« ダリーニャはMoto3参戦はドゥカティにとって良いと考えている | トップページ | タイトルを獲ってないライダーの勝利数トップ10 »

レースディレクター、マイク・ウェッブへのインタビュー

MotoGPのルール運用を任されているレースディレクション。その責任者であるマイク・ウェッブにCRASH.netが独占インタビューを行っているので訳出。賛否両論ある(私は「否」)メーターパネル経由のピットからのメッセージ表示についてです。
============
今回のMotoGPのレースディレクター、マイク・ウェッブへの独占インタビューは導入が予定されている「バーチャルピットサイン技術」、つまりメーターパネルを通してチームがライダーにメッセージを出せるようにしようとする件について尋ねてみた。

これに加えて2017年シーズンからはカメラを使ってコース外に出たことを把握する他、メーターパネルにペナルティの可能性を表示するようになっている。

そんな中、レースコントロールは特に小排気量クラスでは目に余るほどとなっているプラクティスで誰かの後ろに張り付こうとペースを落とすライダーに対しては厳しくペナルティを科すようになった。しかし予選の方式を変えるという方法もあるのではないか。

CRASH.net:MotoGPでメーターパネルにメッセージを表示するシステムは今シーズンから導入されるですか?

マイク・ウェッブ:技術的には問題はありません。ただまだ全チームから同意を取り付けている最中なんです。ライダーの同意も込みでね。誰もが欲しがっている情報かつ技術的に可能な範囲ということですね。「いや、うちはいらない」と言っているチームやライダーもいますし、「ほしい。良いツールだし、やりましょう」と言っているところもある。だからまだ決定ではないんです。
 私に言えるのは、超短文のテキストメッセージシステムで、可能な限りわかりやすくシンプルなものとなります。今の提案は5〜6の決まったメッセージからチームが使いたいものを選ぶ感じですね。
 その5〜6のメッセージというのはこちらで設定することになります。ですから好きなことを書けるわけじゃないってことですね。少数のわかりやすくてシンプルなメッセージを発信するシステムということです。天候に合わせて何をするかを決めたり、ライダーにピットインを指示したり、そういうことですね。
 将来的にはもう少し進化したものになる可能性もあります。個人的にはライダーに好きなだけメッセージを出せるというのが良い考えかどうかはまだ自信がないですけどね。そういう意味では制限があった方がいいと思ってますし、まずはそこから始める予定です。


CRASH.net:予め決められたメッセージしか送れないということは戦術やチームオーダーについての発信も制限されるということですね。そこは多くのファンが心配しているところでしたが…。

マイク・ウェッブ:ええ、その通りですね。でもチームは今でもピットボードでライダーにメッセージを出せるってことは皆さん思い出して欲しいですね。順位を落とさせたかったりとかでピットボードに「P2」とか簡単に出せちゃうんですよ。
 それよりも安全面の方を重視してるんです。GPは耐久レースとは違ってスプリントなんです。
 ライダーとバイクだけがコース上にいてレースをしている。普通はピットストップはない。そしてどんな戦術を採るかはライダーがコース状況を見ながら自分で決めることになる。F1みたいにピットクルーがライダーの戦術を決めるわけではないんですよ。
 個人的にはこのバイクのスプリントレースに流れる哲学は守りたいと考えています。ライダーが自分で自分のやることを決めるということですね。

CRASH.net:カタールからメッセージシステムが導入される可能性はどれくらいありますか?

マイク・ウェッブ:私は難しいと思ってます。先ほど言った通り技術的には準備ができているんです。でも全チームが最新の統一ソフトウェアにアップデートしてないといけないんです。(MotoGPの技術ディレクター、コラード・チェッキネリによれば「そういう新バージョンのソフトはカタールテストでテストする予定」とのこと)
 もし全員から同意がとれて準備もできれば導入されることになります。メーターパネルにフラッグ・シグナルは表示できていますし、メッセージを送るのも同じ電装系を使うんです。ですからこちらとしてはいつでもOKですね。
 ドルナ、IRTA、チームの間で今いちばん議論されているのは、本当にそれがほしいのか?ということです。そして導入するならどんな形式にすべきかということです。そこはまだ決まっていないんです。
 でもカタールまでには何か展開があると思いますし、そのあたりはこちらとしては何の問題にもなりませんね。


CRASH.net:形式が決まってないというのは、自分たちで好きにメッセージを書きたいというチームがいるということですか?

マイク・ウェッブ:ああ、最初はほぼ全チームが自分たちにメッセージを書かせてくれって言ってきてました。私が最初にはっきりと拒否したのはそこなんです!どんなメッセージをメニューに載せるかについて考えてみて下さい。まず最も大事なのは安全性です。ですからメッセージは例えば「コンディションは○○○で、タイヤ変更が必須」とかですね。そんな感じです。なのでそういう意味ではこちらにとってメッセージを自由に作れるようにするのは優先順位が一番低いところなんです。


CRASH.net:GPの哲学ということをおっしゃいましたが、それもあってチームからライダーへのメッセージを自由に作るのに反対しているんですか?

