« MotoGPはどうやってクラッシュの変化に対応しているのか | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

今年良く読まれた記事ベスト10:2016年版

年末恒例のベスト10ですが、今年は正確にはサロム関連除く、です。実は1位は「FIMプレスリリース:ルイス・サロムに関する医療チームの報告」、2位はこれについての諸々に関するMotoMatters.comの記事、「2016バルセロナ土曜まとめ:危険との折り合い、データに基づく設計、そして文句を言う権利」、3位がやはりMotoMatters.comの「バイクレースについて、そして危険性と死」なのですが、まあドラムロール付きカウントダウンで発表したいものではないですから。
というわけで、例によって記事ごとのPVなので、定期的にトップページにお越し頂いている方がカウントされてない(=検索でヒットする記事が上位にくる)とかありますが、今年の振り返りです。
============
10位「なぜロレンソはそれを選んだのか?」(2016.4.20)
 色んな人が驚くことになったシーズン序盤でのロレンソのドゥカティ移籍発表についてMat Oxley氏が彼の心の内について書いた記事がランクイン。はてさてどうなることやら。

9位「MotoGPレースディレクターのマイク・ウェッブがイアンノーネ/ロレンソ事件について解説する」(2016.6.12)
 今年のイアンノーネを象徴するカタロニアでのロレンソへの突っ込み事件へのお沙汰の軽重についてマイク・ウェッブが解説しています。来年スズキで走りがどう変わるか興味はありますが、変わらないといいな、とも思わないでもない。

8位「2016年ムジェロ MotoGP日曜まとめ:エンジン、失意、そして過熱する争い」(2016.5.25)
 おそらくシーズン最高のレースの一つ。ロレンソが0.019秒差でマルケスに勝ったムジェロについてのMotoMatters.comの記事です。この時点では今年もロレンソがタイトル最有力に見えたのですが…。

7位「ブラッドリー・スミス公式ブログ」(2016.6.6)
 サロムのクラッシュを受けて開かれた安全委員会に参加して言うべきことをきちんと言ったスミスのブログです。かなり男を上げましたね。

6位「なんだこりゃ?」(2016.6.4)
 どうも今年の日本GPはあんまり印象が良い売り方をされなかったのでかなり厳しい記事となっていますが、実際はこれまでで最高の運営がされていたようにも思います(この件とロッシ応援席以外は)。

5位「MotoGPレースディレクターがMoto2のフライング問題について説明」(2016.3.21)
 カタールでの開幕戦、Moto2クラスを大混乱に陥れた大量フライングと一貫しない処置についてのマイク・ウェッブ氏の説明。こうした説明をきちんとするのもとても大事です。

4位「ストーブリーグ表2017(2016.4.19時点)」(2016.4.19)
 いやはや、今年はひどかったですね。楽しめはしましたけど追っかけるのが辛かったですよ。

3位「なぜホンダは決して楽な道を選ばないのか」(2016.2.7)
 ホンダが苦労してまで挑戦を続ける理由についてのMat Oxley氏の記事。そしてそれが今年見事に報われたわけですよ。すごいなぁ。

2位「2016年MotoGPルールが明らかに:エンジン7基、22L、157kg、成績次第の優遇ポイント制導入」(2015.4.5)
 去年の記事で唯一のランクイン。今年のルールについてのまとめです。 

1位「Z席へのロッシ応援席設置についてツインリンクもてぎにお手紙だした」(2016.3.26)
 意外な記事が1位でしたね。「ロッシ応援席」で検索してやってきたロッシファンの皆様には申し訳なかったですが、この気持ちは今でも変わっていません。
 ちなみに隣のZ4から見ていたロッシ応援席の皆さんは本当にマナーも良く、ブーイングもなく、特に迷惑をかけることもなく、それはそれでOKなのですが、そういう問題ではなく、一等地を特定ライダーのファンに独占させるというのがよろしくないのですよ。ついでに言うならロッシファンの皆さん、楽しかったです?まるでメーカー応援席のように、ロッシが来たら黄色い旗を振るだけで、せっかくファンが集まったのにワイワイ楽しむこともなく、これだったら別にどこで見てもいいんじゃね?って見えたんですが…。

 そうそう、ちょっと触れましたが、今年のもてぎの運営は最高でした。Z席前のスクリーンも巨大化してどこからも見やすかったのもありがたかったですし、それより何より、屋台の増設(前田牧場の牛串最高!)やキャンギャルステージの廃止、エントランス前のシーズン振り返りポスター、エントランスまでの通路のライダーパネル等々、たいへんよろしかったので、来年もこの調子で是非!
============
というわけで、去年のロッシvsマルケスのゴタゴタ対応で燃え尽きたのかシーズン序盤からのストーブリーグの荒れっぷりで力尽きたのか、今年はこれまでになく翻訳をさぼりまくった1年でした。個々のレースは面白かったですけど、シーズン自体は優勝者が9人も出た一方で(だからこそ)安定してポイントを稼いだマルケスが盤石のタイトル争いを見せたというあたり、実はそれほど白熱しなかったのかなーとも思っております。来年はレースもタイトル争いもおもしろくなりますように。

では皆様良いお年をお迎えください。

|

« MotoGPはどうやってクラッシュの変化に対応しているのか | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

コメント

あけましておめでとうございます。
昨年も素晴らしい記事を紹介してくださり、ありがとうございました。
今年もどうぞ頑張ってください!

投稿: motobeatle | 2017/01/02 12:41

>motobeatleさん
今年もボチボチやってきますのでよろしくお願いします。

投稿: とみなが | 2017/01/02 20:37

いつも楽しい記事をありがとうございます☆
何より、ホルヘの情報をこんなに深く知ることができるのはここだけです!
かといって決して偏った内容ではなく、ブラッドリーやクラッチロー、中本さんのお話なども大変面白く、興味深かったです。
Z席の件もめちゃくちゃ共感しております。

次の記事も楽しみです。また仕事の合間に読ませていただきます♪

投稿: たけちよ | 2017/01/04 12:56

>たけちよさん
 えー、結構偏ってるんですよ、こう見えてもw。

投稿: とみなが | 2017/01/23 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/64700785

この記事へのトラックバック一覧です: 今年良く読まれた記事ベスト10:2016年版:

« MotoGPはどうやってクラッシュの変化に対応しているのか | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »