« ロレンソ:ロッシこそがアッセンの正当な勝者 | トップページ | 公式プレビュー>ドイツGP2015 »

ヴァレンティーノ・ロッシへのインタビュー

アッセン後のロッシへのインタビューです。Cycle Worldより。
============
ありがとうヴァレンティーノ・ロッシ。ありがとうアッセン。他にどんな言葉があるだろうか?他のどんなスポーツも先週末のアッセンTTのようなレースの興奮を死ぬほど提供したがっているのだ。ロッシがマルク・マルケスとの歴史的な戦いの末に勝利を飾った。10万人の観客は大興奮だ。ロッシ対マルケス、ヤマハ対ホンダ、旧世代対新世代。

Cycle World:マルケスを破ってポイントリードを伸ばせたことについてはいかがですか?

ロッシ:本当にうれしいですね。最終シケインでマルクを破ったってのでさらに気持ちいいですよ。週末はずっといい調子できていて、ここまで高いレベルで戦うには最高の状態でなければならなかったんです。最初にポールの手応えを感じたのは金曜ですね。アッセンまではポールを一回も獲れてなくてロレンソは7回もとっていた。恥ずかしかったわけじゃないですけど、それでとにかく追い上げのレースばかりでしたからね。フロントローからスタートできればいろいろ楽になりますし。ポールポジションを取れたのは本当に気持ちよかったです。ポールからスタートしてホルヘは8番手からでした。これまでの4レースはいつもホルヘの後ろからのスタートだったんで今回はとにかく逃げてギャップを広げようと考えてましたね。良いペースで走れたんだけどマルクから逃げられるほどではありませんでした。限界まで攻めたんですけど彼はついてきた。で、最終シケインに入ってったわけです。


Cycle World:マルケスはレース中にずっとシケインについて研究しながらインに突っ込むための正しいラインを練習していたと言っていますが、あなたがコーナーをショートカットすることまでは考えていなかった。あなたは何を考えていたんですか?

ロッシ:マルクとの戦いでは最終シケインが勝負だとは考えてましたね。あの手のコーナーはマルクとホンダ向きですから。いつも突っ込みが厳しくて、しかもレース中に僕のライディングを研究できた。だから僕も全力を尽くしたんです。で、右にリーンして膝を擦ったときに「勝てた」って思ったんですよ。でも彼が追いついてきて僕に接触した。だからコーナーをショットカットしなきゃならなかったんですが、でもグラベルでマシンをコントロールできたのはラッキーでしたね。グラベルがどれくらい深いかなんてわからないですから。


Cycle World:シケインをショートカットしてゴールラインを通った時、ルール違反をしちゃったなって思いましたか?

ロッシ:またレースのビデオは見るつもりですけどそんなこと考えもしなかったですよ。だって彼が僕をグラベルに押し出したんですから。僕にはほかにどうしようもなかった。去年は最終ラップで彼を負かすことはできなかったし、それは主に技術的なことが原因だったんです。彼はいいパッケージを手にしていて、それで誰にも負けない強さがあった。今年はM1もかなり良くなっています。ホンダは2014年型フレームに戻したけど僕らは前に進んでるんです。74ポイントも差をつけられてうれしいですよ。だってドイツではうちはあんまり良くないですから。


Cycle World:前回ポール・トゥ・ウィンを決めたのは2009年のサンマリノGPでした。

ロッシ:今日は「ロレンソスタイル」で走らなきゃならなかったんです。で、それがうまういった。まあホルヘだったら先に行っちゃって4秒くらい差をつけて勝っちゃうんですが、今回の僕はマルクから逃げられなかったですけどね。


Cycle World:このレースがシーズンのターニングポイントになるんでしょうか?

ロッシ:これはバルセロナでの努力の結果でもあるんです。セッティングで重要なポイントをみつけられたんです。でもいちばん大事なのはアプローチを変えたことですね。アラゴンでテストした新型フレームも&バンテージなってます。乗りやすくなったしタイヤがたれたときのグリップが改善されてるんです。だからアッセンに入った時点でもう基礎は出来上がってたんですよ。最初のプラクティスから速かったんで、あとは細かい部分を詰めていくだけですんだんです。予選でうまく走るのが目標だったんですよ。そこがホルヘと比べた時の僕らの弱みでしたからね。毎レース結果は違うでしょう。ザクセンリングではロレンソも速いでしょうし。


Cycle World:ここでロレンソに10ポイント差をつけられたというのはどれくらいチャンピオン争いに重要なんでしょう?