マイク・ウェッブ:自由なメッセージどころか、チームからライダーへのメーターパネル経由のコミュニケーションの全面解禁も検討の余地はあると思ってますよ。でも安全性を考えるとそのためには本当にちゃんとしたアプリケーションが必要だと考えているんです。ですからまあ、とりあえず始めてみて経験を積みながら、より良い方向を探っていこうということですね。


CRASH.net:メッセージの他にも2017年に導入されるメーターパネル表示はあるんですか?

マイク・ウェッブ:メーターパネルも進化しているんで2つばかり検討しています。主にMoto3ですね。
 コースをはみ出したことを知らせる警告灯が導入されます。即ペナルティではないですけど、「これまでに2回コースをはみ出したことが確認された、ここまではミスだろうと認識してるが、ペナルティに向かっって一直線になっているので気を付けて」という意味ではあります。
 去年後半から既に手動でこの警告を出していました。チームにピットサインを出すように知らせていたんです。でも今年からはメーターパネルの警告灯も使います。ライトに加えて、そのメッセージが何を意味するのかを伝えるちょっとした文字も出すんです。
 もうひとつはブルーフラッグです。ラップ遅れになりそうなライダーに対して表示するものですね。予選やプラクティスについてはあまり気にしていませんが、レースでは絶対バックマーカーにトップがつっかえるなんてことがないようにしたいんです。それで警告灯を追加したんです。
 メーターパネル上の警告灯に加えてコースサイドのフラッグは継続します。
 ブルーフラッグ灯は自動ではありません。まだモニターを確認してレースディレクションから指示を出す必要があるんです。ですから信号を送るライダーとタイミングを決めるのと同時にマーシャルポストに「ブルーフラッグになりそうなので準備して下さい」と伝えるんです。


CRASH.net:コースをはみ出したのはどうやって確認するんですか?

マイク・ウェッブ:コースはみ出し問題は最近特に目に余るようになってますね。安全性の観点から人工芝をなくしてるからなんです。なのでこれは自動化しました。カメラを使ったシステムでホイールがコースを外に出るのを確認して私たちに知らせるようになっています。
 その後はまだこちらで再確認してペナルティ対象とするかどうか決める必要があります。でも運用スピードを上げてもいるんです。何人もの人手をかけてコースのカメラを見張るのではなく、自動的に「ここ注目」と教えてくれるようにしたんです。


CRASH.net:そのカメラシステムは去年から使っていたんですか?

マイク・ウェッブ:去年は初期段階のテストをしてはいましたけど、本格運用は今年からですね。


CRASH.net:カタールからちゃんと使う準備はできていると?

マイク・ウェッブ:大丈夫ですね。コースをはみ出したことを認識するソフトウェアはほんとにうまく機能していますし、まだうまくいかないところもどんどん改善されてきてますから。でも何よりいいのは問題がおきそうなところに最初から専用のカメラを設置できることですね。これまでは問題が起こった場所にたまたま設置されていたドルナのカメラ頼りだったんです。私にとっては自分たち専用カメラが手に入ったのが大きいですよ。これ専用なんです。他の場所に向ける必要もなく、コースの境目を見張るだけのカメラなんです。


CRASH.net:監視カメラみたいなものなんですか?

マイク・ウェッブ:その通りです。やりたければ動かすこともできますけど、大事なのは、はみ出しがちな場所はどのコースでもわかってるってことなんです。ありがたいことにそういう場所が全然ないサーキットもありますね。一方でシルバーストンみたいにたくさんあるコースもあります。まずはこうした問題箇所にカメラを設置することになります。一方、普段は起こらないところでコースはみ出しがたまたま起こった場合には従来通りマーシャルに頼ることになります。


CRASH.net:ライダーがコースを逸脱してからなんらかの決定が下されるまでの平均時間はどれくらいですか?

