« MotoGP:ヴィニャーレスとロッシがシルバーストンで使ったのは2018年型プロトタイプ | トップページ | 公式プレビュー>サンマリノGP2017 »

ロッシ:ダートバイクが牙を剥くとき

エンデューロトレーニング中の事故で腓骨と脛骨を骨折。手術は成功し合併症もないとのことでですが、おそらく残りのヨーロッパラウンド2戦は欠場、うまくいけば日本GPで復帰という感じでしょうか。しかし以前もダートバイクで怪我をしているのに、なぜ懲りないのかについてMat Oxley氏がMotor Sport Magazineに書いてます。
============
うむ、これで台無しだ。おそらく史上最も素晴らしいものになるはずだった最高峰クラスのタイトル争いはかなり輝きを減じてしまったのだ。ヴァレンティーノ・ロッシがダートバイクでのトレーニング中の事故でタイトル争いから脱落してしまい、争いは6戦を残して13ポイント差でひしめいているアンドレア・ドヴィツィオーゾ、マルク・マルケス、マーヴェリック・ヴィニャーレスの3人に絞られたことになる。

ロッシの事故は最悪のタイミングと言ってもいい。シルバーストンではほぼ完璧な走りを見せた。17周の間トップを走り、トップから0.7秒遅れでゴールするというこれまでで最高の結果を残したのだ。ミスはひとつもなく、チャンピオン候補とまでは言えないまでもタイトル争いの権利はまだ手放していなかった。ヤマハはシルバーストン前のテストで一つ階段を上ったのだ。そして以来めざましい進歩を見せていた。イギリスGPが終わって私はタイトル争いは2つの理由で左右されるという記事を書いた(訳注:タイトルは「ロッシが戦いの場に戻ってきた」)。マシンのセッティングとライダーの怪我だ。この数日で正しくその二つを目にすることになってしまった。

ロッシはエンデューロマシンでクラッシュを喫し、脛骨と腓骨を骨折してしまった。彼が2010年のミザノで骨折したのと同じ骨だ。どちらの骨も位置がずれてしまった。つまりやや複雑なじょうきょうということだ。とは言え外科医がいつものとおりチタン製のピン、医学用語で言うなら釘(訳注:髄内釘と言われるやつです)できちんとダメージを修復している。脛骨の上端にドリルで穴を開け、そこから脛骨と同じ長さの釘を叩き込み折れた骨を補強するのである。実に賢いことに彼は2010年の骨折の際に入れた釘は既に抜いていた。もしそうでなければ手術はもっと複雑なものになっていただろう。脛骨・腓骨は大きな問題を引き起こすことを思い出してほしい。イアン・ハッチンソンやミック・ドゥーハンをはじめとして多くのライダーがそのことを知っている。

当然多くのファンが驚きのあまり両手を掲げてこう尋ねることになる。なんでロッシはダートバイクに乗ったりするのか。みんなダートバイクで怪我をしてるじゃないか。その視点はもっともだ。すくなくとも一見したところ当然の疑問に思える。なぜMotoGPマシンでレースをするという職務を遂行する能力を危うくするのか?なんで田舎道でバイクを飛ばしてギャップに挑戦したりジャンプを連続して飛んだりするのか?

モトクロスやダートトラックやスーパーモトやミニモトで骨折したことのないMotoGPライダーはおそらく今のグリッドにはみつからないだろう。ロッシは幼い頃からダートバイクに乗っている。MotoGPで走るのと同じようにこれは彼にとっては生きることそのものなのだ。

ロッシにダートバイクに乗るなんて危険なことをするなと頼むのはフィンセント・ファン・ゴッホに酒を控えろと言うようなものである。自分の一部を切り離すことなどできないのだ。もし望ましくない何かを手放せば、本来持っているべきものも去って行くのである。

ロッシは大金持ちになりたちとかタイトルを20回獲りたいとか、そういうことで走っている男ではない。彼は自分が楽しいから走っているのだ。楽しいことだけやる。それ以上でもそれ以下でもない。もし彼がエンデューロバイクを乗り回したければ、彼はそうするだけだ。その先に何が待っているかなんて関係ない。それこそがバイクレーサーに求められるマインドセットなのだ。だからもううるさいことを言うのはおやめなさい。彼に変わるようにお願いするなんて無意味なのだ。
============
うむ。

そして、この記事の後のOxley氏のツイートも味わい深いです。

「9度のタイトルを獲得したチャンピオンがどんなトレーニングをすべきかとか、レースの準備はこうすべきだとか、どんな人生を送るべきだとか、スポンサーやファンに申し訳なくないのかとか、いろいろアドバイスをくださった皆さん、どうもありがとうございます」

|

« MotoGP:ヴィニャーレスとロッシがシルバーストンで使ったのは2018年型プロトタイプ | トップページ | 公式プレビュー>サンマリノGP2017 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/65738445

この記事へのトラックバック一覧です: ロッシ:ダートバイクが牙を剥くとき:

« MotoGP:ヴィニャーレスとロッシがシルバーストンで使ったのは2018年型プロトタイプ | トップページ | 公式プレビュー>サンマリノGP2017 »