« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

危険を冒す者だけが勝利を手にする

Mat Oxley氏がドイツGPのタイヤについて書いていますのでMotor Sport Magazineより翻訳。ありがたいありがたい。
============
日曜は単にマルケスのタイヤギャンブルがうまくいき、ロッシのそれが間違いだったというだけなのか?それとももっと深い話なのか?

「さあ、プールに行って、ビーチに行って、友達とパーティーだ」。日曜の午後、歓喜の絶頂でマルケスはそう言った。

23歳の彼の笑顔はいつも以上にうれしそうだった。自分でも今回のザクセンリングでの勝利がどれほどのものかわかっていたのだ。2016年を振り返ったときに最も重要な勝利となるかもしれないのである。

これ以上はないほど予測不可能で複雑なコンディションの中、彼はいつもの通りのことをやってのけた。限界まで攻めて、そして限界を超えたのだ。最初は時速130kmでのダートトラックを演じ、そしてコース上で最も失うものが多いにもかかわらず、運を天に任せて賭けに出たのである。

マルケスが誰よりも早くスリックに換えたのは実に示唆的だ。それだけではない。とんでもなく勇気のある選択だった。冷たい濡れたアスファルトでタイヤに熱を入れ損なってスリップでもすれば大馬鹿者と言われかねなかったのである。ドイツのGPスター、ラルフ・ヴァルドマンがこうしたコンディションについてこう言っている。「愚者と勇者は紙一重だ

実を言うと、スリックで走るという他のライダーからしてみれば気狂い沙汰としか思えないような賭けにマルケスが出たのは単なる直感ではない。

彼がこれほど早くマシンを交換するという決断をしたのは彼独特のアグレッシブなライディングテクニックのせいでエクストラソフトレインのフロントが終わっていたからというのが主な理由だったのだ。つまり彼はその時点でスリックを履いた2台目に交換せざるを得なかったのだ。これ以上走れる状態ではなかったのである。

そのせいで彼はまだ濡れたコースに、しかも温まるのに時間がかかる新品のスリックで出て行くという恐ろしい状況に陥ることになった。その2ラップ前にマシンを換えていたロリス・バズはフロントがインターミディエイト、リアがスリックという組み合わせだったが、それでもアウトラップで怖い思いをし、結局すぐにピットに戻ってリアをインターミディエイトにするよう懇願するはめになっている。スリックでは危険すぎたのである。

もちろんマルケスにとってもコースコンディションは同じだった。ただしそれを除けば彼は全く違うことをやってのける。まるでケイシー・ストーナーのようだった。ピットを出た彼は全力でアタックを開始したのだ。コーナーにはフルブレーキで入り、全開で立ち上がる。冷えたタイヤでありがちなことだが予告無しにマシンが体の下からいなくなる可能性もあったのに、それを顧みることもなかった。

あちらを立てればこちらが立たず。レーサーにとっての悪夢である。路面は「さあ行こうぜ!最高だよ!」と歌ってくれる状況ではない。冷えたコースと冷えたタイヤというのは、そんな状況から最も遠いところにあるのだ。気味が悪くて暗い迷宮に入り込んだようなものである。タイヤがグリップするほどの熱を持つにはスピードを上げなければならないのに、タイヤがグリップしない状況でいったいどうやってタイヤに熱を持たせるほど速く走れるというのだ?

その迷宮から抜け出す方法はたったひとつだ。ミノタウロスの角をその手でつかみ、素早く相手の弱点に蹴りを入れ、そしてあとは幸運に賭けるのである。それこそがマルケスのやったことだった。ブレーキをがつんと掛け、右手を一杯にひねる。一歩間違えれば大惨事となる崖っぷちで、常に大きなリスクを冒しながら彼は走り続けたのだ。

彼は懸命にタイヤに荷重を掛け続け、そしてタイヤは摩擦により熱を持っていく。そうやって彼は23周目の6番手から残り2周というところで18周の差をつけてトップに立ったのである。彼は全てを失うリスクを冒しながら自らのすべての才能を注ぎ込み、崖っぷちで生き残ってみせたのだ。勇気だけでは不十分だった。あれほどの才能があるマルケスでなければ崖から落ちてしまうことになっただろう。