マイク・ウェッブ:場合によって全然違いますね。プラクティスは簡単なんです。その周のタイムを取り消せばいいだけですから。それは不正ラップだって言えば済むんです。ですからプラクティスはかなり自動化されますし比較的わかりやすいですね。うちのスタッフが確認してボタンを押すと、タイムキーパーが信号を受信してタイムを抹消する。
 レースの場合はかなり人間が介入することになります。たいていは「OK、彼はミスをしてコース外に出たが有利になってはいない」なのか「ちょっと同じミスをしすぎだね…」なのか「明らかに有利になったね」なのかを判断することになります。
 誰が見ても明らかな状況、例えばライダーがコースをはみ出してタイムを稼いだのが中継に映っているとか、そういう場合にはすぐペナルティが決まって1分以内にライダーには伝えられます。逆にライダーがはみ出したことをマーシャルが知らせてくる場合で、しかもそのライダーがトップ争いをしていなくてカメラに映っていないとなるとかなり時間が掛かることになりますね。
 そういう場合はそれが起こった時のビデオを探して、それから必要な場合はペナルティを出すことになるんです。そうすると最悪何周もしてからということもありますね。
 これまで認識のやり方自体がいろいろあったということですね。こんど導入されるカメラによる自動検知システムはコースの境目を検知するソフトウェアで、何かがその境を越えるとその時の画像を送ってきて、こちらですぐにチェックできるようになるんです。
 本当に違反しているかどうかについてはまだ人間が判断しなければなりませんが、少なくともマーシャルからの連絡を無線で待つとかはなくなりますからね。これまでは「前のラップの12コーナーを確認して下さい」とか無線がきてたんですから。最新技術を導入することでスピードアップしてるんですよ。


CRASH.net:Moto3の「スリップ待ち遅走り」の伝統も去年は頭痛の種でしたね。ペナルティが厳しくなったんでそちらの意図も浸透してきたんでしょうか?

マイク・ウェッブ:それはありますね。かなりライダーの取り組みが違ってきています。でもペナルティを科すようになった最初の頃は効果があったんですけど、またなし崩しになってきてると認識してます。最初の衝撃が薄れてきちゃってるんです。
 だから去年の終わりに「わかった、これに従わないなら深刻なペナルティを科すよ」って宣言したんです。そしたらまた予選の態度がちゃんとしてきましたね。なので去年の終盤と同じように運用していきます。ペナルティは容赦なしです。
 最悪予選のフォーマットを変更することも視野に入れていますが、そんなことはしたくないですね。だからそうならないようにいろんなことをしてるんです。その結果がどうなるかはこれからですね。
============
ふむふむ。

|

« ダリーニャはMoto3参戦はドゥカティにとって良いと考えている | トップページ | タイトルを獲ってないライダーの勝利数トップ10 »

コメント

MotoGPクラスの様な予選方式で良いと思いますけどね。
4輪でも多くのカテゴリーでノックダウン予選が採用されてきてますし。
ポールを決める争いで下位の遅いライダーが邪魔する事は絶対に許されないと思います!

投稿: 結石 | 2017/03/05 22:35

そもそもコースを飛び出してもまたコースに戻れるなんておかしな話です。
パネルメッセージ化が進めば、チームの指示に頼るライダーが増え、レースは退屈になります。
トップレベルのモータースポーツなら、コースを出たらそこで終わり!選手は自分で考えて判断しながら走る!それが本来の正しい姿では?

今のF1のようにはなって欲しくないですね。。

投稿: たけちよ | 2017/03/08 13:57

 んーあくまでもいちファンの目線で見たらの話ですが・・・
『天候に合わせて何をするかを決めたり、ライダーにピットインを指示したり』を含めた数タイプのメッセージのみを示すだけのパネルメッセージって必要あるんでしょうかね?今までのボード方式でいいんじゃないのかなぁ。
 かといってそれ以外の戦略的な指示を示すとなると、いわゆるGP哲学に反することになるってことでしょ。
そうなっちゃうと、多くの人が危惧するようにレースが面白くなくなりそうなのでやめてほしいですよね・・・
 まぁレインレースのFtoFなんかには安全面から見て有効かもしれないけれども・・・いつぞやのPIでレプソルホンダが冒したミスのようなこともなくなるだろうし。
ライダー達はどう思ってるんでしょうかね。
これってピットからの一方通行のメッセージだから、実際走っている人の感覚とのズレみたいなものが出たりして混乱したりしないのかなぁ。

投稿: りゅ | 2017/03/08 20:47

>結石さん
 私はあの列になって待ってるのも味わい深くて好きです。なんか「あーあーあー」って口開けて見ちゃう。

投稿: とみなが | 2017/03/11 16:18

>たけちよさん
 私もメッセージ反対派ですね。なんかねー、バイクは孤独であるべきだと。

投稿: とみなが | 2017/03/11 16:21

>りゅさん
 カルとかも反対派ですね。なんかそもそも見るのかよって思ったりも。テレビ画面の下にF1みたいに誰々のボードに何々って出てる、とかやると見てる方は面白そうですが、それって結局現地よりテレビ優先の戦略なんですよね。

投稿: とみなが | 2017/03/11 16:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/64975229

この記事へのトラックバック一覧です: レースディレクター、マイク・ウェッブへのインタビュー:

« ダリーニャはMoto3参戦はドゥカティにとって良いと考えている | トップページ | タイトルを獲ってないライダーの勝利数トップ10 »