« カタールに向けてのロレンソのコメント | トップページ | 公式プレビュー>カタールGP2015 »

2015カタール予選2日目の皆さんのコメント

職場の送別会が立て続いていて薄ぼんやりしか結果を眺めていなかったのですがなかなかたいへんなことになっています。カタール2日目の皆さんのコメントをCRASH.netより。
============
ヴァレンティーノ・ロッシ(9位):「今日の結果には本当に満足してますよ。トップ10に界ってQ2に行くというのが最低条件でしたからね。今日のプラクティスは信じられないですよ。0.3秒以内に10台もいるんですからね!
 だからポジションには満足してないですけどポールからそう離れてるわけじゃないですし。
 明日の予選も厳しいものになるでしょうけどマシンも改善されてるしセッティングも僕のペースもそれほど悪くない。トップと近いところにいますから。
 リア周りはまだまだいろいろやらなければなりません。ソフトとハードのどちらをつかうかまだわかりませんしね。だから明日はどちらかを選ぶことになるんですけど、現時点では半々ってとこですね」

ホルヘ・ロレンソ(8位):「明日のフロントロー争いはそうとうきついでしょうね。エクストラソフトタイヤのライダーがたくさんいますし、あれだと0.4秒くらい縮まりますからね。
 それに今年の方がみんな速いですし。だから2列目だってとれないかもしれないです。でもまあ何が起こるかはわかりませんからね。0.5秒くらい縮められる何かをみつけられるかもしれませんし、ことによったらポール争いだってできるかもしれません。
 マシンのフィーリングはいいですよ。ソフト側(ミディアム)だとね。ハードもトライしましたけど、そっちもすごく安定してます。1分56秒1
くらいなら100集くらいできますよ。でもそれじゃ遅すぎるんで現時点ではソフト側でいくつもりです。
 今日の午後は電子制御にちょっと問題が出て違和感があったんです。原因を探らないといけません。1分54秒台後半くらいまではなんとか上げていきたいですね。そこが目標なんで」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ(6位):「ソフトタイヤでは完璧なラップは刻めませんでしたね。今回初めて試したわけですし、だからまだタイムは上げられる可能性はありますよ。
 プラクティスの結果には満足しています。いろいろトライしましたからね。タイムが落ちちゃうこともありましたけど、何をすべきかはわかってきましたから。
 このコースではトップ18が1秒以内に入るってのも驚きじゃないですよ。グリップが良くなれば同じようなタイムを刻むのは簡単なんです。
 ブレーキングの安定性は100%とは言えないで末。特にレースを考えるとね。でもスピードは出るし、あとは安定性を確保するためにいくつか細かい調整をすればいいでしょう。
 ウイングもいい感じですね。効果は出てるしウィリーも減りました。だからパワーを使い切れるんですよ」

ダニ・ペドロサ(5位):「昨日とは違って今日はセッションが2回あったんでマシンも路面もいい感じになってきましたね。
 Q2に行けたのは良かったし、あとは明日最終調整をしてレースに向けていい結果を出していきたいです。
 テストでも何人ものライダーがトップに近いタイムを出せることはわかっていました。だからコース距離は長いのにラップタイムがとんでもなく近いですねえ。
 ここまでタイムが近いと明日の予選は相当集中しないといけませんね。
 タイヤについてはまだ迷っている部分も相当ありますね。まあ明日になればもっとはっきりするでしょう。
 でも明日の予選も今日と似たような結果になるでしょうね。
 (ストーナーの8耐参戦について)8耐ってのはいいアイディアですねえ。なんで出ないかって?いつかは出たいですね。本当に出てみたいんです!」

