« 公式リリース>オランダGP2015 | トップページ | 2015アッセンMotoGPレースまとめ(その1):ロッシ vs マルケス »

オランダGPラストラップのロッシとマルケスの接触に関するレースディレクションの見解

最終ラップの最終シケイン、最初の右でインにねじ込んだマルケスに当てられてアウト側にはじき飛ばされたロッシですが、そのままなんとなく左コーナーをショートカットしてトップでゴール。特にマルケス側からも抗議が出なかったようですし、審議もなしということで結果はそのままですが、レースディレクションがこの件について説明してくれています。CRASH.netより。
============
MotoGPのレース・ディレクターであるマイク・ウェッブが、アッセンの最終ラップにおけるヴァレンティーノ・ロッシとマルク・マルケスの衝突をレーシングアクシデントと判断した理由について説明してくれた。

優勝争いをしている2台。最終のシケインでマルケスはポイントランキングでトップに立つロッシを抜こうとした。右・左・右と切り返す最初の右で2台が接触すると、ロッシはコースを外れてしまい、残りのコーナーをショートカットしたままコースに戻りマルケスに1.2秒の差をつけてトップでチェッカーを切ってしまう。

この件に関する2人の意見はずいぶん違うものだ。

ロッシはこう言っている。「僕としては自分が前にいたわけですしマルクが僕のマシンの真ん中辺りに当たってきたんですよ。おかげでコースアウトしてしまったんです」

一方のマルケスはこう言う。「最終シケインは完璧に把握していたんです。どうやって正しい場所にバイクをもっていくかわかっていた。まあでも仕方ありませんね。彼がショートカットするなんて思ってもみませんでしたよ!最終的に勝ったのはこっちだと思ってますよ」

接触がなければどちらが勝ったかと問われたロッシは「前にいたのは僕ですからね」と答え、マルケスは「インにいたのは僕ですよ!」と答えている。

レースディレクションの判断はこうだ。判断を決めたのは接触が怒った時点で前にいたのがロッシだということである。

マイク・ウェッブはCRASH.netにこう説明してくれた。「すべてのカメラアングルからチェックしました。その結果レーシングアクシデントであるという判断になりました。あれでロッシが有利になったわけではない、ということです。決め手となったのはヘリコプターからの映像です。すべての場面でヴァレンティーノが前にいたということがわかりました。ですからヴァレンティーノにラインを選ぶ権利があったということです。
 ヴァレンティーノが前にいて、彼はそのまま抜かれることはなかった。2台が右コーナーのクリッピングにきたときにマルクがヴァレンティーノに接触して、ヴァレンティーノがアウトに出てしまった。つまりそれはレーシングアクシデントで、仕方のないことだったんです。
 あれがかなり無理が追い抜きで接触があったということ、他のライダーをラインからはじきとばしてはいけないということ、この2点が考慮されました。最終的に一連のコーナーに入ったときと同じ順番で出てきたということで、別に誰かが得をしたということではない。そういうことなんです」
============
マルケスの「まさかショートカットするとは思わなかった」ってのが本当のところなんでしょうね。その斜め上を行くロッシの恐ろしさってことでしょう。

|

« 公式リリース>オランダGP2015 | トップページ | 2015アッセンMotoGPレースまとめ(その1):ロッシ vs マルケス »

コメント

素晴らしい褒め言葉だわw

投稿: ひろむ | 2015/06/28 19:22

面白かったですねー。新旧のバトルキングの争い。個人的には、マルクもいつものように笑いながら流して欲しかったんですけど、今回は少し頭にきてたようですね。接触ではなくショートカットについてだと思いますが。 あそこでインに突っ込むのはマルクなら当然ですし、あそこでロッシが引くはずがない。つまり今回の事は必然だったと思います。ロッシがマルクにスペースを残す…というのもあのシケインでは相当難しいですし、なんとか並走してもシケイン二つ目で間違いなく接触してます。まあその場合は立場が逆ですのでマルクがロッシをアウトから被せる形なので本当の並走であればマルクが吹っ飛んでる可能性が高いと思いですよね。 ロッシがこのままのスピードを保てばこんな意地の張り合いが毎回見られると思うと楽しみで夜も寝れません笑
。 今回の事はどちらかが悪いのではなく必然で起きた事と思いますので、ただただ満足です! それにしても、ロッシは本当に頭のいいライダーですね。ビデオを見る限り、かれは確かに前にいた。2008年のラグナセカもしかり。

マルクをロケットとか言って批判する人間は多いですが、彼がチャンピオンになった原動力だと思います。昔のロッシがそうであったように…

最後に、今回のロッシのポジションにいて引く人間はモトGPにはいないと思います。ショートカットはわかりませんが笑。

投稿: ken | 2015/06/28 19:35

両者、最初から最後まで文字通り全力の走りだったでしょうね。
アッセンというコースの性格なんでしょうかね?
抜けそうで抜けないという。
そうなると最後には、エイャ!と行かなきゃいけないでしょうし。
個人的にはあのシケインより、残り三周でマルケスを抜いたロッシの巧さにうなりました。
それにしても今年のロッシの復調は凄いですね。
ロレンソがついていけないと諦めるくらいですから。

