« あれは本当のメランドリじゃない(と思いたい)とアプリリア | トップページ | まだ10%位しか学ぶべきことを学んでない、とジャック・ミラー »

ヤマハ vs. HJC:空力をめぐる5mmのせめぎ合い

340km/hの最高速が出るMotoGPマシンは当然空力がとことんまで追求されているのですが、そこは4輪とは違う2輪の辛さ。ライダー(と装備)の空力はマシンメーカーのコントロール範囲外。でもこんなせめぎ合いも起こっているようです。Sport Riderより。
============
レース界では寸法はノギスで測られる。そしてそれはミリ単位で調整される。とは言えMotoGPマシンの空力特性がヘルメットの顎部分のたった5mmに左右されるとは驚きではないか。

ヤマハのレース開発部門とホルヘ・ロレンソをサポートする勧告のヘルメットメーカー、HJCとの間で交わされている議論の話だ。「あと5mmなんとかしなければならないんです」とヤマハのMotoGPディレクターの辻幸一がマドリッドでの2015年チーム発表会でSport Riderに説明してくれた。彼はYZR-M1の開発責任者である。「ホルヘと空力テストをしたんですけどストレートで完全にカウルに潜り込むにはあと5mm必要なんですよ」

普通のレースファンには馬鹿げた話に聞こえるかもしれないが、辻サンによればこの微妙な差が空力的には非常に重要なのだそうだ。「マシン側ではもう5mmをなんとかするのは不可能なところまでやったんです。ホルヘのヘルメットをのせるのは電子制御ユニットの上なんですよ。うちのオリジナルのハードウェアを使えるなら良いんですけど、ドルナの標準電子制御ユニットはすごく大きくて、これ以上削ることもできないし、場所を変えるのも無理なんです。だからHJCにホルヘのヘルメットの顎部分を5mm短くできないかお願いしてるんですよ」

ロレンソのヘルメットがMotoGPマシンのとんでもないスピードによって引き起こされる空力的な問題に直面したのはこれが初めてではない。去年もエンジニアは寸法の問題に気付いていた。恒例のセパンのシーズン前のテストでのことだった。去年の最初のテストではセパンの2つの長いストレートでカウルの中に伏せるライダーの写真が撮影され、これが日本に送られて空力担当エンジニアによって分析された。空力特性の精緻な分析はここから始まるのだ。

去年発生した空力問題はかなり尾を引いた。具体的にはヘルメットの後頭部に装着されたスポイラーのデザインの問題である。それほど激しいスピード域ではないあたりでの空力特性を改善するためにデザインされていたため、ストレートでMotoGPライダーが通常ではあり得ないほどカウルに潜り込むと、そのスポイラーがウィングフラップというかエアブレーキ的な効果を発揮してしまったのである。これはマシンのパフォーマンスに影響するだけでなく、超高速域で頭が後ろに引っ張られるとともに大きく振られるためにライダーにとっては非常に不快なものとなるのだ。シーズン後半、HJCの技術者が違う高さに装着される数種類のスポイラーを試していたのは皆が知るところである。完璧な空力特性とそうでないものの違いは非常に明白だ。スズキがアレイシ・エスパルガロとマーヴェリック・ヴィニャーレスで測定した結果がそれを物語っている。身長の高いアレイシと、そうでもないマーヴェリックで最高速に0.8km/hの違いがあったのだ。しかもこれはヴァレンシアやヘレスと言ったストレートの短いサーキットでの話である。セパンのように長いストレートが2本もあるようなコースでは、さらに差は広がっていくのだ。確かに0.8km/hというのはささいな違いに思えるかもしれない。しかしこれが20〜25周積み重なるのだ。さらにサーキットでは高速セクションで稼いだタイムの方が低速セクションで稼いだタイムの方がラップタイムに効いてくることも忘れてはならない。

これは技術的側面がMotoGPにおいてどれほど大事かを示す興味深い一例だ。マシンのパーツだけではなくライダーの安全装備も最高のパフォーマンスを出せるかどうかに影響するということである。他にもこうした話はある。捨てバイザー(シールドの上に被せられた非常に薄いプラスチックフィルム)がパフォーマンスに影響しているということはご存じだろうか?それがどれほど大事か知ったら、あなたも驚くだろう。だが、これは次のネタにとっておくことにしよう。
============
しかしそこ5mmも削れる余地があるんでしょうか。HJCの言い分も聞いてみたいですね。

|

« あれは本当のメランドリじゃない(と思いたい)とアプリリア | トップページ | まだ10%位しか学ぶべきことを学んでない、とジャック・ミラー »

コメント

とてつもないシビアな世界ですね。
5mm ですか、、、。

ん~でも、思うんですがGPマシンはもう最高速を下げるべきではないでしょうか?
時速360㎞!なんて、もう人間が剥き出しの二輪で出すスピードじゃないと思います。
本当になんとかしないといけないレベルに達しているのではないでしょうか?

投稿: motobeatle | 2015/02/12 21:48

>motobeatleさん
もうここで最高速が更新されても、誰も幸せになれそうもないですよねぇ。

投稿: とみなが | 2015/02/14 11:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61126097

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハ vs. HJC:空力をめぐる5mmのせめぎ合い:

« あれは本当のメランドリじゃない(と思いたい)とアプリリア | トップページ | まだ10%位しか学ぶべきことを学んでない、とジャック・ミラー »