アレイシ・エスパルガロ(4位!):「フロントローも狙ってみますよ。どうなるか楽しみですね。去年みたいに1周目で失敗はしたくないんでまずは安全に行きますけど、2周目からは何にも考えないで脳みそはピットに置いていって、とにかく狂ったように走りますよ!
 まあ(マルク)マルケスが今日よりタイムを上げてくるでしょうけど、もしそれほど上げてこなければチャンスはありますよ。
 本当にすごく冷静にならないといけないですね。去年のマレーシアでも同じような気持ちだったんですけど大失敗をしちゃいました。ブレーキングではアグレッシブに行かなきゃならないけど、ちょっとミスしたら他のライダーと接触しちゃいますからね。
 ソフトタイヤだとちょっとはアドバンテージがありますけど、このコースだとあんまりフィーリングが良くないんですよ。ハードの方がいい感じですね。特に2周目以降はハードの方がいいです。
 ハードだと乗りやすいんですよ。それにフルタンクでのフィーリングも抜群です。去年はフルタンクのときはぼろぼろだったんですよ。マシンは暴れるしおかげで何度もクラッシュするし。ここではまず午前中にフルタンクをハードタイヤで試してみて1分55秒8が出せたんで、ここまでがんばった甲斐がありましたね。
 このコースは2コーナーでクラッシュが多発しますよね。なんでかはよくわからないですけど、前回のテストに比べたらよくなってますよ。全開というわけにはいかないですけどグリップは悪くないです」

カル・クラッチロー(2位!!):「セッション序盤では18番手だったんですよ。僕らが使ってたのは古いタイヤで、でもみんなニュータイヤだったんですね。それが理由のひとつでしょうけど、まさか2時間前に同じタイヤで全然問題はなかったのに18位なんて想定してなかったですよ。ホイールスピンが20-30%増しだったんです。
 ちょっとこれはまずいってことになったんですけどセッション中盤ではタイムが上げられたんです。ハッピーでしたけどトップと渡り合うにはまだタイムを縮めなければならない。2位というのはうちが出すようなタイムじゃないですけど、文句はないですね!
 たぶん実力的にはトップ6くらいだとは思いますけどすぐに12位とかになっちゃいますからね。今日のタイムもものすごく接近してるみたいですしね。『何位くらいでゴールできそう?』って聞かれてもまったくわからないですよ。
 まあ勝てはしないでしょうね。マルクはいま誰よりも強いですし。同じタイヤで走り続けてもすごいタイムを出せますしね。これはかなわない。そんなことができるライダーは他にいないんですよ。
 フロント、リア共にタイヤはハードを試してます。レースではリアはハードではいかないでしょうけど、フロントをどうするかはまだ決めてません。トップ10に入れたんでQ1を走らなくていいのは嬉しいですね。去年はいっつもQ1に向けていろいろ心配しなければならなかったですからね!
 でもいつも10位以内に入るのは難しいでしょう。エキストラソフトをはいたオープンクラスは手強いですからね。1秒くらいは違うんですよ。
 (ポールは獲れるかと聞かれて)それはないですね。
 (ではエキストラソフトのライダーがポールになる?)うーん、まあマルクでしょうね。少なくともエキストラソフトじゃないライダーには大差をつけるでしょう。
 (ブレーキがスポンジーな問題について)それは解決した感じですよ。完璧ではないですけどね。以前やったことをまたやってみたんです。去年ドゥカティでもヘレスではブレーキに問題を抱えてたのを覚えてます?そのときやったことをやったらうまくいったみたいですね。
 パーツを交換したんです。レバーの感触はみんなが使っているものほどは良くないんですけど、僕にしてみればずいぶん良くなった。少なくとも何かを握っているという感触は出てきましたからね」

マルク・マルケス(1位):「予選ではドゥカティが手強い相手になるでしょうね。二人のアンドレアと、あともちろん僕のチームメイトも速いですし、ヤマハだって上げてくるかもしれない。1周だけならタイムを出せるかもですからね。
 うちは昨日より良くなっているんですよ。リズムが出てきたんです。レースに向けては大事なことですね。でも一発出しのタイムはあんまり変わってないですね。ちょっとは縮まってますけどそれほどじゃない。でもリア周りのフィーリングが良くなってきたんです。
 明日はFP4はこのままいって、予選に集中したいですね。タイムはすごく接近してるし、ちょっとミスしたら3列目になりかねない。だから100%で攻めますよ。
 (ストーナーの8耐参戦について)聞いてますよ。いいことだと思うしまたレースがしたくなったみたいですね。そりゃそうですよ。まだ彼だって若いんだし、まだ高いレベルの走りができるんですしね」
============
うーむ、ヤマハ・・・。

|

« カタールに向けてのロレンソのコメント | トップページ | 公式プレビュー>カタールGP2015 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61350628

この記事へのトラックバック一覧です: 2015カタール予選2日目の皆さんのコメント:

« カタールに向けてのロレンソのコメント | トップページ | 公式プレビュー>カタールGP2015 »