« FIA世界耐久選手権(4輪)でアンブレラガールが禁止される | トップページ | 青山博一がちょこっと語る »

MotoGPオースチン:ホンダがストーナーの代役参戦が流れた経緯について語る

大雨にたたられたり犬が乱入したりといろいろあるオースチン。でも最大の話題は誰がペドロサの代役となるかというレース開催前のネタだったかもしれません。中本HRC副社長がその辺りについて語っていますので訳出。CRASH.netより。
============
HRCの中本修平副社長とレプソル・ホンダのチームマネジャーであるリヴィオ・スッポが金曜のサーキット・オブ・アメリカズでメディア取材に応じてくれた。

もちろん最初の質問は引退したケイシー・ストーナーが怪我で欠場のダニ・ペドロサの代わりに今回参戦したがっていたのにHRCがそれを断ったということについてだ。

「ケイシーがホンダにアプローチしてきたのは本当ですよ。ケイシーはダニとチームを助けたいと考えていたんです」と中本は認めた。「正直ちょっとびっくりしましたよ。でもケイシーがそういうことを言ってくれて嬉しかったですね。それで日本で国分さん(テクニカルディレクター)と横山さん(技術ディレクター)と日本で話し合ったんです。
 HRCにとってケイシーはとても大事な人で、まあVIPなんですよ。だからケイシーがまたMotoGPを走るなら少なくとも表彰台争いはさせてあげなきゃならない。それがターゲットになるわけです。ケイシーについては全然問題はないですよ。相変わらずとんでもなく速い!でもそれ以外についてはね。ケイシー向けのいいセッティングとか出さなきゃならないですし。そこに自身が持てなかったんです。
 チーフメカにしたって、クリスチャン(ガバリーニ)はジャック・ミラーについちゃってるし、だから彼をケイシーのために引っ張ってくるわけにはいかなかった。ラモーン(オーリン:ペドロサのチーフメカ)はいいエンジニアですけどケイシーといっしょにやったことはない。クリスチャンですらケイシーのために正しいセッティングを出すのに苦労してたくらいですからね。つまり初めてケイシーと組むとなるといいセットアップができるかについて相当クエスチョンマークがつくってことですよ。
 繰り返しになりますけど、私としてはケイシーが5位とか6位とかを争うのは見たくないんです。うちとしてはケイシーは最低でも表彰台争いをしなきゃならない。こちらの体制、特に技術的な部分で自身が持てなかったんです。
 私にとってケイシーは息子みたいなものだから決めるのはすごく辛かったですよ。ケイシーががっかりするのも当然です。だって私だって彼に何度も『戻ってきてよ、ワイルドカードで走ってよ』って頼んでたんですからね。
 もし時間があって、まあ少なくとも実戦前に一回くらいテストができたんだったらOKを出したんですけどね。でもちゃんとしたテストの時間もなかったんです。
 たくさんのファンがケイシーがまた走るのを観たがっている。私だってファンの一人なんです。でも私にとって一番優先すべきはケイシーに表彰台争いをしてもらうことなんです」

ストーナーは今シーズンホンダのMotoGPテストライダーとして走っている。1月のセパンではHRCの開発ライダーという役割だった。しかし中本によればそのときはセッティングに関しては何もしていないということだそうだ。

「セパンテストはパーツテストが中心だったんです。セッティング出しのためじゃなかったんですよ。セパンの1回目の公式テストの前にケイシーでテストしたんですけど、ラップタイムはそれなりに良かったですね。ケイシーのベストタイムの1.5秒落ちくらいだったんです。路面が汚れていて、しかもエンジニアがいなかったことを考慮すれば良いペースですよ。いたのはHRCのデータ収集要員だけだったんです。
 つまりケイシーは相変わらずすごく速いってことなんですけど、残りの1.5秒を縮めるためにはいいセッティングを出さなきゃならないんです」

COTAに出さないことにしたと聞かされた時にケイシーはなんと言ったのだろうか?

「ツイートしてるじゃないですか!」とスッポは即答した。

ストーナーの申し出を断ったHRCはテストライダーの青山博一にマルク・マルケスのチームメイトとして次の2戦を走らせることにした。ペドロサは腕上がりの手術の回復待ちである。

スッポが言及したケイシーのツイートはこちら。
「みんなもがっかりするだろうけど、来週のCOTAは走らないよ。ダニ(‪@26_DaniPedrosa‬)のために走れれば名誉なことだったんだけど。 #NotMeantTobe(#こんなはずでは)」https://twitter.com/Official_CS27/status/583776335408934912

「レースができなくて超がっかり。別に勝つつもりなんてないんだから準備なんかどうでもいいのに。友達の代わりに走れてテキサスで楽しめればいいだけだったんだよ!:)」https://twitter.com/Official_CS27/status/586306613910183936
============
なんかケイシーへの中本サンの愛が伝わってくるインタビューでもありますね。

|

« FIA世界耐久選手権(4輪)でアンブレラガールが禁止される | トップページ | 青山博一がちょこっと語る »

コメント

ウワーそうでしたか!
前回はスッポさんの意志を尊重と書きましたが、、、。
ケイシーから言ってきたのであれば走らせてあげたほうが良かったかもしれませんね。
しかも本人が勝ちに拘らないと言うのであれば、なおさら。
本人としては復帰の為にフィーリングを取り戻す絶好の機会とも捉えたのではないでしょうか?
その為には実戦は最高のテストですし。

HRCの粋な計らいというものも見てみたかったですね。
ここはケイシーの気が変わらない内に、スポット参戦のお膳立てをすべきでしょう!

投稿: motobeatle | 2015/04/11 21:15

>motobeatleさん
 どうせスポット参戦するなら、例えばタイトル争いが白熱するオーストリアGPとかで空気を読まずに優勝争いをかき回すとかの展開を期待したいです!

投稿: とみなが | 2015/04/13 16:38

ケイシーがスポットで出たがっていたと言うのは正直意外でした。ファンとしてはどんな形でも、仮にケイシーが6位とかに沈んでしまっても見てみたいというのが正直な感覚ですよね。自分もその一人です。中本さんは好きですので判断は尊重しますが見たかったな〜〜。 ダニに対する配慮もあるんでしょうね。 代役ライダーで盛り上がりすぎると。。。 ちゃんとした形でワイルドカード、みたいですね。 今年はロッシが調子がいいのでしんきゅうのチャンピオンのバトルが観れるというファンとしてはたまらない状況ですが、そこにケイシーがいたら。。。 たまりませーん笑

投稿: ken | 2015/04/23 22:30

>kenさん
 勝っちゃったりしたらダニの立場は・・・とは思いますが、それでも見たい気はしますねえ。ツイッターあたりで書いた気もしますが、チャンピオン争いが頂点に達したオーストラリアGPで空気を読まずに勝つケイシーってのが見たいです!

投稿: とみなが | 2015/04/24 04:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61422285

この記事へのトラックバック一覧です: MotoGPオースチン:ホンダがストーナーの代役参戦が流れた経緯について語る:

« FIA世界耐久選手権(4輪)でアンブレラガールが禁止される | トップページ | 青山博一がちょこっと語る »