« 2015セパン MotoGP木曜まとめ:ロッシ対マルケス-巨人たちの戦い | トップページ | 公式リリース>マレーシアGP2015 »

ロッシへのペナルティについてレースディレクターが説明

MotoGP公式より。
============
MotoGPのレースディレクター、マイク・ウェッブがマレーシアGPでのロッシとマルケスのバトルについて説明する。

シェル・マレーシアグランプリでのヴァレンティーノ・ロッシとマルク・マルケスのバトルの結果、マルクスが転倒することとなった。MotoGPのレースディレクターであるマイク・ウェッブがレースディレクションの裁定について説明する。


この一件に関するレースディレクションの裁定と、その考え方について教えて下さい。

裁定はヴァレンティーノ・ロッシにペナルティポイントを3点科すというものです。彼のライディングは自分勝手過ぎました。わざと接触したんです。他のライダーのラインを邪魔するためにわざとコーナーではらんだということです。その結果が転倒です。つまりその自分勝手なライディングが転倒を引き起こした。だからロッシには3ポイントのペナルティを科すことにしたんです。

いいレースになるはずでした。なのに議論を巻き起こすような結果になってしまった。とても残念なことです。この裁定に対してモヴィスター・ヤマハがチームとして抗議してきたのでFIMがヒアリングを行っています(訳注:結果としてFIMもその抗議を退けました)。


ライダーはレースディレクションに対してなんと言っていましたか?

ライダーの発言ではなく私の感触しか言えないんです。非公開のヒアリングですからね。マルクは普通に走りながらタイヤの感触が良くなるのを待っていて、それでいけると思ったときには速く走って、無理だと思ったときにはスローダウンしていたと言っています。

ヴァレンティーノはマルクがわざとペースを落として、それは正しいやり方ではないと考えています。両者から話を聴いた結果、私たちはどちらにも問題はあったとの結論に達しました。ただしルール上はマルケスから接触したわけではありませんし、ルールを破ってもいない。ただ私たちとしてはマルケスの行為はロッシに対する挑発だとも考えています。問題はロッシがルールを破るような対応をしてしまったということです。


モヴィスター・ヤマハが抗議をしていますが、抗議が受理される、または却下された場合はどうなるんでしょう?

FIMの審議委員会が抗議について聴取します。抗議の提出は30分以内と決められていますが、すでにこれはクリアしています。抗議は現在審議中で次の30分以内に聴取が行われるというルールになっています。
============
ほぉ、レースディレクションはマルケスにも非があると言ってるんですね。


<追記>
CRASH.netにはこの話の続きが掲載されていたので、追加します。
============
レース中に裁定が下されなかったことについては両者の話を聴いてビデオもじっくり観ておきたかったからだとウェッブは言っている。

ロッシがマルケスを蹴って転倒させたという主張に対しての彼の説明はこうだ。

「接触のせいで足がステップから外れたとロッシが言っている件についてはビデオにその映像がちゃんと映っていないんです。だから足が滑ったのか、わざと蹴ったのかはわからないんです。だからみなさんが求めるようなはっきりした証拠は私たちにもないんですよ」

ロッシは既にペナルティポイントを1ポイント科せられているため、最終戦はグリッド最後尾からのスタートとなる。

ロッシへのペナルティポイントがなぜ3点なのかについてウェッブはこう語っている。

「先例があるんです。今年のヘレスでハニカがゲバラに対してわざと危険な動きをしてクラッシュさせた。この時は5ポイントが科せられています。ハニカ自身がわざとやったと言っていたからですね。そして今回と同様に相手の挑発的なライディングにいらいらさせらていました。
 今回の件についてはヴァレンティーノは故意にやったことは否定しています。しかしあらゆる証拠を集めて状況を見てみると、彼がアウトにはらんだのは故意だと判断すべきですし、その結果マルケスをコース外に追いやる接触につながったんです」

