« 公式プレビュー>イタリアGP2016 | トップページ | 2016年ムジェロ MotoGP日曜まとめ:エンジン、失意、そして過熱する争い »

公式リリース>イタリアGP2016

ヤマハホンダドゥカティ(英語)スズキアプリリア(英語)

|

« 公式プレビュー>イタリアGP2016 | トップページ | 2016年ムジェロ MotoGP日曜まとめ:エンジン、失意、そして過熱する争い »

コメント

イヤー凄いレースでしたね!
個人的に、まだ前半戦ですがある意味で今シーズンの山場であると考えてたんですが。
正にプレミアクラスにふさわしいハイレベルな戦いでした。
正確無比なロレンゾのライディング。
マシンハンディを乗り越えるマルケスの攻め。
あれでロッシのトラブルが無かったら三つ巴の戦いでしたでしょう。
レース前にエンジンブローしたロレンゾと、レースでブローしたロッシ。
その代償の差は相当なもんですよね。
ドカのトップスピードに対抗すべくヤマハはパワーを上げてたんでしょうか。
そして加速でやられ惨敗したマルケス。されどマルケスはマルケスでした。
しかし、あのフィニッシュラインで刺された映像を見て、朝霞のHRCの面々は大変なショックを受けたんじゃないでしょうか?

投稿: motobeatle | 2016/05/23 22:24

凄いレースでした
マルケスすげ〜
あれだけ走れるなら昨年の最終戦も走れたか?

投稿: ヤマハ党 | 2016/05/24 20:08

細胞が思考を超えた。そんなバトルを見たような気がします。
ホルヘもマルクもそれぞれ甘んじる一瞬があったにもかかわらず、レーサーたる本能がそれを拒否したような。
ラストラップの2人の挙動はもう人智を超えたもの…そう言ってもけして言い過ぎじゃないような気すらしましたw
泣きましたよ…もう^^ホルヘありがとう、マルクありがとう。

投稿: りゅ | 2016/05/25 17:25

>motobeatleさん
 語りたいレースでしたね!いやぁ、ほんとにかっこよかった。ホンダがあそこまで加速で苦労するとは、とも思いましたが、実はホンダは昔から最高速は出ていて、フルバンク脱出加速は苦労していたような気もします。だからこその鋭角コーナリングだったのかもです。

投稿: とみなが | 2016/05/25 21:57

>ヤマハ党さん
 去年の最終戦はあれはあれで精一杯だったんでしょうけどね。しかしムジェロでここまでできるんならマルクはもてぎあたりはぶっちぎりかもですね。

投稿: とみなが | 2016/05/25 21:59

>りゅさん
 ですねー。マルクも「一瞬表彰台でいいやって思ったけど、僕は僕だって思ったんだ」って言ってますし、そういうのがかっこいいです!

投稿: とみなが | 2016/05/25 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/63674379

この記事へのトラックバック一覧です: 公式リリース>イタリアGP2016:

« 公式プレビュー>イタリアGP2016 | トップページ | 2016年ムジェロ MotoGP日曜まとめ:エンジン、失意、そして過熱する争い »