普通のライダーではこうした矛盾する状況から抜け出すことはできない。時速270kmで場所によってはわずか十数センチしかないドライのライン上を縫って走るというならなおさらだ。コーナーに入ろうとすればフロントは切れ込み、スロットルに触れただけでリアは空転する。

マルケスが何かを少しでも気にしているとしたら、それは濡れた部分のグリップの少なさだったろう。レインタイヤで8コーナーをハイスピードで曲がる際にいちどウェットラインを通ってそれは身にしみている。わずか数時間前のウォームアップでは同じ場所で大クラッシュを喫している。

それを除けばマルケスは踊りながら綱渡りをやってのけたと行ってもいいだろう。彼の「悪魔?誰それ?」と言わんばかりの走りは、開いた口がふさがらないほどの才能の現れであり、そして彼自身がその才能を信じていることの証でもあった。

では綱渡りをするほど大胆ではなかったライダーはどうだったろうか?そして綱渡りに挑戦して落ちていったライダーは誰だったろう?

ヴァレンティーノ・ロッシはピットに入るのが遅れた上に、交換したマシンが履いていたのがインターミディエイトだったせいで、重要な一戦を落としてしまった。乾いた路面では十分な速さを発揮できなかったのである。

しかしそれは彼がとんでもない判断ミスをしたということではない。寒い状況で行われた金曜のプラクティスで、ロッシはフロントタイヤに熱を入れられないことを悟っていたのだ。「2台目にはインターミディエイトを履かせることに決めていたんです。いちばんソフトなコンパウンドでもフロントに熱を入れられなかったんでね」と彼は言っている。4コーナーから10コーナーまで25秒にわたって続く左コーナーの連続のあとのやっかいな右の11コーナーがポイントだったのだ。「机上の議論ではスリックの方が速かったのかもしれませんけど、そしたら序盤のラップでかなりタイムを落としていたでしょうね。フロントの感触が全然なかったんです」

だからロッシはインターミディエイトを選択したのである。つまりこれは彼のミスでもチームのミスでもなかったということだ。

ホルヘ・ロレンソは明らかにもっと悪い状況に陥っていた。どうして世界が逆さまになってしまったのかわからないとでも言うように、15位あたりをふらふらしていたのである。金曜、土曜と彼は3回の転倒を喫していた。去年18レースを通じて喫した転倒と同じ回数だ。彼の問題はロッシと同じだったが、さらに悪かった。路面温度が低い状況でやはりフロントタイヤに熱を入れられなかったのだが、これはヨーロッパ北部で開催された過去2レースと同じ状況である。

ロレンソがロッシよりかなり苦しんだのはM1の乗り方やセッティングが違うせいでもある。ロレンソのライディングはおそろしくスムーズで、コーナー進入でも立ち上がりでも前後のピッチングがほどんどないのだ。つまり彼はロッシほどタイヤに荷重を掛けていないため、摩擦力もグリップも稼げないということなのである。

ヤマハは冷えた路面や濡れた路面でこうした問題が起こることは理解しており、彼らとしてもなんとかして長く低いM1でホンダと同じようにグリップを作り出さなければならないこともわかっている。皮肉なことに今年はじめの段階ではHRCがミシュランのグリップの少ないフロントスリックのことを心配していた。そのせいでマルケスのいつものコーナー進入のうまさが失われる可能性があったのだ。しかし実際にはマルケスのとんdねもなくアグレッシブなライディングスタイルがミシュランにマッチしていたようだ。そのせいでフロントタイヤが熱を持つことができたのである。フロントタイヤが熱を持ちすぎて問題になるようなコースに行くまでその優位性は保たれるだろう。しかしそうなれば今度はホンダが苦しみヤマハが逃げることになる。

ヤマハはミシュランを責めてもいいのだろうか?そんなことはない。タイヤは全メーカー同じものを使っているのだ。メーカーはタイヤに合わせてマシンを造らなければならない。統一タイヤというのはそういうものだ。タイヤブランドとメーカーの相性があるのは仕方がないことなのである。

