« 公式プレビュー>ドイツGP2015 | トップページ | 鈴鹿8耐観戦会のお知らせ »

ホルヘ・ロレンソへのインタビュー

ザクセンリングでは苦労するかもしれないけど、タイトル獲得に野望を燃やしているロレンソへのインタビューです。Cycle Worldより。
============
ヤマハのMotoGPライダー、ホルヘ・ロレンソのゴールはひとつ。三度目のMotoGPタイトルを獲得し、過去20年間で最強の3人のライダー、ヴァレンティーノ・ロッシ、ケイシー・ストーナー、マルク・マルケスを破った男としてMotoGPの歴史に名を刻むことだ。2015年も半分を過ぎ、MotoGPタイトル争いはヤマハの2人、ロレンソとロッシに絞られた。

Cycle World:ご自分のことをツイートで表現するとしたら?

ロレンソ:好奇心、完璧主義、安定性。ディーゼルエンジンみたいな感じで、レースは最後まで力を尽くす。マラソンで言ったら後半1時間の方がいいって感じですね。


Cycle World:マシンは?

ロレンソ:正確、スムーズ、いいフレーム、スムーズなエンジン、戦闘力あり。過去7年の成績を見てください!


Cycle World:ご自身はこれまでになく強くなっていると思いますか?

ロレンソ:去年はドイツGPからヴァレンシアGPの間を見れば僕がいちばんポイントを稼いでいるんです。今年のヤマハ−ロレンソコンビは今までになくいいですよ。マシンの戦闘力があるおかげで4連勝もできました。去年と同じように準備してきたんですが、より技術的な面で磨きがかかってますね。ヴァレンティーノと合わせれば8戦中7勝ですしね。序盤ではいくつか問題があって自分の本当のポテンシャルを発揮できませんでした。カタールではヘルメットにトラブルが出たし、テキサスでは体調に問題を抱えていたし、アルゼンチンではタイヤ選択を間違えた。でも技術的なパッケージという意味では改善されてきてるんです。


Cycle World:ヤマハはホンダより良いマシンということですか?

ロレンソ:そこまでは言えないですね。ヤマハ以外に乗ったことがありませんから。全体を見てみないといけないんです。カタールではマルク(マルケス)が1コーナーでまっすぐ行ってしまった。彼もあそこでは勝てたかもしれません。カタールでは彼が勝って、アルゼンチンでも最終ラップでクラッシュするまではトップだった。ヘレスでは2位に入っていて、ルマンでは苦労したけどそれでも彼は速くてポールを獲ってる。ムジェロも13番手スタートだったのに2番手まで上がってきた。クラッシュしちゃいましたけどね。モンメロでは彼は僕の後ろでクラッシュした。パドックで言われるほどマシンが悪かったらそんなリザルトは出せないですよ。問題は3回もクラッシュしていることなんです。それがタイトル争いから脱落した原因ですよ。


Cycle World:ヤマハの一番の強みはなんですか?

ロレンソ:去年僕らはブレーキングで遅れをとっていました。コーナリングスピードと加速ではホンダに0.1秒から0.2秒の差をつけられるんですけどブレーキングで0.2秒とか0.3秒遅れてしまう。で最終的にラップタイムが劣っていたんです。今年はコーナー進入が良くなってるんですけど、コーナリングスピードと加速も維持できてる。だからコーナリングで0.1秒か0.2秒速い上にブレーキングでは0.05秒くらいしか遅れをとらなくなってるんですよ。それが違いですね。まだ足りない部分ですか?もう少し部レーkんぐを良くしたいですね。まだ改善は70%といったところなんです。あと欲しいのはパワーです。すとれーとスピードで5km/hくらい遅いですから。ホンダと同じレベルで戦うためにはここは要改善ですね。


Cycle World:ライバルとしてのヴァレンティーノ・ロッシの一番の強みはなんですか?

ロレンソ:彼は日曜日の男なんです。予選の一発出しよりレースが得意なんですよ。偉大な闘士だし経験もあるしミスも少ない。安定性という意味では僕らは良く似ていますね。僕はレース序盤の速さと予選の一発出しタイムでそれに対抗する感じです。


Cycle World:10年間でヴァレンティーノとの関係はどう変わりましたか?

ロレンソ:僕らは2人ともチャンピオンで、どちらも強烈な個性を持っています。どちらも勝ちたいしお互いを倒したい。僕が2008年にヤマハに加入したときのヴァレンティーノは王様でした。ピットでもパドックでもね。彼は自分のテリトリーを守ろうとしていて、だから当然いい関係なんて築けるわけがなかったんです。ご存じの通りですよ。3年経って彼がドゥカティに移籍して僕はヤマハで2回タイトルを獲った。彼が2013年に戻ってきたときには状況が変わっていたんです。友達だとは言えないで好けど、お互いにかなり尊重しあってますね。パドックで友情なんてあり得ないんです。僕らはタイトル争いをするためにここにいるんですし、ヤマハも勝つためにここにいるんです。


Cycle World:マルク・マルケスがMotoGPにやってきたことで46番との関係が良くなったという面はありますか?