ロッシがセパンで5ポイントを科せられたとしてもヴァレンシアで最後尾スタートとなることには変わらない。ここで6点以上のペナルティポイントとなると(ミザノでのポイントと合算した結果)罰則は一段上のものになる。ピットスタートだ。

ロッシはロレンソに7ポイント差をつけて最終戦に臨むことになる。

ロレンソはロッシへのペナルティは「不公正」だと言っている。もっと厳しい罰を科すべきだということだ。一方のロッシは今回の裁定に対して「失望した」と語っている。

木曜のプレスカンファレンスでロッシがマルケスについて「フィリップアイランドでロレンソを助けたと」非難したことから二人の敵対関係は決定的なものとなった。

「フィリップアイランドのマルケスの走りについては考慮の対象外です。マルケスはフロントタイヤに問題を抱えていたと言ってますし、問題が解決したら全力で走って勝っているわけですから」とウェッブは言う。「ですからあれがわざとロッシを遅らせるためにやったことだとは考えにくいですね。レースディレクションとしてもそういう風には考えていません。
 今日のレースについては違いますよ。マルケスは正しくそういうことをしたと思います。でもどのクラスのどのライダーも同じようなことをやっていますし、でもそれはルールの範囲内でやっていることなんです」
============
合理的な判断でしょうね。それに、裁定を甘くすれば「相手がロッシだから」と非難され、これ以上の厳しい裁定だとヴァレンシアを待たずして実質ロレンソにチャンピオンが決定してしまう。その狭間でこれしか選びようがなかったとも思います。お疲れ様。

|

« 2015セパン MotoGP木曜まとめ:ロッシ対マルケス-巨人たちの戦い | トップページ | 公式リリース>マレーシアGP2015 »

コメント

重大事を知らせる、さっそくの翻訳ありがとうございます。
まさかこんなことになろうとは。
しばらく信じられず、言葉がでませんでした。
フィリップアイランド終了後の高揚した気分から急降下です。
あの頃からロッシは正常な精神状態ではなかったのではないでしょうか。
マルケスに怪我がなかったのが、せめてもの救いです。
ただただ、やるせなさが残りました。

投稿: motobeatle | 2015/10/26 01:53

こんばんは。これは今に始まった事ではなくマルケスが去年ロレンソを最後に押し出して優勝をした時から、そしてレースディレクションがなんのペナルティをも課さなかった時から起こるべくして起きた結果だと思います。さらに監督者としてのホンダの姿勢も良くなくルールの隙間をついたり事あるごとにライダーを天才だともてはやしたりの身贔屓なコメントを見るたびに猿を撃ってるのかとの思いが湧き上がリます。あの時キチンとペナルティを与えていればマリオカートの赤い甲羅行為を防げたのではないでしょうか。更に以前からのマルケスのコメントには整合性が乏しく、ロッシのコメントには整合性がある。僕にはロッシの精神状態は正常に見える。その上で彼は赤い甲羅と対峙した様に思えます。蹴ったかどうかは闇の中だがルール違反には厳しいペナルティが必要ですね。

投稿: とんからりん | 2015/10/26 21:27

私はロッシは少なくとも故意に蹴ったりはしていないように思います。
ただ、マルケスのラインを完全に塞ぎ、ひかない限りコースアウトするように狙ったのは間違いないでしょう。
ところがマルケスはひかず、かと言ってコースアウトも選ばず、ロッシがいるのにも構わず寝かし込んで、
結果ハンドルバーにロッシの足が当たって転倒、と言う流れにみえました。

それまでのマルケスの走りは、ロレンソを助けるとかロッシのチャンピオンシップを邪魔するとかではなく、
単純に意地でもロッシには負けたくないと言う意思の表れではないでしょうか。
そしてそれを招いたのは木曜日のロッシのイチャモンなのだろうと思います。
恐らくあんな言い掛かりを付けられていなければもっと冷静に走っていたんじゃないかと思いますね。
なので、結局のところはロッシの自業自得でしょう。

ただ、ロッシも何かの打算であの言い掛かりを付けたわけではなく、恐らく本心だったのでしょう。
本来ロッシの被害妄想で存在などしなかった架空の敵が、その存在を主張したら本当に生まれてしまい、
この不幸な結果に繋がったと言う感じで、何ともやるせないです。

最終戦、例えロレンソにトラブルが無くてもレプソルのワンツーの可能性もありますし、ロッシなら最高尾
からでも6位以内と言うのは非現実的と言う訳でもないので、何とか腐らずに全力を尽くしてほしいですね。

投稿: nobody | 2015/10/27 11:40

>みなさま
 コメントありがとうございます!

