« 公式リリース>イタリアGP2017 | トップページ | MotoGP:ホンダはクラッチロー、ミラーでいきたいとの意向 »

イタリアGP:クラッチローがグラベルで起こったことについて語る

イタリアでイタリア製マシンに乗るイタリア人が勝ったにもかかわらず微妙な雰囲気が味わい深かったイタリアGPですが、珍しくクラッチローが怒りを爆発させてました。その経緯についてCRASH.netより。
============
ムジェロで行われたイタリアGP決勝、ダニ・ペドロサにはじき飛ばされた際の、かなり激しいリアクションについてカル・クラッチローが語ってくれた。転倒直後のペドロサがあまり正直でなかったことが気に障ったのだそうだ。

2017年の第6戦、ホンダの二人はどちらもフロントの感触に苦しみ、最終ラップに突入したときは11位争いの最中だった。前にいる10番手のアンドレア・イアンノーネとの差はわずか0.1秒。

ペドロサは下りの右コーナー、スカーペリアでブレーキングを遅らせてクラッチローのインを差すが、フロントから転倒し、クラッチローを道連れにしてしまう。HRCにとってすっきりしない1日をさらにひどいものにする結果となった。

(ペドロサが最終ラップでクラッチローを巻き込み転倒)

クラッチローはグラベルトラップで怒り心頭に発していた。これについて後にBTWスポーツのインタビューに答えて、ペドロサがランキング2位から落っこちてうれしいとまで語っている。今回の転倒についてペドロサがきちんと責任を感じていなかったことが頭にきたのだそうだ。しかし最終的に彼はペドロサの謝罪を受け入れている。



(確かにダニがランキング2位から落っこちて嬉しいって言ったよ。みんなそれについてつぶやいてる。僕にどうして欲しいんだろう?彼にキスすれば良いのか?)

「ひどい状況をうまくコントロールしてたんですよ。今週はタイヤが最悪だったということを考えればね」と彼は言う。「マシンも最高とは言えなかったですね。ホンダのライダーはみんなそんな感じでした。マルクがこんな風に苦しむのなんて珍しいでしょ?で、僕はフロントのフィーリングが全然だっていうひどい状況の中でもまあ最高の結果を残そうとしてたんです。
 でもレースの最後になって、すごく良いペースが刻めたんです。FP3でクラッシュして、それが徒になってあんなポジションからのスタートになった。レースではどんどん置いて行かれて、それがあの状況だったんです。ポジションを落として、そこから追い上げていかなきゃならなかった。
 レースの終わりになってピロとかロレンソとかイアンノーネには追いつけるんじゃないかと思えたんです。で、前が近づいてきた。ダニも一緒に連れて行ってあげたのに、そのお返しが最終ラップでの僕を巻き込んでの転倒ですよ。なすすべがなかった。
 その時彼と話したんですよ。彼は最初、何かが起こったんだって言ったんです。それで僕は頭にきた。、だって自分のミスじゃないみたいな言い方で『何かが起こったんだ』って言ったんですよ。なんか不思議なことが彼を襲って、そしてそいつが次に僕を襲ったみたいな感じで言ったんです。
 だから僕は怒ったんです。だって僕に嘘をついたんですよ。ミスをするときはするんです。そしたら謝ればいい。それで終わりだ。僕にできることはないし、彼を殴ったりなんかしても結果が変わるわけじゃない。僕だってやらかしたことはあるし、きっとまたやりますよ。
 誰かを抜こうと思ってうまくいかないことはあるし、それは仕方が無い。それは理解できるんです。その時はめっちゃ怒ってましたけど、まあそういうことはあるってわかってるんです。怪我もしなかったし、彼も怪我をしてない。二人とも来週またレースができる。

(ダニのことは許すし、彼も謝ってくれている。それでOKだよ。僕だってやらかしたことはあるし、またやるかもしれない…!次のレースに目を向けよう)

クラッチローは優勝したアンドレア・ドヴィツィオーゾに祝福の言葉を贈っているが、今回のミシュランタイヤの選択にははっきりした意見があるようだ。ドゥカティGP17用のセレクションだったのではないかということである。

「ここであのタイヤセレクションでドゥカティに勝つのはかなり厳しいですね。フロントはダニにはソフトすぎる。一番固いのでもダニには柔らかすぎるんです。ってなったら僕とかマルクとかジャックとか言わずもがなですよ。
 あんな結果に終わっちゃってるんで、それをはっきりさせても意味はないですけどね。うちにいた方がマシだったですね。あのフロントだと自分の尻尾を追いかけて走り回ってるようなもんでしたし。ミシュランは僕らを支援してくれるつもりがあるんですかねえ。なんか他の全メーカーを支援してるように見えるんですけど」
============
そして「ダニにキスすれば良いの?」ってツイートに対するモトクロスライダー、チャド・リードのリプがこちら。


(そうだよ。世界は愛を必要としてるんだ)

いいオチ!

|

« 公式リリース>イタリアGP2017 | トップページ | MotoGP:ホンダはクラッチロー、ミラーでいきたいとの意向 »

コメント

まあ人間、慌てた時は自分でも理解できないような言動をする時がありますからねw
しかし、やっぱりちょっとカルを巻き込んだのはマズかった(*´◒`*)
ベテランらしからぬミスというか。
こういう不安定さを除去していってほしいなぁ。

投稿: motobeatle | 2017/06/05 22:56

>motobeatleさん
 いやはや、相当苦労していたんでしょうねえ。

投稿: とみなが | 2017/06/05 23:26

いつぞやのホル&ノネの件を思い出しましたな…
しかしCrash.netの右側写真、これだけ見ると手と手を取り合ってるJKの図に見えないこともない。
「ヤダ~ウチが悪かったぁ~ごめんね~」
「えぇ~ウチこそぉ~」的な笑
ま、一見落着したようでよかった。善き哉、善き哉。

投稿: りゅ | 2017/06/06 14:29

マルケスはレースまとめたけど
ダニはこれだもんなぁ
クラッチローと交代してほしいわ

投稿: 日本の名無しさん | 2017/06/06 21:09

>りゅさん
 かわいいぞ!

投稿: とみなが | 2017/06/12 20:21

>日本の名無しさんさん
 まあ今回のカタルニアが実力かもですよ?
(ちなみに当サイトは固定ハンドル推奨ですけど、どうされます?日本の名無しさんで固定でよろしいですか?)

投稿: とみなが | 2017/06/12 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/65375040

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアGP:クラッチローがグラベルで起こったことについて語る:

« 公式リリース>イタリアGP2017 | トップページ | MotoGP:ホンダはクラッチロー、ミラーでいきたいとの意向 »