« 公式リリース>ドイツGP2016 | トップページ | 危険を冒す者だけが勝利を手にする »

マルケス、ザクセンリングを語る

ポールスタート→一時は14位まで落ちる→優勝という、なんというかもう「ごめんなさい」としか言いようのない強さを見せたマルケスへのインタビューです。Sport Rider MagazineよりMnuel Pecino氏による記事
============
マルク・マルケスはザクセンリングで7連勝を飾ったが今回の優勝は枯れにとってもとりわけ大きな意味を持つものだろう。ドイツでは常に強さを見せつけ続け、そしてまた勝ったというだけではない。2016年のチャンピオン争いを大きくリードすることになったのである。今回の勝利でモヴィスター・ヤマハのライバルであるホルヘ・ロレンソとヴァレンティーノ・ロッシとのポイント差を倍にすることができたのだ。

決して楽な勝利ではなかった。そして完璧な勝利だったとも言えない。母なる自然が意地悪をしかけ、今回もウェットからドライに変化するコンディションとなったのだ。しかしマルケスは全力で戦い、最終的に2位に10秒近い差をつけてゴールラインを横切って見せたのである。我々はマルケスにインタビューを行い、今回の勝利、そして比較的早い周回でスリックに変更するというギャンブル、ランキング争いにおける彼の立ち位置等について話をきくことにした。

スポーツライダーマガジン:優勝おめでとうございます。今回の勝利はあなたのキャリアの中でもかなり印象的なものでした。そしてこれはあなただけの力ではなくチームの力も大きかったと思うのですが…

マルケス:ですね。こういう勝利っていうのはいつもウォームアップ後すぐから、どこまでできたかにかかってるんです。まずチームがすごくいい仕事をしてくれましたね。だって僕がウォームアップで転倒してマシンを壊しちゃって、何もかも交換しなきゃならなかったんですから。MotoGPマシンを再生するのは楽な仕事じゃないですから。その後はフラッグ・トゥ・フラッグレースが残されてるだけでしたけど、かなりうまくいきましたね。レースの前半に関しては僕のミスです。ロッシとかホルヘとかダニとかと同じエクストラソフトを選んだのは僕だったんです。でも失敗でしたね。僕のライディングスタイルにはソフトすぎるだろうとはわかってたんですけど、実際そうでしたから。あと8周目にはタイムをとんでもなくロスしてますし、それでもうフラッグ・トゥ・フラッグで他のライダーが乗り乗り替える前に乗り換えてタイムを稼ぐという選択肢しかなくなったやったんです。最初はあんまりいい走りができなかったですね。もの凄くリアが空転してたんです。でもどんどんいい感じになってきたんです。ちょっといかれてましたね。自分の順位を全然把握できてなかったんですから。8位だと思ってたら4位になっていて、いきなり「P1 +20秒」なんてサインが出るんですよ。で、思ったんです。もし何か起こったとしても普通のレースじゃないんだから集中していこうってね。


スポーツライダーマガジン:午前中のウォームアップでエクストラソフトは試してなかったんですか?

マルケス:転倒後に試してはいるんです。少なくとも一周は試したかったんで。悪くはなかったんですけど、それ以前にエクストラソフトで走っていたミラーやダニのデータもあって、結構良いタイムが出てたんですよね。一方でカル(クラッチロー)は「Cタイヤ}(ハード側タイヤ)で走っていて、彼も速かった。でも挙動が大きかったんです。テレメトリーデータも分析してたんだけど対処方法がわかってなかったんです。プラクティスではソフトの「Cタイヤ」も使ったんですけどグリッドでヴァレンティーノやホルヘやダニがエクストラソフトを履いてたんで、同じタイヤにしようと思ったんです。それが間違いでしたね。


スポーツライダーマガジン:マシンを変更する際はどうやってチームとコミュニケーションを…

マルケス:もう話し合っていて、HRCの連絡スタッフを最終コーナーに配置していたんです。僕が最後の最後にピットインしたい場合に備えてね。僕が手振りでその人にマシン交換をしたいと伝えられるようになってたんです。2台目にはスリックが装着されてることはわかってました。インターミディエイトについては考えてなかったんです。うちのチームにとってはインターミディエイトは混乱を招く可能性があったんです。乗ってる方も混乱すると思いましたし。


スポーツライダーマガジン:もしトップを走っていてピットインする余裕がなかったとしたら、もっと保守的な戦略をとってピットに入らなかった可能性はありますか?

マルケス:うーん、まあ振り返ってみれば当然のことだし、ちょっと違った風景もみえるんでしょうけど、あの時はもう全てのコーナーでギャンブルしてる状況で、とにかく早くマシンを交換したかったんです。トップに近づいたとしても、まあそうなるかどうかはわからなかったですけど、状況は良くなくて、いつ頃論でもおかしくない状態だったんです。だから「スリックに換えよう」ってなって、もしスリックが機能すれば勝てると思ったんです。


スポーツライダーマガジン:勝てたのはヤマハのおかげもありますか?

マルケス:ん?どういうことです?