ロレンソ:あるいみそうですね。2013年には僕らはマルケスを倒すためにM1を良くしようとかなり一緒にがんばったんです。どちらも同じようなライディングスタイルを持つ正確性を重んじるライダーですから、抱える問題も似ているんです。おかげでマシン開発もうまく進むんですよ。今年はちょっと状況が違いますけどね。ヤマハの2人がタイトル争いをしている。でもマルクが戦闘力を取り戻すだろうことは忘れちゃいけませんね。


Cycle World:同じマシンに乗ってロッシを破った唯一のライダーですよね。

ロレンソ:コース外では僕らは全然違う個性を発揮してるんですけどね。ヴァレンティーノはたくさんのファンに囲まれて、パドックの王様なんです。でもだからといって僕は自分のやり方を変えるつもりはない。逆にコース上では僕には彼にない強みがありますからね。8歳も若いんですよ!僕がヤマハに加入したときはまだ20歳だったんです。そのときヴァレンティーノのレベルに達するには8年かかることはわかっていました。すべてのプレッシャーは彼に集中していたんです。それからあっと言う間でしたね。最初のレースでポールを獲って3回目のレースで初優勝した。思ったより早く結果がついてきたんです。おかげでかなり自身はつきました。ちょっと自身を持ちすぎたかもですけど。実際最初の年は何度もクラッシュしましたからね。ミシュランタイヤの特性がわかりにくかったってのもありますし、まだ若かったってのもあります。もし当時ヴァレンティーノに勝てたとしたらそれはプレゼントみたいなもので、もし勝てなくてもそれが当然だったんです。でも自分には時間があるってわかって、そこから変わりましたね。とは言えいつでもスロットルをどんどん開けて前に行こうとはしてますが。


Cycle World:人間としてはどう変化しましたか?

ロレンソ:人生においていろんな経験をすると人は変わっていくものなんです。人としてより成長できるんです。前より寡黙になりましたね。若かった時みたいにすぐ怒るんじゃなくて、今みたいな方が心地いいんですよ。
============
ロッシとの関係はロッシが言っている通りなので、お互い目標のためにうまくつきあってるってことですね。

|

« 公式プレビュー>ドイツGP2015 | トップページ | 鈴鹿8耐観戦会のお知らせ »

コメント

それ以上でなくそれ以下でもなく。
ありのままの気持ちを述べているインタビューに思えます。
ホルヘは自制するあまり当たり障りのないコメをするという人や、愚痴っぽいという人もいますけど、私はメディアに対して構えない人だと感じています。
だからちょっとハラハラするくらいオープンに話すというか。
完璧主義といいつつパーソナリティはとてもナチュラルなんではないかなぁ、と勝手に感じています。

自転車以外の2輪レースにまったく興味がなかった私を、今やどっぷりハマらせてくれたホルヘくん。
美しいライディングに惚れ込んでしまいましたが、そのキャラクターにも年甲斐もなくキュンキュンですwww

ザクセンリンクFP3はマルクに迫ってますね。
さあ予選楽しみです!

投稿: りゅ | 2015/07/11 18:33

>りゅさん
 ををー、たぶん数少ないホルヘファン!なんか見捨てられないかわいさがあるんですよね。実はダニと合わせて応援しているのです。

投稿: とみなが | 2015/07/11 21:24

>とみながさん
確かにホルファンって少数派なんですねぇ。
私の周りにもほぼいません(泣)
でも「実はオレ好きだったりするんだよね」という隠れファンはけっこういたりする。

ほんと可愛いオトコなんですよねww
近寄りがたい存在感やクールさはあっても、どこか愛嬌があるっていうか・・・
でもバイクを駆るとどこまでも孤独に突き抜けていってしまう姿にもうゾッコンですw

実は私もダニとホルへのガチバトルを一番楽しみにしてるんです。
2013年の最終戦以降ご無沙汰ですし。
なんだかんだいってもホルへとダニこそ宿命のデュエリストだと思います。

すみません。
つい調子に乗ってホルヲタ節をがなってしまいましてww
なかなか語れないのでつい・・・
お許しを!

投稿: りゅ | 2015/07/12 00:00

>りゅさん
 確かに隠れファンが多そう!思う存分語って下さい!

投稿: とみなが | 2015/07/13 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61872255

この記事へのトラックバック一覧です: ホルヘ・ロレンソへのインタビュー:

« 公式プレビュー>ドイツGP2015 | トップページ | 鈴鹿8耐観戦会のお知らせ »