

それにしても。勝利後に発表とか、出来過ぎだね。勝てずに移籍とじゃ大違い。

ホンダは、ロレンソの旋回が知りたいんだろうな。 自分がエンジニアだったら、全くスタイルの違う、当代最速の2人、マルケスとロレンソは絶対に欲しい。贅沢だな、いや、過ぎる。巷では、マルケス・スペシャル等と言われるマシン。メーカー・チームも挑戦だ。ホンダはどんなマシンづくりを目指す? 

これも、ドカとロッシとドヴィのおかげ。
ロッシがロッシで無かったら、ヤマハでキャリアを終えていた可能性大、ドカが日本メーカーのような開発を行っていたら、ドヴィが覚醒していなかったら、ドカで終えていた可能性大のロレンソ。

キャラ的に、広告塔向きではない、ロレンソ。
ヤマハでも、ドカでも、そこでキャリアを終えたいと語っていた。ビジネス的にロッシなヤマハを去り、イタリア人でタイトルをと思われるドカを去り、マルケスと同じマシンで直接対決、ホンダ後どうする?

ホンダしか乗っていないマルケスは、次の契約どうする? ロレンソがホンダでタイトル取ったら、ヤマハに行くか? ヤマハでの走りが見たい。 ヤマハのマシンはあんなに動くのか、動かして速いのか、それとも、マルケスの走りが変わるのか?

うーん、ロスマンズ・ローソンは違和感だった。赤いロレンソにはすぐ慣れたが、レプソル・ロレンソはイマイチだなぁ。やっぱり、ペドロサが長いから。(泣)

投稿: 輝 | 2018/06/07 23:26

この前のレースを見て泣いたんですが、この展開は本当にびっくりです。
自分は3列目くらいまでにいれば必ずウォームアップラップから先頭に立ってかっ飛んで行くロレンソが大好きです。
また最初は苦戦するかもしれませんが、どこに行っても応援します。
その前に今シーズンたくさん勝ってほしいですね。
あと、自分もスズキのダニは見てみたいですね。誰も手をつけられないダニが目に浮かびます。
引退って話が出てますが、誤報であればいいなと思います。

投稿: なばす | 2018/06/08 00:34

>みなさま
 いずれにせよ木曜にはわかりますから落ち着いて!!!(←自分が一番浮き足立ってる。)

投稿: とみなが | 2018/06/10 14:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/66802163

この記事へのトラックバック一覧です: ストーブリーグ表2019(2018.6.6時点):

« ストーブリーグ表2019(2018.6.5時点) | トップページ | ストーブリーグ表2019(2018.6.10時点) »