« MotoGPオースチン:ホンダがストーナーの代役参戦が流れた経緯について語る | トップページ | 公式リリース>アメリカズGP2015 »

青山博一がちょこっと語る

Cycle Worldよりいつも技術系記事でお世話になってるKevin Cameron氏の記事を。
============
現在はホンダのテストライダーで長いことGPで戦ってきた青山博一が今週オースチンで開催されるレッドブル・アメリカズGPと4月19日のアルゼンチンGPでダニ・ペドロサの代役として走ることになった。ペドロサは先週行った腕上がりの手術からの回復途上にある。青山は日本人最多出場のライダーとなる見込みだ。

私は青山に対して1年間ホンダを離れていた後にレースに復帰する難しさについて尋ねてみた・

彼はこう言う。「その前から何年間もGPライダーとしてやってきていますし、テストライダーとして乗っていたホンダはここサーキット・オブ・アメリカズで走るマシンとほぼ同じなんです。だからそれほどたいへんじゃないですね」

ヴァレンティーノ・ロッシがドゥカティの後にヤマハに戻ったのと比べるとどうなのだろう?

「ロッシの方がたいへんだったでしょうね」

彼が言うにはどんなに小さな変更だとしてもその安全性と有効性を確認するのがワークステストラダーの仕事なのだそうだ。

スペイン、イタリア、日本の国内選手権の違いについて尋ねると、彼はスペイン、イタリアのレベルの高さをほめつつ、日本もかつてはトップライダーを何人も輩出していると言っていた。しかし今は日本の国内選手権の参戦人口が減っており、それで日本人のトップライダーが減ってしまったのだと言う。
============
なるほど、テストライダーの仕事。

|

« MotoGPオースチン:ホンダがストーナーの代役参戦が流れた経緯について語る | トップページ | 公式リリース>アメリカズGP2015 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61422388

この記事へのトラックバック一覧です: 青山博一がちょこっと語る:

« MotoGPオースチン:ホンダがストーナーの代役参戦が流れた経緯について語る | トップページ | 公式リリース>アメリカズGP2015 »