« ホンダはペドロサの代役としてのオースチン&アルゼンチン参戦をストーナーと交渉していた | トップページ | 【大阪方面に向けて宣伝】マダムのお芝居が大阪に参ります! »

2016年MotoGPルールが明らかに:エンジン7基、22L、157kg、成績次第の優遇ポイント制導入

統一ECUソフトウェア導入に併せて基本オープンクラスとファクトリークラスの区別がなくなるわけですが、その2016年に向けてルールがだんだん決まってきています。MotoMatters.comより。
============
やっと2016年のMotoGPルールの全貌が明らかとなった。燃料タンク容量については昨年既に決まっていたが、最低重量、エンジン台数、2016年以降の優遇措置のあり方については決まっていなかったのだ。これが結局カタールで決定されたということである。

ドルナ、FIM、メーカー、チームにより構成されるグランプリ・コミッションが2016年のルールについて合意を得た。来年は全マシンが燃料22Lで走ることになる。さらに最低重量は157kg、エンジン台数は7基ということになった。当初は156kgとの提案がなされていたが、今年が158kgだったことからいきなり2kg削減は時期尚早という判断となったようだ。

エンジン台数についてはイタリアメーカー対日本メーカーという構図だったようだ。ホンダとスズキ、ヤマハは6基を主張し、ドゥカティとアプリリアは9基にしたかったのだ。MSMA(メーカー協会)は結局全会一致にいたらずドルナが妥協案を提案し、結局7基というところに落ち着いた。エンジン開発についてはこれまでと同様凍結される。

ただしこれについては全メーカーに適用されるわけではない。2013年から2015年の間でドライコンディションでの勝利がないメーカーについては12基のエンジン使用が許されている。これは今年ドゥカティ、アプリリア、スズキの3社に許されているのと同様のものだ。この3社は契約ライダーによるテスト及びエンジン開発も今シーズン同様に自由に行えることとなっている。

これら優遇措置については2016年からポイント制が導入されることになっている。優勝には3ポイント、2位には2ポイント、3位には1ポイントが与えられ、この優遇措置ポイントが6ポイントに達するとその時点からテストが自由にできなくなり、翌シーズンからはすべての優遇措置が剥奪される。例えばドゥカティが2015年にドライコンディションで勝利しないままでも2016年に優遇措置ポイントを6ポイント積み上げたら、2017年以降はエンジン7基となり、エンジン開発は凍結、さらにテスト制限も他メーカーと同じものとなるのだ。

この優遇措置ポイント制度にはおもしろいひねりが二つばかり加えられている。ひとつは優遇措置ポイントがリセットされるということだ。シーズン中1回も表彰台に昇れなかった(つまり優遇措置ポイントが積み上がらなかった)メーカーは翌シーズンから全優遇措置が受けられるということである。さらに競争性を増すために、ウェットコンディションでの表彰台についても優遇措置ポイントがカウントされるということだ。現時点ではドライコンディションでの表彰台だけが考慮されている。

優遇措置ポイントシステムの目的ははっきりしている。開発が自由にできて、エンジン台数制限が緩和されていて、さらにテスト制限が緩いにもかかわらず結果を出せないメーカーについてはトップに近づくチャンスを与え続け、一旦成功したメーカーについてはシーズン途中でも有利になりすぎないように優遇措置を減らすということである。パフォーマンスのバランスをとるにはややゆっくりした対応ではある。しかし短期的な調整は難しいだろうが、中期的にはうまくいくだろう。

グランプリ・コミッションは電子制御についても議論している。ホンダとヤマハは現在の開発に満足しておらず、2016年に導入されることになっている統一ソフトウェアに対してもっと多くの要望を反映させたいと考えていると言われている。2016年の統一ソフトウェア導入に合意した(2014年のことだ)3メーカー、ホンダ、ヤマハ、ドゥカティにはソフトウェアに対する拒否権がある。マニエッティ・マレリが提案するあらゆる変更について3社の合意が必要なのだ。逆言えば、3社同意の下に提案されるソフトウェア変更についてはマニエッティ・マレリは対応しなければならないということだ。ただしそのコストは3社が負担することになる。