 今回は「まさかそこまではやるまい」って思いながら気軽にやくざにちょっかいをだしてたら本気で殺しにかかられてびっくりする子供、という図式な気もしています。

 ヴァレンシアでロッシが6位に入るのはないはなしではないのでみんなで楽しみましょう!

投稿: とみなが | 2015/10/27 21:14

レースを経験したことの無い者の判断のように感じます。(ペナルティー)マルケスがロッシの邪魔をしているのは一目瞭然。その次点でペナルティーがあるべきです。チャンピオンになれないからと言って邪魔をする権利は無いはずです。自分だけポイントが…(馬鹿かと思いました)腹黒い。チャンピオンになれるかどうかのポイントと望みが無くなった者のポイントでは天と地ほどの差があります。もしレースに勝ちたいだけであればロッシに着いて行き後半勝負と言う手もあったはずです。自分の行為がばらされて選んだ道がチャンピオンシップの妨害と言う恥ずかしい行為なのです。腹黒いガキです。ロッシはただ真剣勝負をしたいだけだと思います。バレンシアまでにペナルティーを取り消してほしいものです。

投稿: 佐々木勇 | 2015/10/28 11:34

佐々木さんの意見に激しく同意です。追記することも特にはない程ですが、チャンピオンシップに泥を塗った腹黒いガキですね。呆れました。

投稿: taka | 2015/10/28 13:53

レースディレクションとしてはそのあたりは意図の有無について証明できないので難しかったんでしょうねえ。いろいろ考えていただろうって私は思っていて、そのあたりを最新ポストで書いてます、よろしかったら。

投稿: とみなが | 2015/10/28 20:48

見たら分かりますよね?
マルケスがロッシが隣に居るの分かっていながら、更に倒しこんでますよね
私は最初、事件に気付かず画面を見てた時、マルケスがロッシを倒そうとわざとぶつかっていると思い、相変わらず無茶するなぁーと思ってました。
マルケスもロッシも大好きですので、今回の件は喧嘩両成敗と思います!

投稿: 吉川 | 2015/10/28 21:20

>吉川さん
 実は私にはなんとも言えないってのが正直なところです。アウトから被せていますが、あそこでロッシがマシンを起こしてマルケスを押し出そうとしていたのはロッシ本人も言っている通りですし、単にマルケスがロッシが譲ってくれるだろういう判断ミスをした可能性も否めないかと。絵づらから意図を推し量るのは私にはとても無理って感じなんです(←ぼんくら)。

投稿: とみなが | 2015/10/28 21:26

とみながさん

確かにロッシはフェアープレイ精神に欠けたら行為だったかも知れませんね!
モータースポーツはお互い命を掛けた戦い
その中でコーナーでのバトルも、最低一車線は空けるのがモータースポーツのマナーと聞いた事が有ります。
ロッシは故意にマナー違反を犯した事になります。
あくまでも個人的推測ですが、ロッシもマルケスがあそこまでむきになるとは思って無かったのでは?
ロッシに寄せられたら一歩下がる!と思った
自分が怒っていると意思表示したかった!
ただ、マルケスが予想外だったので、ぶつかる瞬間マルケスを見たので、更に膨らんで結果ぶつかった!
このしこりはいつまで尾を引くのか?ちょっと心配です。
下手すりゃロッシ引退!って事は嫌ですね(汗)

