« 公式リリース>フランスGP2017年 | トップページ | ニッキーを想う »

さよならニッキー

5月22日、ヨーロッパ時間19:09にニッキー・ヘイデンが亡くなりました。自転車トレーニング中の事故が原因でした。

2006年、ヴァレンティーノ・ロッシとの熾烈な争いに勝利してチャンピオンを獲得。

この年の2勝というのは史上最も少ない数(この他には6レース時代の1949、50年、8レース時代の1952年のみ)でしたし、最高峰クラス通算勝利数3勝というのも歴代チャンピオンでは最少です。でも誰一人彼の偉大さを疑うものはいませんでした。
それは誰もが愛さずにはいられない笑顔だけではなく、実はものすごいファイターだったからこそでしょう。

コーリン・エドワーズの言葉がそれを象徴しています。

「またな。あっちに行っても肘をぶつけ合おうぜ」


ありがとう。そしてさようなら。

|

« 公式リリース>フランスGP2017年 | トップページ | ニッキーを想う »

コメント

淋しいです。
R.I.P. Nicholas "Nicky The Kentucky Kid" Patrick Hayden.

投稿: りゅ | 2017/05/23 14:04

ニッキーヘイデン残念でした。
まだ35歳でしたか?
早すぎですね。
ただ、その中でも彼は濃密な人生を過ごしてきたのではないかと思います。
面識はもちろん、個人的な関係もなにもない彼ですが、そんな風に思わせてくれました。
合掌

投稿: motobeatle | 2017/05/23 18:28

>りゅさん
 ねー。

投稿: とみなが | 2017/05/23 23:23

>motobeatleさん
 自分が35歳の時とか考えちゃいました。

投稿: とみなが | 2017/05/23 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/65318043

この記事へのトラックバック一覧です: さよならニッキー:

« 公式リリース>フランスGP2017年 | トップページ | ニッキーを想う »