今年は面白いレースが続きますが、最後までもつれたら凄い事になりそうな予感もします。
良い形で戦いが進めば良いですけどね。

投稿: motobeatle | 2015/06/29 01:11

いやぁ、今年は痺れるレースが続きますね。

今回の接触は仕方ないんじゃないでしょうか。
両者とも引くわけないから、それも含めてレースと思います。

それにしても、ロッシはたまにずる賢いことしますよね。
私は大のロッシ派ですが。このずる賢さにあっけにとられたりします(笑)

私もロッシがマルケス抜いたあのシーンはうなりましたね。
ロッシの得意とする抜き方ですが、最近マルケスの専売特許的になってましたもんね。
これを本人相手にやり返す、、2人がチャンピオン争いしていたのであれば、
このレースはターニングポイントになったかもですね。

投稿: backmaster | 2015/06/29 04:11

>ひろむさん
 底意地の悪さが好きなロッシファンw。

投稿: とみなが | 2015/06/30 00:07

>kenさん
 そのロッシのグラベル突っ切りについてはMotoMatters.comの記事を訳しました〜。相当おもしろいです!

投稿: とみなが | 2015/06/30 00:08

>motobeatleさん
 いやぁ、これはロッシにやられましたねえ。マルケスが予選で何度もシケインの縁石を試しているのを見ていたので、くるなーと思っていたんですが、ロッシも予想していたんでしょう。今年はチャンピオンかもですよ。

投稿: とみなが | 2015/06/30 00:09

>backmatserさん
 ロッシファンが長くなってくると、そこが魅力になるらしいですよw。

投稿: とみなが | 2015/06/30 00:11

ビデオで左前からの映像が出てきましたが、そこにはロッシがインを大きく空けた後、インに入ったマルケスがシケイン通りに小回りに右に回っている時、ロッシがアウトから被せてきてロッシの右肩・腕がマルケスのサイドに当たっているのが判ります。
ぶつかった後にマルケスのマシンの挙動が乱れて反対方向に振られ、ロッシと同じ方向へ引っ張られるように行ってしまうのを、シケインをカットしないように、マシンのフロントを引っ張るようにして止め、右に回避しているのが判ります。
ロッシがぶつけらたというなら、マルケスのオンボードから出てきたロッシの右に傾いたままの姿勢はおかしいし、左右に振られたりして挙動が乱れなければならないのに、すぐに真っ直ぐに走れている。
マルケスのマシンをクッションにして、ロッシからぶつかったからマシンを何事もなくコントロールしてシケインに向うことが出来たのだと思う。

最終コーナーだけ、減速するようにインをワザと空けたのもマルケスに入って欲しかったからだと思う。
ロッシの方が有利だったのだから、インを今まで通り閉めて走り、最後の直線で勝負すれば良かったのにと思います。

現役のレーサー、中立意見だったロレンソや競技長の人達までも「マルケスがぶつけた」というのはおかしいのではないか?と思います。
あの映像を見てもマルケスが悪いのでしょうか?理解出来ないです。

投稿: Bellof | 2015/07/03 23:06

>Bellofさん
はい。でも私はあのハイスピードでも「わざと」それをやれるのなら、それはそれで勝つ資格かな~とも思うのです。

投稿: とみなが | 2015/07/04 16:58

ロッシが「マルケスがぶつけてきた」ということについて、「それは違うでしょ?」と疑問に思っています。

アルゼンチン戦の時にも同じ様にインを空けて、というよりアウトから抜こうとしてブロックされ、マルケスが同じ様にインに侵入を変えて小回りに走っている時にロッシがアウトからスライドしてくるようにぶつけて来て、マルケスを押し出すように引かせた。
この時もロッシは「マルケスがぶつけてきた」と主張した。多くの人もそう思っている。だけど、ぶつけたのはロッシの方になるはずで、マルケスはぶつけに行ってもいない。
だた自分のラインを、インをギリギリに走っていたはずで、その段階でぶつけられるはずもなく「ロッシから来てぶつかった」という認識は他の人にはないのでしょうか?
ロッシのフロントのオンボードカメラが証人だと思います。
シケインカットは、あれしか走るところがなかっただろうし、マルケスも接触の際にロッシに引っ張られるようにシケインに向ってしまうのを力ずくで避けた。普通ならそのまま入ってしまってもおかしくない状況だったと思います。
どっちが勝ったかは問題でなく、映像ではロッシの影になったりして不明な部分が多いため、マルケスの挙動が乱れたのがロッシを押し出したからと錯覚して見えてしまうけど、真実ではないのにロッシが「マルケスがぶつけてきた」という発言を問題にしています。

投稿: Bellof | 2015/07/04 18:30

海外でもマルケスに対する批判・中傷が大多数で、それに反対する少数意見になりますが、書き込みをさせていただき、ありがとうございました。

(前回分で、「シケインに向ってしまうのを」は「グラベルに向ってしまうのを」の間違いでした。すみません。)

投稿: Bellof | 2015/07/07 23:09

>Bellofさん
 なかなか議論を巻き起こす走りで、こういうレースが続くといいですね!(←これ自体賛否両論でしょうけどw)

投稿: とみなが | 2015/07/09 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61806472

この記事へのトラックバック一覧です: オランダGPラストラップのロッシとマルケスの接触に関するレースディレクションの見解:

« 公式リリース>オランダGP2015 | トップページ | 2015アッセンMotoGPレースまとめ(その1):ロッシ vs マルケス »