投稿: 吉川 | 2015/10/29 07:22

ロッシの行為は、意図的と言われてもしょうがない。
客観的にはね。
でもさ、無理な突っ込みして、相手をリタイヤさせたり、
そとにはみ出させることを繰り返していたマルケスはどうなるんだって話。意図的じゃなきゃいいのかって話。
ペドロサなんか同じメーカーなのに、追突されて
リタイヤしてるし、ロレンソはコースインしてきた
マルケスに当たってる。ロレンソ絶対優先なのに。

今年はロッシだってやられたけど、それをテクで
跳ね返して勝ったレースもあった。
あの時は、マルケスは絶対反省の言葉を言うべきだった。

マルケスは、ロッシをわざと先にいかせて1位争いに加わり、最後にまとめて二台をぶち抜くくらいの構想を持ってほしかったね。
「かっけー」と言わせてくれないと。


投稿: sittakarider | 2015/10/30 12:46

ヘリからの画像を見るとロッシのラインは滑らかですね。
インから抜けばオーバースピードになるので、途中で
減速するのは普通です。
ロッシがいるのに寝かしてぶつかったようにしか見えません。

クロスラインで抜き返すのは、インからですよ。
ほとんどそうです。すでに抜かれてるのにアウトから
行こうとするのはマルケスぐらいなもんです。

「応援団」発言、レース中の怒りの表示、視線を送ってることでいかにも意図的に見えますが、ヘリ画像を見るかぎりは自然です。
そもそも前レースでは、マルケスに押し出されそうになったロッシが譲ってますよ。先に行ってるのに。

投稿: sittakarider | 2015/10/31 12:46

マルケスは自分から怪我をしないよう転倒したように見えました。マルケスのテクニックならそのくらいの演技はできるでしょう!チャンピオンの重圧を知っているのにロッシの心を察しないガキです。
チャンピオン争いのバックマーカーマルケスへロッシみたいに他のメーカーのバイクに乗ってチャンピオンになってみなさい。年間チャンピオンの意味・いかに偉大であるかいが分かっていないようです。マルケスに日本製のバイクに乗ってほしくない。以上

投稿: すずき | 2015/11/01 00:02

>みなさま
 うーむ、わたしは自分の手持ちの情報からどちらかを断罪することはできないんです。もちろんなんどか言っているように、意図を想像して楽しむことはできますけども、あくまで想像ですね…。

投稿: とみなが | 2015/11/01 14:25

皆さんシューマッハをご存知ですか?
そう、あの偉大なF1レーサーです。
しかし、1994年オーストリアGPで、コンクリートウォールにタイヤをぶつけ、リタイアを確信するや、後ろから来たデーモンヒルをブロックし接触!
二人ともリタイアして、シューマッハがワールドチャンピオンになりました!
その時のシューマッハの行動は、後ろから来るデーモンヒルをミラーで何回も確認し、コーナーで抜きに来るのを待ってわざとぶつけました!何回見てもシューマッハがミラーを確認してるVTRを見てショックでした!
ずーとシューマッハが好きで、そこまでしてワールドチャンピオンが欲しいのか?と幻滅しました。
こらからロッシよりマルケスの方が遥かに長いです。
今回の物議は皆忘れ、後の思い出VTRではロッシ、マルケスを蹴る!で、マルケスがワールドチャンピオンになったら、更にファンも増えるでしょうね。
シューマッハがそうで温め様に、その後勝ち続けたら、過去の事なんて皆忘れる物です。
シューマッハのあの行動以来、私は彼が何ぼ格好いい事言っても耳に入りませんでした。嫌いになりました。
多分、本当の事を言わないマルケスを今後は応援出来ないでしょう。
マルケスはシューマッハに凄く似てる気がします。
若い天才!

