« マシンの進歩が腕上がりを起こしているのでは、とマルケスとロッシ | トップページ | 公式リリース>オランダGP2015 »

人は一生のうちに平均何回入院するか?

ちょっと気になったのでざっくり計算してみました。

計算方法は

Σ(年齢階級別人口当たり退院患者数)

となります。
要するに、ある年齢階層(1-4歳とか)にいる間に退院患者となる期待値(=入院回数の期待値)を算出して、それを一生分(85歳まで)足したらどうなるかという計算。

計算の前提はこちら。
(1)入院回数=退院回数
(2)性・年齢5歳階級別の人口当たり退院患者数は将来的に変動しない
(やや思い切った前提ですし、本来は疾患別にやった方がよさそうですが、とりあえずめんどくさいので)

→計算表(エクセル)ダウンロードはこちら: admi_expect_150521.xlsx (287KB いろいろおまけでメモとかついています)


<結論>

84歳までに入院する期待値は男性10.9回、女性9.2回

ええーっ!って思いますよね。周りを見てもそんなに入院したことのある人っていない感じだし。

そこでお友達のドラえもん石川ベンジャミン光一先生(国立がん研究センター)にヘルプをお願いしたところ、こんなグラフをいただきました(DPC全国データ1年分なので、ある1年に何回入院したかを示しています)。

「患者数」
Patients

「延べ入院回数」
Num_admission


以下、石川先生とのやりとりの結果出てきた考察。


感覚とのずれは以下の理由によるのではないか。

(1)確率ではなく「期待値」と考えるべき?

 人生で10回というのは平均回数なので、入院「確率」ではなく入院回数「期待値」と考えると腑に落ちそう。つまり入院って2回以上の入院も結構あるのに、同じ疾患での入院は何回しても1回としか頭の中でカウントされてない可能性。
 
(2)1回入院するとその人の入院確率が跳ね上がるので、入院する人は何度もするけど、1回もしない人はしない
石川先生からいただいたグラフを観察すると、例えば40-49歳で
 
 a)1年間に1回でも入院を体験したことのある人:31万人(←患者数のグラフから目検討)
 b)40-49歳人口:1767万人(←総務省人口統計H24.10.1現在)
 c)40-49歳の人が1年間に1回以上入院する確率:1.75%(←a÷b)
 
 って結構確率が低いんですが、
 
 1回目の入院をしたことがある人がその年度内(1年以内ではなく、年度内でOKですよね?)にもう1回以上入院する確率=40-49歳の全患者数に占める2回以上入院患者数割合:15%(←患者数のグラフから目検討)
 
と8-9倍に確率が跳ね上がっています。
 
あとはスケールが小さくなるのを目検討で測っているのでどんどん精度が落ちますが、
 
2回目の入院をしたことがある人がその年度内にさらに入院する確率=30%くらい
3回目の入院をしたことがある人がその年度内にさらに入院する確率=45%くらい
4回目の入院をしたことがある人がその年度内にさらに入院する確率=75%くらい
 
と確率が上がっていってます。これは年度内に限ったデータなので、「1年以内の再入院確率」とすれば、もっと数字は大きくなりそうです。
 
つまり入院を体験した人は少ないので周りにあんまりいないけど、1回以上入院するとその入院確率がどんどん上がっていくので、期待値はイメージより大きいということなのかも。
 
(3)この計算方法では時代背景の差は考慮されない

 計算の前提でも挙げましたが、例えば今80歳の人が1-4歳の時を考えると、当時は入院施設も整っていなかったので、これほど入院してわけではなさそう。つまり時代の差による入院確率の差は無視して、とりあえず断面のデータだけで推計しているという限界はありますね。
 
(4)Healthy Worker Effect
 周りに入院したことのある人が少ないのは、そもそも働いてる人の周りには働いている人が多い(つまり入院して働けない人のことは見えない)というのもあるでしょうね。
============
ってなわけで、今後どなたかに生命表みたいな感じで「入院回数表」の年次推移をみながら、その変化の要因について分析するとか、疾患別に分析してみるとかやってもらえないかしらん。
実社会に対するインプリは別途考えなきゃならないですけど。

というわけで、患者調査とか人口統計といった既存の統計データからでも結構いろいろ遊べるというお話でした(DPCの全国データは入手できないですけどね)。

|

« マシンの進歩が腕上がりを起こしているのでは、とマルケスとロッシ | トップページ | 公式リリース>オランダGP2015 »

コメント

この記事を読んで改めて数えてみたのですが、記憶にあるだけでも47歳までにすでに8回入院していましたよオレ!(8回のうち独立してからの17年の間に入院したのは5回)
自営業としては入院なんて死活問題なのですが、何故か入院してる時って仕事が来てなかったりして入院していても(長くて2週間弱ですが)あまり仕事に影響を受けた事が一度もないですね…

考えた方によっては暇になったら入院するようなことが起こるとも言えるのかもしれません。
セカセカ働き続けていた方が身が安全なのか…?

投稿: subLH | 2015/06/30 12:55

>サブさん
えーっ!せんなに入院してるんですね。サラリーマンでもそれは辛そうです…。

投稿: とみなが | 2015/06/30 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61769588

この記事へのトラックバック一覧です: 人は一生のうちに平均何回入院するか?:

« マシンの進歩が腕上がりを起こしているのでは、とマルケスとロッシ | トップページ | 公式リリース>オランダGP2015 »