日曜午後のロレンソはマルケスとは対照的だった。「これからゆっくり休んで、復活に向けてここ数戦のことは忘れるようにしますよ」

次の疑問はもちろんオーストリアGPについてだ。ヤマハとしては夏らしい暑い日が訪れることを望んでいるだろう。レッドブル・リングはコースに二つしかない左コーナーの前は1分近く右コーナーが続くというレイアウトなのだ。
============
うむ。今回はホンダの戦略勝ちな部分もあるんですけど、マルケスの天才があるからこそなんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マルケス、ザクセンリングを語る

ポールスタート→一時は14位まで落ちる→優勝という、なんというかもう「ごめんなさい」としか言いようのない強さを見せたマルケスへのインタビューです。Sport Rider MagazineよりMnuel Pecino氏による記事
============
マルク・マルケスはザクセンリングで7連勝を飾ったが今回の優勝は枯れにとってもとりわけ大きな意味を持つものだろう。ドイツでは常に強さを見せつけ続け、そしてまた勝ったというだけではない。2016年のチャンピオン争いを大きくリードすることになったのである。今回の勝利でモヴィスター・ヤマハのライバルであるホルヘ・ロレンソとヴァレンティーノ・ロッシとのポイント差を倍にすることができたのだ。

決して楽な勝利ではなかった。そして完璧な勝利だったとも言えない。母なる自然が意地悪をしかけ、今回もウェットからドライに変化するコンディションとなったのだ。しかしマルケスは全力で戦い、最終的に2位に10秒近い差をつけてゴールラインを横切って見せたのである。我々はマルケスにインタビューを行い、今回の勝利、そして比較的早い周回でスリックに変更するというギャンブル、ランキング争いにおける彼の立ち位置等について話をきくことにした。

スポーツライダーマガジン:優勝おめでとうございます。今回の勝利はあなたのキャリアの中でもかなり印象的なものでした。そしてこれはあなただけの力ではなくチームの力も大きかったと思うのですが…

マルケス:ですね。こういう勝利っていうのはいつもウォームアップ後すぐから、どこまでできたかにかかってるんです。まずチームがすごくいい仕事をしてくれましたね。だって僕がウォームアップで転倒してマシンを壊しちゃって、何もかも交換しなきゃならなかったんですから。MotoGPマシンを再生するのは楽な仕事じゃないですから。その後はフラッグ・トゥ・フラッグレースが残されてるだけでしたけど、かなりうまくいきましたね。レースの前半に関しては僕のミスです。ロッシとかホルヘとかダニとかと同じエクストラソフトを選んだのは僕だったんです。でも失敗でしたね。僕のライディングスタイルにはソフトすぎるだろうとはわかってたんですけど、実際そうでしたから。あと8周目にはタイムをとんでもなくロスしてますし、それでもうフラッグ・トゥ・フラッグで他のライダーが乗り乗り替える前に乗り換えてタイムを稼ぐという選択肢しかなくなったやったんです。最初はあんまりいい走りができなかったですね。もの凄くリアが空転してたんです。でもどんどんいい感じになってきたんです。ちょっといかれてましたね。自分の順位を全然把握できてなかったんですから。8位だと思ってたら4位になっていて、いきなり「P1 +20秒」なんてサインが出るんですよ。で、思ったんです。もし何か起こったとしても普通のレースじゃないんだから集中していこうってね。


スポーツライダーマガジン:午前中のウォームアップでエクストラソフトは試してなかったんですか?

マルケス:転倒後に試してはいるんです。少なくとも一周は試したかったんで。悪くはなかったんですけど、それ以前にエクストラソフトで走っていたミラーやダニのデータもあって、結構良いタイムが出てたんですよね。一方でカル(クラッチロー)は「Cタイヤ}(ハード側タイヤ)で走っていて、彼も速かった。でも挙動が大きかったんです。テレメトリーデータも分析してたんだけど対処方法がわかってなかったんです。プラクティスではソフトの「Cタイヤ」も使ったんですけどグリッドでヴァレンティーノやホルヘやダニがエクストラソフトを履いてたんで、同じタイヤにしようと思ったんです。それが間違いでしたね。


スポーツライダーマガジン:マシンを変更する際はどうやってチームとコミュニケーションを…

マルケス:もう話し合っていて、HRCの連絡スタッフを最終コーナーに配置していたんです。僕が最後の最後にピットインしたい場合に備えてね。僕が手振りでその人にマシン交換をしたいと伝えられるようになってたんです。2台目にはスリックが装着されてることはわかってました。インターミディエイトについては考えてなかったんです。うちのチームにとってはインターミディエイトは混乱を招く可能性があったんです。乗ってる方も混乱すると思いましたし。


スポーツライダーマガジン:もしトップを走っていてピットインする余裕がなかったとしたら、もっと保守的な戦略をとってピットに入らなかった可能性はありますか?