投稿: 吉川 | 2015/11/02 22:11

ジョーカーはマルクマルケス

セパンでは、私にはマルケスにところかまわず吠えまくっている狂犬病のような異常さを感じました。
ロッシがナーバスになり、口撃するは当然であり、チームメイトのロレンソが処分の甘さを嘆いている事もタイトル争いの渦中の人物としては当然の態度だと思う。それだけ、自分達の力ではコントロールできない≪運≫が勝敗を決するシビアな戦いである表れだと思っております。

そんな感じでロッシとロレンソの勝敗の成り行きを興味を持って観戦しておりました。ですから、マルクのあの執拗な走りは異常に思えたのです。抜け切れるなら抜けきれ、抜けきれないのなら後ろで時期を見ろと苦々しく観ておりました。それと同時にロッシはマルクにブロックを仕掛けるだろうと。いつ仕掛けるかなと。

レースの流れから考えますと、マルクが全面的に非があると思うのです。あの走り自体は終盤に行う走行であって、序盤にあの走りはどうなんでしょうか。疑問に思います。
状況を弁えず、単に意地を張ったマルクの幼稚な精神構造がもたらした悲劇だと思います。
ロッシにはマルケスを転倒させる意思はなく、ブロックをしたかっただけで、この行為はレースでは当然の戦法だと思います。
運悪く、マルケスが転倒してしまった。こうなってしまえば、何らかの処分を下さないといけなくなりますよね。
ロッシはジョーカーマルケスを引いてしまったのです。

このままロッシはタイトルを取り損なうとすれば、「時の運」、「時代の流れ」には立ち向かうことは出来ないと言う事と私はそう理解します。逆にバレンシアで勝つことができたら、ロッシの運は相当のものだと。勝敗を決するのは≪運≫です。ライダーとして全力尽くし、≪運≫という目に見えない力を味方にできる判断を下すことが出来るか。最終戦は見どころが沢山あります。
最終戦、ジョーカーマルケスのカードを引くのは一体誰か?
バレンシア最終周の最終コーナー。ジョーカーマルケスにより、ロレンソ転倒って事も大いにあり得る。
Gpライダーの強烈な執念、意地、誇り、自尊心これらがもたらす結末はどんなものか。最終戦は楽しみです。

投稿: gsx1400 | 2015/11/03 22:32

こう言う時にこそシュワンツ、レイニー、ガードナー、ローソン、ミックの見解が聞きたいものです。妙にしがらみがあると強く言えないものですが、ここで誰か説得力のあるライダーに一発決めてほしいですね!マルケスは自分から向かっていっておいて何を言っているのでしょうか?ロッシが膝を出さないと共に転倒もありえる状況でしたよね。(それが狙いだったかも)バイクのレースではスリップが効いてそれから出るときは意識して外に出ないと風が巻き込みバイク同士が引き寄せられます。スピードは関係ありません。(経験されたことがある方は分かると思います)分かりやすく言えば、高速道路で隣の車線を大型トラックに勢い良く抜かれると抜かれた側の方に必ず引っ張られます。自分はバイクのレースが大好きです。マルケスの様に自分勝手なライダー正直嫌いです。ラタパーに怪我をさせたり…ペドロサにあててチャンピオンシップから引きずり落としたり…責められると会見で泣いてみたり…早いのは認めますが、やっぱり好きにはなれません。

投稿: 佐々木勇 | 2015/11/04 17:49

レジェンドライダーのマモラさんの意見に賛同ですね。

投稿: ポスター | 2015/11/08 19:00

みなさんバレンシアGPを見ましたか?やっぱりマルケスはやらかしていましたね!あの走りを見て私は腹が立って仕方がありませんでした。純粋に勝ち(勝負)を求めるからこそライダーは輝くのです。本田の中本も稀代のワルですね!ペドロサをもブロックしているマルケスを擁護!ありえません。根が腐ったら何も育ちません。本田宗一郎の魂を受け継ぐはずの者が腐ったTOPでは天国の本田宗一郎さんも呆れている事でしょう。レースを冒涜するな!!とね。

投稿: 佐々木勇 | 2015/11/09 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/62549800

この記事へのトラックバック一覧です: ロッシへのペナルティについてレースディレクターが説明:

« 2015セパン MotoGP木曜まとめ:ロッシ対マルケス-巨人たちの戦い | トップページ | 公式リリース>マレーシアGP2015 »