スポーツライダーマガジン:ヤマハのライダーはピットサインが出てもピットインしなかったんで…

マルケス:トップ争いをしてると事情は変わりますからね。ドヴィツィオーゾも言ってますよね。「あと2〜3周だったら、そのタイヤで走り切らなきゃいけない」ってね。でもそうですね、トップグループがピットに入ったのは遅すぎたんでしょうね。でも僕も早く入り過ぎたんです。本当に早すぎた。だってポル(エスパルガロ)は僕と同じタイミングで入って、ピットアウトした周で転倒している。まだあの時点では完璧にウェットなコーナーが3つ残ってたんです。でもそこは気を付ければ抜けられた。ホルヘについて言えば、僕がスリックで出たのに彼はウェットタイヤで走り続けて、だから抜くことができたんです。「とにかくポイントを稼ごう」って気持ちでした。


スポーツライダーマガジン:「気を付ける」って言葉があなたの口から出るとは!2年前だったらそんなことは言わなかったですよね?

マルケス:うーん、2年前だったらフラッグ・トゥ・フラッグでも本当にうまくやれたと思いますよ。でもなんでそんなことができたのかは自分でもわかりませんね。もし今日のポルみたいにマシンを換えた最初のラップで転んだら、昔とは違う話し合いをしてたと思います。「なんで?なんでそんない早くマシンを換えたんだ?」ってなるでしょうね。まあリスクを冒していまくいきはしたんで、状況をコントロールできたということですし、だから勝てたんですね。


スポーツライダーマガジン:ロレンソには48ポイント、ロッシには59ポイントの差をつけることになりました。シーズン中盤にしてタイトル獲得を確実なものにしたようですが?

マルケス:ぜんぜんですね。2014年にはミザノとアラゴンで2戦連続リタイヤしてますしね。50ポイント失うのなんてあっという間なんです。今シーズンはうまくマシン仲良くやれてますけど、まだシーズン中盤ですし残りポイント数もたくさんありますから、これまで起こったようなことがまた起こったりするわけですよ。またウェットレースがあるかもしれないし、クラッシュするかもしれない。いろんなことがあるんです。だからポイント差をつけられたことは良かったのは確かですし、それが自信につながりはしますけど、自信過剰になっちゃいけない。だってそうなったら普通ではしないようなことをしちゃいますからね。
============
これを読むと今年のチャンピオンはマルケスですなあ。

|

« 公式リリース>ドイツGP2016 | トップページ | 危険を冒す者だけが勝利を手にする »

コメント

私、レインレースって精神衛生上よくないんであまり好きじゃないのですがw、今回はある意味でとても面白かったです。
レース前、面がバラバラだったルービックキューブが、レース後にマルクやヴァレのコメントを聞いた瞬間、6面全部揃ったような感覚になりました(笑)
ヤマハワークス勢がなかなか手痛い風評にさらされているようですけれども、結局のところ痛恨の判断ミスがあったわけでもないように思えます。
マルクはすごかったですね。ものすごく極端に言えばですけど、シーズン前のテストで「僕、インタミっていつ使えばいいかわからないっす」と発言していた時すでに、今回のマルクの勝利は決まっていたのかも?
乗り換えのインタミかスリックかという選択はハナからなかった事、そしてEXソフトというミスチョイスが招いたコースアウト等すべてマルクにポジティブに働いた…これが『持ってる』っていうことか!
でもそれは当然のことながらラックだけじゃないですね。日頃からのマルク&スタッフの意思疎通が円滑であったことが結実したという、いわば組織力の勝利だったようにも思えます。おめでとうマルク。
ホルファンとしてはアッセンに続いてツラ~い結果になりましたけどwよくぞ今回も耐え抜いてくれましたっていうキモチです。
そしてもぎ取った『1ポイント』!…いいんです、充分です。このたった『1ポイント』が後々ホルヘを助ける事になるかもしれないんですからね。
CSではギャップを広げられてしまったけれども、ホルヘにしてもヴァレにしてもまだまだ諦めるような御仁じゃぁないでしょうw
だってレースってどうなるかホントわからない!(と自分に言い聞かせるw)

投稿: りゅ | 2016/07/18 19:41

マルケス、嬉しかったんでしょうね。
チェッカーを受けた時の仕草が、久々面白かったですからねw
しかし、スリックに替えてからの走りはスリリングでした。

ロレンゾは試練の時でしょうね。
三度の転倒は応えたと思います。メカさんも大変だったでしょう。
ただ忍んでばかりもいられない筈。
今後のテストは非常に重要でしょうね。
きっとミシュランにガンガン意見をぶつけて行くんだと思います。
マルケスも言う通り、まだシーズンは折り返したばかりですからね。

投稿: motobeatle | 2016/07/19 09:12

>りゅさん
 私は「自分が現地にいないなら雨も楽しめるー」って観てましたw。

投稿: とみなが | 2016/07/19 21:41

>motobeatleさん
 ロレンソは夏休み中に復活してくれれば…。

投稿: とみなが | 2016/07/19 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/63932416

この記事へのトラックバック一覧です: マルケス、ザクセンリングを語る:

« 公式リリース>ドイツGP2016 | トップページ | 危険を冒す者だけが勝利を手にする »