« 宇都宮餃子会のお知らせ | トップページ | ストーブリーグ表2016(2015.10.5時点) »

ロッシにはもうひとつ何かが必要

お久しぶりです。ここんとこ背部痛だのやる気不足だの夏休みだのでさぼっていましたが日本GPを前に気持ちが盛り上がってきました。というわけでMotor Sport MagazineよりMat Oxley氏のコラムを訳出。9月30日の記事ですがライバルのロレンソは先日のトレーニング中に左肩を捻挫。それを見越したような内容。いつもの通り読み応えありです。
============
さて、ここで映画「ジョーズ」のテーマをかけることとしよう。ホルヘ・ロレンソがヴァレンティーノ・ロッシに迫ってきたのだ。ロッシのリードをアラゴンで9ポイント差まで削ったロレンソは、このペースで行けばフィリップアイランドでランキングトップに立つことになる。そして残りはセパンとヴァレンシアの2戦だ。

ロッシはしかしこの時がくるのを覚悟していた。これが初めてのことではないのだ。2009年、ロッシはロレンソとケイシー・ストーナーを鮫になぞらえていた。いつでも襲いかかろうと彼の周りを泳ぎ回っていると。

「僕をじっくり見ながら、ちょっとでも血のにおいを嗅ぎつけると『いまだな』ってね。僕が弱みを見せたら一発で噛みちぎられるでしょうね」

それから6シーズンと少したって再び彼は同じ立場にいる。ではロレンソの巻き返しをはねのけるには何が必要になるだろうか?

ロッシはこれまで何度も復活を遂げ、そのたびに見事に環境に適応してみせた。つまりまだ終わったわけではないということだ。残りコンマ数秒を縮めるための彼の努力が終わることはない。

アラゴンでの週末、ロッシはこう語っている。「チャンピオン争いは重要な局面にきてますね。」いつでも自分のライディングスタイルを改善しようとしてるんです。マシンのどこに乗るかとかブレーキングのやり方とか、とにかく何もかもね。ここ最近MotoGPではこうしたことがすごく変わってきてるんですよ。ホルヘもマルク(マルケス)もレベルをどんどん上げてきているからそれに遅れをとらないようにしないとね。でないと取り戻すのに相当苦労することになりますから」

日曜のレースではマルケスが早々にリタイヤしたためロッシはロレンソだけに集中することができるのだが、この2レースの展開は彼の思うとおりにはなっていない。「ここんとこホルヘはまた一段階上に行きましたよね。技術的にはあんまり変わってないけどモチベーションも集中力もすごくなってる。ほぼ100%の集中力を出せてるんじゃないでしょうか。だからいつも強いし速いんです。
 セッティング能力も上がってますね。だからプラクティスや予選でもトップ争いができる。だから僕に必要なのはスピードを上げることと、それとプラクティスでのセッティングを良くしていくことでしょうね。そうすれば最前列からスタートできますから。そしたらあとはレースだけですしね。けっこうたいへんですね。もちろん心配してますよ」

この2戦、ロレンソの何が変わったというのだろうか?ロレンソは言う。「前はわからなかった速く走るためのあることがわかったんですよ。今はちゃんとわかるようになったんです」

それはなんだろうか?私はあえてたずねてみた。

「いい質問ですね!でも答えませんよ」

ではなぜ彼はそれがみつけられたのか?ロレンソはかなりの時間を父チコとのトレーニングに費やしてきた。そして父子は静止したマシンの上でのライディングポジションをわずかに変更したのだ。もっと重要なのは精神的な部分を少しだけ変更したことだ。これこそトップシークレットだろう。

ロッシはロレンソが速くなったと言っている。そう言わざるを得ない状況だったのだ。ロッシはこの2戦ほど天の恵み、例えばシルバーストンやミサノのような雨や、レプソルホンダの2台、予想もしなかった混乱といったことを期待せざるを得ないところまで追い込まれているのだ。誰もいないコースでのロレンソの速さはそれほど圧倒的なのだ。10回目の世界チャンピオンを獲るには「何か」を待つしかないのである。

とんでもない何か偶然が起こらない限りこのバトルは続くだろう。そしてその結果はおそらくロレンソがトップでシーズンを終えることになると私は考えている。崖に立ってつま先立ちで回るバレエダンサーのようにだ。ロッシはあとコンマ数秒をなんとかしようとしながらその後ろからのろのろやってくることになるのだ。

次の戦いはもてきが。2010年には二人がチームメイトとして過ごした7年間で最高のバトルを繰り広げた。初のMotoGPタイトルがかかったせで失うものが多かったロレンソに、ムジェロでの骨折でチャンピオン争いから脱落し失うものが何もない状態のロッシが挑んだのだ。ホンダのホームコースで行われたきわどい接触を繰り返しながらの戦いの勝者はロッシだった。彼はロレンソのコーナリングスピードをブロックラインで抑えきったのである。

ロレンソはそのロッシのライディングにかなり怒っていた。5回もチャンピオンをもたらしてくれたロッシだがさすがのヤマハも彼に苦言を呈したほどである。後にロッシは言っている。「もっと慎重に走るようにヤマハに言われたんだよね。だからいつもより慎重に走ったよ。ロレンソを負かすためにね!」