マルケス:うーん、まあ振り返ってみれば当然のことだし、ちょっと違った風景もみえるんでしょうけど、あの時はもう全てのコーナーでギャンブルしてる状況で、とにかく早くマシンを交換したかったんです。トップに近づいたとしても、まあそうなるかどうかはわからなかったですけど、状況は良くなくて、いつ頃論でもおかしくない状態だったんです。だから「スリックに換えよう」ってなって、もしスリックが機能すれば勝てると思ったんです。


スポーツライダーマガジン:勝てたのはヤマハのおかげもありますか?

マルケス:ん?どういうことです?


スポーツライダーマガジン:ヤマハのライダーはピットサインが出てもピットインしなかったんで…

マルケス:トップ争いをしてると事情は変わりますからね。ドヴィツィオーゾも言ってますよね。「あと2〜3周だったら、そのタイヤで走り切らなきゃいけない」ってね。でもそうですね、トップグループがピットに入ったのは遅すぎたんでしょうね。でも僕も早く入り過ぎたんです。本当に早すぎた。だってポル(エスパルガロ)は僕と同じタイミングで入って、ピットアウトした周で転倒している。まだあの時点では完璧にウェットなコーナーが3つ残ってたんです。でもそこは気を付ければ抜けられた。ホルヘについて言えば、僕がスリックで出たのに彼はウェットタイヤで走り続けて、だから抜くことができたんです。「とにかくポイントを稼ごう」って気持ちでした。


スポーツライダーマガジン:「気を付ける」って言葉があなたの口から出るとは!2年前だったらそんなことは言わなかったですよね?

マルケス:うーん、2年前だったらフラッグ・トゥ・フラッグでも本当にうまくやれたと思いますよ。でもなんでそんなことができたのかは自分でもわかりませんね。もし今日のポルみたいにマシンを換えた最初のラップで転んだら、昔とは違う話し合いをしてたと思います。「なんで?なんでそんない早くマシンを換えたんだ?」ってなるでしょうね。まあリスクを冒していまくいきはしたんで、状況をコントロールできたということですし、だから勝てたんですね。


スポーツライダーマガジン:ロレンソには48ポイント、ロッシには59ポイントの差をつけることになりました。シーズン中盤にしてタイトル獲得を確実なものにしたようですが?

マルケス:ぜんぜんですね。2014年にはミザノとアラゴンで2戦連続リタイヤしてますしね。50ポイント失うのなんてあっという間なんです。今シーズンはうまくマシン仲良くやれてますけど、まだシーズン中盤ですし残りポイント数もたくさんありますから、これまで起こったようなことがまた起こったりするわけですよ。またウェットレースがあるかもしれないし、クラッシュするかもしれない。いろんなことがあるんです。だからポイント差をつけられたことは良かったのは確かですし、それが自信につながりはしますけど、自信過剰になっちゃいけない。だってそうなったら普通ではしないようなことをしちゃいますからね。
============
これを読むと今年のチャンピオンはマルケスですなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

公式リリース>ドイツGP2016

ヤマハホンダドゥカティ(英語)スズキアプリリア(英語)
============
タイヤ選択が明暗を分けた感もあるドイツGPでしたが、例えばロッシについて言えば、交換後のマシンがインターミディを履いていたのは事前にロッシが要望していたからとのこと

いろいろ悩ましい選択で、単にスリックに換えたマルケスが優勝したという結果論に過ぎないのですが、それでも例えば事前の選択より直近の状況を勘案してスリックにするということもあり得たわけで、ロッシの意見を無視してでも正しそうなことを貫ける雰囲気が醸成できていなかったとしたらいろいろこれから問題が増えそうにも思います。

