« ビアッジ、バイクに別れを告げる:死ぬのが怖かった。 | トップページ | ドイツGP:ヴィニャーレス、ヤマハ、そして2種類のフレームの物語 »

公式プレビュー>ドイツGP2017

ヤマハドゥカティ(英語)、ホンダ(未)、スズキ(英語)、アプリリア(未)、KTM(未)。

|

« ビアッジ、バイクに別れを告げる:死ぬのが怖かった。 | トップページ | ドイツGP:ヴィニャーレス、ヤマハ、そして2種類のフレームの物語 »

コメント

スタート前、マシンにまたがり目を閉じてる姿に、今日は勝たなければという決意を感じました。
マルケス、盤石のザクセン勝利!
そしてランキング1位奪取。底力を感じました。

フォルガーを見て感じたんですけど、ザクセンはヤマハが苦手とするコースですよね。
でも、ロッシもマーベリックも置いてきぼりにする、あの速さ!
フォルガーにとってザクセンはホームで得意なのかもしれないけど、人間の得意はマシンの不得意をも凌駕するのか?
今頃ファクトリーヤマハは、フォルガーのデーターログを必死になって分析しているのではないかとw
サマーブレイクに入り暫くGPがないのが、つまらないですね。
ホルヘ、この間にマシンに慣れてくれ!

投稿: motobeatle | 2017/07/03 16:10

>motobeatleさん
 みんなが心配するホルヘ…。

投稿: とみなが | 2017/07/03 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/65473330

この記事へのトラックバック一覧です: 公式プレビュー>ドイツGP2017:

« ビアッジ、バイクに別れを告げる:死ぬのが怖かった。 | トップページ | ドイツGP:ヴィニャーレス、ヤマハ、そして2種類のフレームの物語 »