« エベレストに登るように | トップページ | 公式リリース>アメリカズGP2017 »

サイクリングで気持ちがのってくるんだ

アメリカズGPではちょっと光が見えてきたダニ・ペドロサが自転車について語ってます。Repsol公式より。
============
ダニ・ペドロサは素晴らしいGPライダーというだけではない。他の多くのスペイン人のスポーツ好きと同じように彼も自転車が大好きだ。これは今シーズンの初ポスト。MotoGPライダーに関連するいろいろなことについて語っている。レプソル・チーム・ブログの初回となる今回、ダニが見るのもやるのも大好きな自転車というスポーツについて語っている。

自転車への愛

自転車が大好きだって気付いたのはずいぶん小さいころです。バイクに乗る前から自転車でいろいろやっていた。僕にとっては自転車がモーターサイクル代わりだったんです。すごく小さい頃にバイクに乗り始めましたけど、でもその頃、もしバイクでダメなら自転車選手になりたいと思ってました。

今自転車に乗るのはフィットネスと、あと自分が楽しむためですね。自転車で山道を登って、いつでも同じルートで自分のタイムを破るのが楽しいんです。でも常に自分のことを監視してますよ。でないと夢中になってがんばりすぎちゃうんです。毎日ふらふらになるまで走るのはいいことじゃないですからね。トレーニングするときは頭を使って、2日くらいは休みも取るようにしないといけないんです。プロとして走ってるわけじゃないですけど真剣に取り組んでいるし、タイムが出なかったり前回よりペースが遅かったりするととがっかりしますね。

あと自転車に乗っていていいのは自分の体の作り込みに合わせられるってことです。例えば冬場はアウターチェーンリング(訳注:自転車の前側のギアの大きい方…ですよね)はほとんど使わないのではずしてます。脚力がついてきてさらに上を目指せるようになったらチェーンリングをつけたりケイデンス(脚注:脚の回転数)を上げたりするんです。

最高なのはみんなで走ることですね。いい仲間と走っていると時間も距離も関係なくなる。それにトレーニングの質も上がるんです。一人で走るのも楽しんでますよ。それはそれで別のアプローチなるんです。自分の内面のモチベーションを高められるんです。

自転車コレクション

自転車の車体も大事ですよ。ピナレロのドグマF10にシマノを合わせたのに乗ってます。自転車を選ぶときにポイントになるのはぴったりのマシンを選ぶことですね。凄く軽くてクオリティの高いカーボンフレームのやつです。あと見た目も大事ですよ。

何年も前に自分の自転車はコレクションしておくことにしたんです。どれも忘れがたい思い出と経験が詰まってるんです。僕がやり遂げてきたことは全部自転車トレーニングのおかげなんです。自分が辛いことに直面しても、きつい登り坂を自転車で全力で走ることで乗り越えられたっていい思い出ですからね。

そんなわけでピナレロのいいコレクションができました。時代を変えて流行を創り出した自転車たちです。これが並んでいるのを見ると時代によって技術や色が変わってきたのがよくわかりますね。

プロ自転車競技への情熱

好きな自転車選手はプリート(訳注:ホアン・ロドリゲス)でした。あの凄いパワーが好きだったんです。でも彼は引退しちゃった。今はスペイン選手に注目してます。アレハンドロ・ヴァルヴェルデとかアルベルト・コンタドールとかですね。あと次のスターを探すのも楽しいですね。最近ではフルームとかキンタナとかニバリとかアルベルト・コンタドールとかがビッグタイトルを争ってますけど、今年どんな選手が驚かせてくれるか楽しみですよ。

好きな自転車競技のステージは間違いなくアルプスですね。自分でも良く走っているし、最高の場所ですよ。ドロミテなんて本当にたいへんで、のぼるのが本当に辛かった。でも登り切ったときは本当に良い気持ちでしたね。

テレビで見るならグランツールですね。今はいろいろ観るようになってますけど、やっぱり伝統的なレースの方がわくわくしますからね。

自転車から学んだこと

前はツアー競技にも出たことがあるんです。で、わかったのは自分の位置取りが難しいってことですね。グループが別れちゃってるとか自分が先頭にいるとか把握するのが難しい。だから無線をつけるんです。そうすればいろいろ助かりますからね。無線については競技をつまらなくしてるとかいろいろ言われますけど、選手同士の競争は激しくなるし見ても面白くなるってのは否定できないですよ。

パリ−ルーベに出たいって時々思ったりもしたんですけど、どれくらいたいへんか考えたら萎えちゃいますね。弟が走ってるんですよ。彼の話をきくとテレビで見ると実際よりずいぶん簡単に見えるようです。もし走ったとしても一番好きなレースにはならなかったでしょうね。

僕の自転車への情熱を読んで楽しんでくれたらうれしいですね。いつもの通りBox Repsolのフォロワーのみなさん、読んでくれてありがとう。そしてサポートしてくれてとても感謝してます。またサーキットで会いましょう!

ダニ・ペドロサ
============
すごい愛だ。ことによったらカルより速いかもよ。

|

« エベレストに登るように | トップページ | 公式リリース>アメリカズGP2017 »

コメント

素晴らしい記事です! そういえばJ SPORTSで自転車ロードレース中継見てたらダニが遊びに来てるのが写ったことがありました。解説の方(栗村さんだったかな?)はダニをご存じないようで,F1のドライバーですかねとか言ってたような(ツイッターで情報が入ったのかその後フォローされてましたが)。
マルケスも自転車は好きなようで専用品を提供されたりしてるみたいです。超かっけー。http://www.ciclismoafondo.es/bicis/noticias-bici/articulo/specialized-tarmac-marc-marquez

投稿: takeos | 2017/04/27 16:33

チャリダーの私としてはこういう記事うれしい~♪
ダニも一人トライアルは一人解説しながらやるのかな?ww

ダニはなんとなくキンタナっぽいレースをしそう。
Paris-Roubaixが2月くらいならダニの勇姿が見られるかもなのに・・・残念。

あ~これからグランツールがスタートするから、TV観戦スケジュールがヒジョーにシビアに笑

投稿: りゅ | 2017/04/27 21:37

>takeosさん
 かっこいいですねえ。おそらく素人には乗りこなせない自転車なのかもですが…。

投稿: とみなが | 2017/04/28 23:29

>りゅさん
 しかもグランツールは時差的にもシビアですねえ。がんばってください!

投稿: とみなが | 2017/04/28 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/65201272

この記事へのトラックバック一覧です: サイクリングで気持ちがのってくるんだ:

« エベレストに登るように | トップページ | 公式リリース>アメリカズGP2017 »