もっとも前後スリックで出ていけたのはマルケス、ペドロサ、クラッチロー、ミラー、ラバトのホンダの5人だけなので、これはホンダの戦略勝ちで、他のチームは悩んだ末にインターミディを選んだということなのかもしれないですね。

いずれにせよ、このあたり、誰がいつの時点でどう判断してタイヤを選んだのか、とても知りたいですね。

<追記>
 というわけでMat Oxley氏に尋ねてみたらいろいろコメントをいただけましたのでtogetterでまとめてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ICD-10 エクセル表

実はけっこう参照されているICD-10エクセル表を更新しています。

バージョン3として、これまでいただいたご指摘に対応するとともに、厚生労働省の患者調査に使われる疾病分類の検索もできるようにしました。
ただしICD-10は2003年版(2013年版の無料電子版がみつからなかったので)、厚労省疾病分類は2013年版ICD-10対応なので、一部ずれがあります。ずれについてはこちら(PDF)を参照してください。

ファイルはGoogle DRIVE(こちら)で共有になってます。D/Lできなければお知らせ下さい。

過去のエクセル表はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ストーブリーグ表2017(2016.7.14時点)

公式発表を受けてザルコをテック3で確定させました

おそらくドイツGP中にプラマックもレディングとペトルッチで確定するかと。

Stove_2017_160714

「stove_2017_160714.pdf」をダウンロード

「stove_2017_160714.xlsx」をダウンロード

| | コメント (6) | トラックバック (0)

公式プレビュー>ドイツGP2016

ヤマハホンダドゥカティ(英語)スズキ(英語)アプリリア(英語)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イアンノーネ「ドゥカティが速く見えるのは僕が乗ってるからだ」

巻き込み転倒が連続していることでアッセンでは最後尾グリッドからのスタートというペナルティを受けたイアンノーネですがあんまり反省していない様子。でもこういうの嫌いじゃないです。PECINO GPより。
============
「確かに僕はクラッシュばかりしてるけど、それでも結局ドゥカティでは僕が最速だし最強ですからね」。この大胆な発言はそう、アンドレア・イアンノーネのものだ。それほど大きな声ではなかったが、これ以上ないはっきりした宣言だ。

この発言はピンポイントでドゥカティに向けられたものだ。そしてその矛先はアンドレア・ドヴィツィオーゾにも向いている。3度のMotoGPタイトルを獲得したホルヘ・ロレンソが2017年に加入するということになってドゥカティ・コルセの幹部はイアンノーネのチームメイトであるドヴィツィオーゾを選択したのだ。

既にご存じとは思うがロレンソ加入が公式発表されたとき、ドゥカティは彼のチームメイトとして二人のアンドレアの内どちらかを選び、どちらかは捨てることになるとも発表した。どちらにするかはドゥカティにとって最も大事な地元戦であるムジェロのイタリアGPの結果を受けて決定されるものと思われていたが、なぜかレース前に発表されることとなった。アンドレア・ドヴィツィオーゾが残留と決まったのだ。

イアンノーネは見るからにがっかりしていた。彼は自分の方がドヴィツィオーゾより速いと考えていたのだからなおさらだ。4年間ドゥカティで走り、去年はランキング5位。彼は自分がもっとドゥカティの重役から信頼されてもいいはずだと感じていたようだ。しかし彼の「公式声明」ではまるで別の話になっている。「ドゥカティでのこれまでの4年間は素晴らしいものでした。本当に大事にしてもらったと思います。プラマックでドゥカティに乗り始めてから常に素晴らしい支援をしてもらってきました。プラマックチームといっしょに成長できたんです。あれは本当にいい2年間でした。とてもいい形で過ごせたと思います。とは言え周りは別として自分のことを考えたとき、もやもやするものです。もし結果がほしかったら、自分が将来目指す者のために何が本当に必要なのかを考えなければならないんです。だから今回の選択には満足しています。自分のためというだけではなく、ドゥカティで良い成績を残すことも大事で、そのためにベストを尽くします」

今回のアンドレアとのインタビューはオランダGPの最中に行われた。レースの結果自体は特筆すべき程のものではなかったが、それでもドゥカティはとんでもないパフォーマンスを発揮している。「今の僕の乗り方だと疲労がすごいんです。MotoGPだと26周のレースの最後まで体力が保たない。こんなに疲れないでもっと速く走れる楽なバイクが必要ですね。これが最大の問題なんです。向きを変えるのが本当に難しいバイクで、とにかく重いんですよ」

