« MotoGPクラッシュ統計の分析 | トップページ | 2015年チャンピオン、ホルヘ・ロレンソへのインタビュー(その1) »

カル・クラッチローのファンが再びインタビュー!

ずいぶん前にインドネシアの少女(当時6歳!)がクラッチローにインタビューした記事を翻訳しましたが、その彼女が再びカルにインタビューしてます。かわいいし鋭い!ってなわけでCRASH.netより。
============
クリスマスも近くなって善意にあふれる季節がやってきた。2015年終盤のごたごたを忘れるためにも少しいい話を記事にしよう。

数年前、シャイーナ・サルヴィアというある若いMotoGPファンが憧れのカル・クラッチローに会うことができた。そこで彼女はクラッチローとそのガールフレンド(今は妻)のルーシーと話すことができたのだが、6歳の彼女の勇気に感銘を受けた彼は彼女にレース用グローブをプレゼントすることとなった。

それからあっという間に3年が経ち、そしてシャイーナは10月のマレーシアGPで再び憧れの人に会うことができたのだ。今回は学校の宿題にかこつけて彼にインタビューを申し込んだのである!

カルはそれを受けることにした。そして自分のタブレットに質問を用意したシャイーナはルーシーに導かれLCRのピットガレージにやってきたのだ。座ってインタビューを始めると、すぐに彼女は緊張から解放され、見事なインタビューをやってのけた。

彼女は自分の10歳の誕生日である今日(12月8日)発行される学校の広報誌にインタビューが掲載されることを願っていたのだが、それは残念ながらかなわなかった。

そこでシャイーナの母親はCRASH.netに連絡し、彼女の誕生日プレゼントにできないかとたずねることにしたのだ。我々はカルに許可をとってみた。そして彼はすぐにOKを出してくれたのだ。「すごく楽しいインタビューでしたよ。今年最高のインタビューですね!」」

さあ、これからシャイーナのインタビューが始まる。お誕生日おめでとう!

シャイーナ:(まじめな顔で緊張しながら)MotoGPに来る前はワールドスーパーバイクで走っていましたね。引退前にMotoGPからワールドスーパーバイクに行くライダーもいます。いつかワールドスーパーバイクに戻る予定はありますか?

クラッチロー:ワールドスーパーバイクに戻る予定はないよ。今はMotoGPで走っているし引退するまで走りたいと思っているからね。でもワールドスーパーバイクに興味がないわけじゃないんだ。ただ今はそういうことを考えていないってこと。最後はMotoGPでキャリアを終えたいんだけど、それがいつになるかはからないな。1年後かもしれないし10年後かもしれない。バイクレースが楽しくなくなったら家に帰ってルーシーにもっと愛をそそぐことにするよ(笑)!


シャイーナ:1年ホンダで走ってみて自分の走りには満足してますか?

クラッチロー:満足しているところと満足していないところがあるかな。シーズン前半はよかったので満足しているし、最後の2レースくらいも良かったと思ってるよ。でも悪いレースもあったし運が悪いときもあった。だからランキングはあんまり良くなかった。でもまだ自分は速く走れると思ってるんだ。ホンダのバイクは慣れるのが難しいんだよね。だから来年はもっと速く走れると思うよ。


シャイーナ:シルバーストンではチームメイトのジャック・ミラーに当てられてクラッシュしまました。なんで彼に笑顔を見せられるんですか?学校で友達に嫌な思いをさせられると、その相手に笑顔を見せるのは難しいんですけど…。

クラッチロー:(笑)いい人になるんだよ。ジャックは悪い奴じゃないんだ。ミスしようと思ってたわけじゃないからね。わざとじゃないんだ。クラッシュしたいと思ってたわけじゃないし、僕に当てようと思っていたわけでもないんだ。

本当に申し訳ないって言ってくれたしね。だからOKって返したんだよ。ちょっとの間は彼に怒りを感じていたけどすぐに冷静になったしね。しょうがないことだよ。僕だって他のライダーをクラッシュに巻き込んだことはあるんだし。もしまたやっちゃったら、そしてまだジャックにむかついていたら、僕が巻き込むライダーもずっと怒ってることになるからね。許すことは大事なんだし、だから僕もジャックを許している。でもまた彼がやらかしたらかなりヤバいと思うよ!

いや、ジョークだよ(笑)!


シャイーナ:どうして35番をゼッケンに選んだんですか?

クラッチロー:前は5番をつけていたんだ。最初の3年間ね。で、5番を選べなくなったんで3を前につけることにしたんだよ。でも思いつきにしては良かったね。僕が好きな数字が5でルーシーが好きな数字が3なんだ。だから完璧だよね。


シャイーナ:ライダーって楽な仕事なんですか?

クラッチロー:楽なこともあるけどみんなが思うほど楽じゃないかな。すごくがんばらなきゃならいんだよ。みんなこの仕事が大好きで、それは特別なことだと思ってる。本当にこういう仕事ができるのは特別なんだ。ライダーでいられるってことがね。でも辛いこともある。うちには帰れないし、ずっと旅をしてるからね。世界中を回っていても何にも観られないしね。観光地にいったりはできないんだよ。サーキットに行くんだし、あとはホテルと空港だから。だから世界中を見て回ってるわけじゃないんだ。つまり正直きつい仕事なんだよ。でもみんなこの仕事が大好きだし、それは変わらないと思う。他のライダーもみんなそう思ってるはずだよ。


シャイーナ:マレーシアではカラーリングが違ってました(カストロールカラー)。マレーシア専用だったんですか?

クラッチロー:マレーシア専用ですよ。でもかっこいいからずっとそのままだといいな。


シャイーナ:レースでいつも目標にしていることは何ですか?

クラッチロー:優勝!いつでも優勝を狙っているよ。でもみんな今僕が優勝するのは難しいことはわかっている。10位になるかもしれないし5位かもしれない。でもいつも狙っているのは優勝なんだ。


シャイーナ:インタビューに答えてくれてありがとうございます。

クラッチロー:どういたしまして。


シャイーナ:(3年前にもらったグローブを出して)またサインしてもらえます?

クラッチロー:(サインしながら)君にこれをあげた時のことは覚えているよ。まだもっていてくれて本当に嬉しいな…。バイクと一緒に写真を撮る?


シャイーナ:わあ!ありがとう!

============
私、こんないいインタビューができる気がまったくしない…。カストロールカラーネタとかものすごく鋭い質問。
そしてカルのルーシー愛!!

|

« MotoGPクラッシュ統計の分析 | トップページ | 2015年チャンピオン、ホルヘ・ロレンソへのインタビュー(その1) »

コメント

すごいホノボノとした記事ですね
あの?グチグチ した一連の内容とは大違い

コーリンが居なくなった今ムードメーカはカル(&ルーシー)なんでしょうね。

投稿: けい | 2015/12/11 23:56

荒ぶる魂のジェントルマン…
まさに「英国の男」じゃないか。
男前すぎて、本当にごめんよ、ありがとうカル!
…となぜだか謝りたくなってしまうよ…

投稿: りゅ | 2015/12/13 11:13

>けいさん
 おそらく本人もほのぼのキャラなのかもですね。

投稿: とみなが | 2015/12/20 21:00

>りゅさん
 わかる!w

投稿: とみなが | 2015/12/20 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/62844897

この記事へのトラックバック一覧です: カル・クラッチローのファンが再びインタビュー!:

« MotoGPクラッシュ統計の分析 | トップページ | 2015年チャンピオン、ホルヘ・ロレンソへのインタビュー(その1) »