« 中本修平HRC副社長とのQ&A | トップページ | ヴァレンシアGPプロモーションビデオ »

モヴィスター・ヤマハMotoGPによる公式声明

公正を期するためにこちらの公式発表も訳しておきます。MotoGPヤマハチーム公式より。
============
「ペドロサが優勝。マルケスはロッシの蹴りというスポーツマンシップにもとる行為により転倒」と題されたレプソルによる2015年10月25日付けプレスリリース及び「中本修平HRC副社長とのQA」と題されたHRCによる11月2日付けリリースについてコメントさせていただきたいと思います。

ヤマハとしては今回のヴァレンティーノ・ロッシとマルク・マルケスの間に起こった件に関するレポートでの単語の選択については同意できないものだと考えています。

上記プレスリリースではいずれもヴァレンティーノ・ロッシがマルク・マルケスのマシンを蹴ったと非難されていますが、これはレースディレクションが認定した内容には含まれていない事柄です。

よって、上述の声明文で使用された単語の内、レースディレクションの検証結果で認められていないものについては反対の意を表明するものです。

不幸な結果に終わった本件に関してこれ以上の議論に立ち入ることはヤマハの望むところではありません。我々が望むのは2015年が最良の形で終わることです。

次のヴァレンシアでは勝って、すべてのライダー、チームにとって記憶に残るようなレースにすることが我々の望みです。そしてきちんとスポーツマンシップに則ってバイクレースの最高峰にふさわしい勝ち方をしたいと考えています。
============
迷ったので「である調」バージョンも。
============
「ペドロサが優勝。マルケスはロッシの蹴りというスポーツマンシップにもとる行為により転倒」と題されたレプソルによる2015年10月25日付けプレスリリース及び「中本修平HRC副社長とのQA」と題されたHRCによる11月2日付けリリースについてコメントしたい。

ヤマハとしては今回のヴァレンティーノ・ロッシとマルク・マルケスの間に起こった件に関するレポートでの単語の選択については同意できないものだと考えている。

上記プレスリリースではいずれもヴァレンティーノ・ロッシがマルク・マルケスのマシンを蹴ったと非難されているが、これはレースディレクションが認定した内容には含まれていない事柄である。

よって、上述の声明文で使用された単語の内、レースディレクションの検証結果で認められていないものについては反対の意を表明する。

不幸な結果に終わった本件に関してこれ以上の議論に立ち入ることはヤマハの望むところではない。我々が望むのは2015年が最良の形で終わることである。

次のヴァレンシアでは勝って、すべてのライダー、チームにとって記憶に残るようなレースにすることが我々の望である。そしてきちんとスポーツマンシップに則ってバイクレースの最高峰にふさわしい勝ち方をしたいと考えている。
============
はやくこんなこと終わりにして次のレースを楽しもーぜー。

|

« 中本修平HRC副社長とのQ&A | トップページ | ヴァレンシアGPプロモーションビデオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/62607312

この記事へのトラックバック一覧です: モヴィスター・ヤマハMotoGPによる公式声明:

« 中本修平HRC副社長とのQ&A | トップページ | ヴァレンシアGPプロモーションビデオ »