こうして変更が加えられたソフトウェアは当初想定していたものよりかなり複雑なものとなってしまうだろう。実際には3社がそれぞれの要求を認め合うかにかかっているわけではあるが。この2年ほどは、ホンダとヤマハの2社が一枚岩だったのに対してドゥカティが好き勝手をやってきており、現時点ではドゥカティ、つまりジジ・ダリーニャの思い通りになりそうな雲行きではある。

ルール変更に関するプレスリリースは以下の通りだ。
ーーーーーーーーーー
FIMロードレーシング世界選手権:グランプリコミッションによる決定

グランプリコミッションは以下のメンバーで構成される(敬称略)。カルメロ・エスペラータ(ドルナCEO)、イグナチオ・ヴェルネダ(FIM CEO)、エルヴェ・ポンシャラル(IRTA)、坪内隆直(MSMA)。オブザーバとしてハヴィエル・アロンソ ドルナ)、マイク・トリンビー(IRTA事務局)が加わり、ロサイル(カタール)にて2015年3月15日に以下の決定を行った。

運用ルール
(2015年から適用)

サイティングラップを終えてグリッドにライダーがついた後に天候が変化した場合、以下の手順で進行することとする。

Moto3・Moto2において天候変化によりスタートが遅れた場合、レース距離は予定の2/3とする。レースが再開された場合と同様の手順となるものである。


技術ルール

・ MotoGPクラス(2016年から適用)

エンジン台数は1シーズンあたりのレース開催回数が20回以下の場合7基までとする。開発は凍結する。

マシンの最低重量は157kgとする。

燃料タンク容量は22L以下とする(前回のグランプリコミッションで発表済み)。

2016年からの統一電子制御ソフトウェアについては以下の項目が決定された。

a)2016年の統一ソフトウェアの開発は現行バージョン(2015年シーズン開幕時)のオープンクラスソフトウェアを基本として行う。

b)2015年7月1日以降、2016年シーズ終了までの間、ドゥカティ、ホンダ、ヤマハの3社の合意の下で行われる変更要求に関しては、オーガナイザーはこれを受け入れるものとする。ただし変更にかかるコストはメーカーの負担とする。

c)すなわち、上記期間にオーガナイザーがソフトウェアの変更を要望する際にはドゥカティ、ホンダ、ヤマハの3社の合意が必要となる。それ以外の場合、オーガナイザーはソフトウェアのアップデートは行えない。


・MotoGPクラスの優遇措置

2013年、32014年、2015年においてドライコンディションで優勝していないメーカーについては現在の優遇措置が引き続き適用される。ただし以下の通り設定された「優遇措置ポイント」に合わせて優遇措置が削減される。

  1位:3優遇措置ポイント
  2位:2優遇措置ポイント
  3位:1優遇措置ポイント

2015年にドライレースで優遇措置ポイントを3ポイント獲得したメーカーは燃料タンク容量を24Lから22Lまで削減する。

(注:オープンクラス用タイヤの使用及び参戦ライダーによるテスト制限に関してはドライコンディションで3勝した時点で剥奪される)

2016年についてはドライ/ウェットにかかわらず優遇措置ポイントが6ポイントに達したメーカーについては、その時点で参戦ライダーによるテストは禁止される。また翌シーズンから全ての優遇措置が剥奪される。

ただし2016年以降は、優遇措置ポイントを獲得していない(すなわち表彰台を獲得していない)メーカーは翌シーズンから全優遇措置を受けられることとする。

FIMのグランプリレギュレーションの詳細については以下を参照のこと。

http://www.fim-live.com/en/sport/regulations-and-documents/grand-prix/
============
晴雨にかかわらずというのがポイントですね。

|

« ホンダはペドロサの代役としてのオースチン&アルゼンチン参戦をストーナーと交渉していた | トップページ | 【大阪方面に向けて宣伝】マダムのお芝居が大阪に参ります! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61394140

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年MotoGPルールが明らかに:エンジン7基、22L、157kg、成績次第の優遇ポイント制導入:

« ホンダはペドロサの代役としてのオースチン&アルゼンチン参戦をストーナーと交渉していた | トップページ | 【大阪方面に向けて宣伝】マダムのお芝居が大阪に参ります! »