シーズン中盤でランキング8位という結果は彼の言い分を裏付けているとは言えない。実際アンドレアがライダーの理想とは言えない形で話題になったのは1戦だけではないのだ。開幕戦カタールではドヴィツィオーゾとのスリリングな、しかし必要のないバトルの末、4周で転倒している。次戦アルゼンチンでは表彰台争いの末、ゴールまであとコーナー二つということろで転倒している。この時も愛ではアンドレア・ドヴィツィオーゾだ。そして自分の転倒に彼を巻き込んでしまっている。ドゥカティにとって歴史的な結果を残せるはずだったのに、チームメイトに対してイアンノーネが攻撃的なライディングを仕掛けたことで台無しになってしまったのだ。

こうした彼のライディングを受けてドゥカティではレース中にチームのライダー同士が接近した場合に採るべき行動についての内部規定が作られることとなった。しかしイアンノーネの次の事故の相手はチームメイトではなくホルヘ・ロレンソだった。バルセロナで追走中に転倒させてしまったのだ。そのせいで彼は予選結果にかかわらずグリッド最後尾からのスタートという罰をレースディレクションから科せられることとなってしまう。こしたわけでイアンノーネは異例のシーズンを過ごしているというわけだ。「ええ、ドゥカティでは改善のために本当にいろいろやってますから、ミスが少なければもっといい結果になっていたでしょうね。
 ドゥカティは難しいバイクなんです。外の人には僕はクラッシュばかりしてるように見えるでしょうけど、それでも結局僕がこのマシンで最速だし最強ですよね。ドゥカティは僕が乗ってるからいいバイクに見えるんです。僕が乗ってるから力があるように見えるんですよ。もっといい結果が出せるかどうかはわかりませんけど、でも変化が必要な時期にきてるんです。もう4年間もドゥカティで走っているし、その間ずっと問題を抱えてきた。違う道に行くチャンスがあって、だから移籍はいいことだと思って決めたんです。もう決断する時期だってね。何年か同じマシンで走って変化が必要になったんです」。もし状況を知らなかったらイアンノーネがドゥカティ離脱を決めたかのように聞こえる。

アンドレアはスズキに対して戦闘力のあるマシンとナンバー1ライダーの座を期待している。どちらもドゥカティでは得られなかったものだ。「何がもたらされるかはわらないですけどね。答えは青い空の彼方って感じでしょうか、スズキなだけに」。来年何を期待するかについてたずねると彼はジョークで返してきた。そして真顔になってこう付け加えた。「勝ちたい気持ちはそのまま持って行けるとおもいますけどね。もちろんそれにも良い面と悪い面はありますが。勝ちたい気持ちが強すぎると状況をコントロールできなくなるし。でも一緒にがんばっていけばいろんなことが手に入るはずだと思っています。スズキはうまくやっているし、ここおまでもかなり前進してきています」

既に書いた通り、スズキのイアンノーネは間違いなくナンバー1ライダーとなるはずだ。チームメイトはアンドレア・ドヴィツィオーゾのようなベテランではなくスペイン人ルーキーのアレックス・リンスなのだ。「彼は若いし強いし、彼をMotoGPライダーとして選ぶなんてスズキもいい選択をしたと思います。スズキと契約するときにもうその話はしているんです。彼の将来ですか?良いライダーになると思いますよ。マーヴェリックがスズキに加入した時と比べるとマシンはいい状態になってますしね。マシンは戦闘力もあるし、MotoGPでの4年間の経験のおかげで成長した僕がチームメイトですからね。彼はMoto2から上がってきて、すぐに速くなるでしょうね。まああんまりすぐに速くはならないでほしいですけど!来シーズン最高のMotoGPチームのひとつになると思いますよ」
============
こういう鼻っ柱の強さはいいですね。まあ逆に言えば、だからこそロレンソが主張するように出場停止にしないと反省はしないのかもですが、出場停止にしても反省しないかもですし…。

ちなみにドゥカティでのランキングトップはサテライトのバルベラ。イアンノーネは転倒が多いし、ドヴィは巻き込まれが多いので…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »