« 2015アッセンMotoGPレースまとめ(その1):ロッシ vs マルケス | トップページ | ヴァレンティーノ・ロッシへのインタビュー »

ロレンソ:ロッシこそがアッセンの正当な勝者

レース後の記者会見では「僕はわからないよ」とか言ってたロレンソですが、映像を見たら意見がはっきりしたようです。CRASH.netより。
============
ホルヘ・ロレンソはモヴィスター・ヤマハのチームメイトであるヴァレンティーノ・ロッシこそがアッセンで行われたダッチTTの正当な勝者だと言っている。アッセンではマルク・マルケスとシケインで接触したロッシが勝っている。

シケインのブレーキングで抜きにかかったマルケスに接触された後、ランキングトップのロッシはM1を起こしアクセルを開けてグラベルを突っ切ってそのまま勝利を挙げた。

レース後の記者会見でロレンソはこの件に関して意見を表明するのを挙止したが、何度もリプレイを見返した後、ロッシには他に選択肢はなかったのだと言っているのだ。

「確かにレース後は何も答えられなかったですけど、レースではその場面を見てなかったからなんです」とロレンソは言う。

「何回か見た後では正直言ってあそこでグラベルにまっすぐ入っていくってのは無しだとは思いますけど、マルケスの接触もすごかったですからね。
 ヴァレはトップでシケインに入ったんだから、僕としては彼が今回は勝って良かったと思ってます」

ロレンソは4連勝を狙っていたが結局3位に終わってしまった。しかし二度のMotoGPチャンピオンを経験している彼はMotoGP.comに対して来週のドイツ・ザクセンリングではさらにポイントを稼いでいきたいと言っている。ただし彼はザクセンリングでは未勝利である。

「毎年初勝利を挙げようと思いながらいくんですけど、まだ実現してませんね。あそこは他に得意なライダーがいるんですよ。ペドロサとかね。あとマルケスもそうですよね。
 ホンダ向きなんですよ。ストップ・アンド・ゴーのサーキットで低速コーナーが多いですから。うちのマシンがちょっと遅くなっちゃうんです。得意の高速コーナリング性能を発揮できないんですよ。
 何度か2位には入っているし勝てそうなときもありました。だからどうなるかわからないですよ。今年こそ勝てるかもしれない。
 アッセンでは苦労しましたね。特に2つのセクターでだめだった。でも3位にはなれたわけだし、ヴァレンティーノとのポイント差もそれほど開かないで済みました。
 ですから次のドイツではもっとうまくやりたいですね」

そしてロレンソはヤマハの新型フレームについても語っている。アッセンではロッシもロレンソも使っているのだが、ヤマハライダーなら誰にとってもいいものになっているという。

「みんなにとって良いフレームですよ。リアがタレ始めたときのトラクションが少し良くなっているんで、ありがたいですね。
 大きな差じゃないですけど、ちょっと良くなっていて、それですこしだけアドバンテージが生まれるんです」
============
確かに次のザクセンリングでは苦労しそうですが、誰が勝とうがロッシの前でゴールするのが重要!

|

« 2015アッセンMotoGPレースまとめ(その1):ロッシ vs マルケス | トップページ | ヴァレンティーノ・ロッシへのインタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61828079

この記事へのトラックバック一覧です: ロレンソ:ロッシこそがアッセンの正当な勝者:

« 2015アッセンMotoGPレースまとめ(その1):ロッシ vs マルケス | トップページ | ヴァレンティーノ・ロッシへのインタビュー »