ロッシ:大事なのはメッセージを出せたってことですね。ホルヘは序盤で苦労していた。でも全力を尽くして僕に追いついてきた。また彼は追う立場になったということです。でもまだ10レースも残っているんだからチャンピオン争いはどうなるかわかりませんよ。


Cycle World:ホルヘ・ロレンソとの関係はどうなんですか?

ロッシ:最初はうまくいってなかったですよね。2009年の時はこんなに若くてしかも強いライダーとヤマハが契約するのが気に入らなかったんです。でも今は何もかも変わっています。僕らも大人になりましたし。みんな彼の役割と立場を理解してますしね。そこははっきりしてるんです。僕らは一緒にがんばってマシンを開発している。そして、もちろんどちらも強いライダーだし。どちらも勝ちたがっているってことなんですよ。


Cycle World:昔はコース外でもライバルに勝とうとしてましたよね。心理的なプレッシャーをかけたりして。今でもそういう戦略をとってるんですか?

ロッシ:ここ何年かで変わりましたね。勝利のお祝いの方法も変わりましたし。今はとにかく強い、そして速いライダーでいるために集中しています。あと楽しむこととね。新世代のライダーに対してはストップウォッチで勝負しようとしてるんです。コース上で彼らより速くはしらないといけないんですよ。


Cycle World:まだ強いライダーで、体力的にもいい状態ですし10回目のチャンピオンに手が届きそうなところにいます。どうやってモチベーションを維持してるんですか?

ロッシ:すごく良い状態ですし、若い子たちと戦うのがモチベーション維持の秘訣ですね。ホルヘもそうですが僕らはいいシーズンを過ごしています。マシンのフィーリングもいいですしね。


Cycle World:本当にコース外ではなんにもしないということでいいんですか?

ロッシ:レースに集中してるし、楽しんでますからね。タイトル争いがまたできるなんて最高ですよ。


Cycle World:今晩はお祝いの時間もありませんね。グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの公式ディナーに出席するんですよね。

ロッシ:マーチ卿が招待してくれたんたですよ。ヤマハの60周年記念もあります。M1に乗って、あと古い車にも乗せてもらえることになってるんです。楽しみですね。
============
グッドウッドではマズダ787Bをドライブしてるんですよね。

そして、やっぱり過去はコース外の心理戦をやってたってことかー。

|

« ロレンソ:ロッシこそがアッセンの正当な勝者 | トップページ | 公式プレビュー>ドイツGP2015 »

コメント

いつも翻訳ありがとうございます。
心理的攻撃については話を逸らしていますねw
しかしポールを取ってしっかりプレッシャーをかけてる。
ほんとレース職人だなぁと感じます。

投稿: ryo | 2015/07/03 17:24

>ryoさん
なかなか味わい深いインタビューですよね。なわか今年はチャンピオンが本当に見えてきたあたり、とてもおそろしいです。

投稿: とみなが | 2015/07/04 17:00

私の夫がいつもいう言葉。
『GPの神様ありがとう』ww

投稿: りゅ | 2015/07/08 15:51

>りゅさん
 本当にロッシがいなくなったらどうなっちゃうんでしょうねえ。ま、シュワンツやレイニーがいなくなっても楽しめる日々が続いたってのは確かなので、それはそれでいいのかな?

投稿: とみなが | 2015/07/09 20:30

「同じマシンに乗ってロッシを破った唯一のライダー」
ロレンソを語る上で、これは絶対に欠かせないことですよね。
僕もロレンソ好きです。
昔は、やはりロッシでしたけど。
ロッシのチームメイトにして敵役ですからねw
人気の多勢を占める向こうのことを考えると、少々分が悪いと思います。

ロレンソはライディングフォームがとても美しいですよね。
ブレーキングで少し上体をオフセットしながら起こすとことか、無駄な動きが一切なく全てが流れるようにスムーズ。
昔のローソンやロバーツを見ているようです。


さて、レースを重ねる毎に二人の一騎打ちの構図が明確になってきましたね。
ワンミスがチャンピオンシップに大きく影響してくる状況になるでしょうか。
この戦いに影響を与えるのは、やはりマルケスだと予想しますが、調子を上げてきたペドロサも侮れない気がします。

投稿: motobeatle | 2015/07/12 13:30

前文、「ロレンソのインタビュー」と間違えました。
失礼しました。

投稿: motobeatle | 2015/07/12 19:55

>motobeatleさん
 どっちでも大丈夫なコメントです(笑)。

投稿: とみなが | 2015/07/13 19:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61828358

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァレンティーノ・ロッシへのインタビュー:

« ロレンソ:ロッシこそがアッセンの正当な勝者 | トップページ | 公式プレビュー>ドイツGP2015 »