おそらくロッシと彼のチームは何か驚くようなことをやってみせるだろう。彼らは再びロレンソと肘を当てあうような戦いをするつもりなのだ。ロッシのチーフメカであるシルヴァーノ・ガルブゼラがロッシ好みの素晴らしいセッティングを発見するかもしれないし、データ担当のマッテオ・フラミニが才能を発揮して新たなアルゴリズムを見つけるかもしれない。ことによったらロッシ担当のオーリンスのメカであるマイク・ノートンがどこかを何ノッチかいじってみせるかもしれない。

しかし日本GPが天候に恵まれてなんの事故もなければロッシのチャンスは小さいだろう。まずもてぎがストップ&ゴーのレイアウトで燃費にもっともきついサーキットであることを思い出そう。ロッシはロレンソより背が高く体重も重い。さらにスロットル操作もアグレッシブだ。つまり燃費に厳しいのである。そうなるとヤマハは燃調を薄目にするだろうし結果として馬力もコーナー中盤でのスロットルレスポンスも犠牲にすることになるだろう。

もし来年だったらロッシはこうした問題に頭を悩ませることもなかったはずだ。燃料は現在のあり得ないほど少ない20Lから24Lまで増量されすのである。4Lも増量されればタイトルはロッシのものになるはずだ。

かつてあったようにマルケスやダニ・ペドロサがロレンソの超スムーズなコーナリングラインを邪魔してロッシの味方になるというのも考えにくい。ヤマハはホンダのアドバンテージを打ち消してしまっているからだ。M1のスタートはすばらしい。既にRCVのローンチコントロールより良い制御をしているのだ。おかげでロレンソはこれまでの6勝すべてでホールショットを奪っているのである。さらにM1のブレーキングもRCVを上回っている。ブレーキングでのリアのグリップが優秀なのだ。そのためマルケスがヤマハについていくためはフロントに加重せざるを得なくなっているのである。

しかしロッシがどうやってか、なぜかチームメイトであるロレンソについていけたとしたら、ポイント差を広げるチャンスとなるだろう。バトルになればロッシのライディングテクニックと固いサスがでロレンソのスムーズなライディングとソフトなサスセッティングを打ち負かすことができる可能性もあるのだ。

しかしロッシに本当に必要なのはちょっとした奇跡である。もてぎに小さな台風がくるとか、直球勝負でなくなるとか、とにかく何かロッシに有利になるようなことだ。これまでのもてぎの結果を見るとロレンソが有利に見える。彼らが同じマシンで戦った5回のうち(つまりロッシのドゥカティ時代を除くと)ロレンソが前でゴールしたのは3回、ロッシは2回である。

しかし2014年の最後の3戦だけみると話が違ってくる。もてぎではロレンソはロッシの前でゴールしたがフィリップアイランド、セパン、そしてヴァレンシアではロッシがロレンソを上回っているのである。
============
ああ!台風まで予言しなくても…。

|

« 宇都宮餃子会のお知らせ | トップページ | ストーブリーグ表2016(2015.10.5時点) »

コメント

いつも興味深い記事のチョイスありがとうございます。

署名記事ってライターのニュアンスも楽しみの一つですよね。
欧米のライターさんはそこらへんがうまいし、モータースポーツ記事でありながらユーロっぽい小洒落た表現があったりで。
翻訳する方のセンスがいいから、そういうことが伝わってきて楽しいです。
お忙しい中の更新大変でしょうが、楽しみにしております。
がんばってくださいね。

おっと肝心の記事について・・・なんかもう天王山の頂上に差し掛かったとこまでくると、分析とか予測とかできなくなりますね。
とにかくファンとしては見届けるだけというか。
ホルヘの怪我がひどくないことを心から願ってます。
Venga!Jorge!

投稿: りゅ | 2015/10/06 10:32

もてぎはマルケスvsロレンソになりそうな予感。
今年のマルケスは失うものがないですからね。
ロッシのドライについての走りですが、セパンやフィリップアイランドは得意なので、ロレンソが絶対勝つとも限らないのではないかと予想します。
茂木とバレンシアでは、なるべくロレンソの直後の順位でポイントのダメージを最小限に止めたいところなんじゃないでしょうか?
マルケスの順位が2人のポイント争いに大きく影響しそうな終盤戦ですね。

投稿: 結石 | 2015/10/07 01:13

>りゅさん
 お待たせしました。なんか海外の人って比喩とかが日本のことわざみたいな感じで定型文としてあるんじゃないかと思うのですが、このあたりの訳し方はいつも苦労します。もとの表現とわかりやすさの狭間で悩むんですよね。
 そして日本GP!とにかく天気さえよければホルヘが勝ちそうなんですが、ペドロサも応援したいし、悩ましいです!!

投稿: とみなが | 2015/10/09 00:23

>結石さん
 そこでダニがわって入って優勝して、ロレンソ2位、ロッシ4位あたりが今のところの私の予想ですね。

投稿: とみなが | 2015/10/09 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/62418037

この記事へのトラックバック一覧です: ロッシにはもうひとつ何かが必要:

« 宇都宮餃子会のお知らせ | トップページ | ストーブリーグ表2016(2015.10.5時点) »