« セパン・ミシュランテスト:秘密は守られたがタイムを見るとまだまだやることが | トップページ | ヤマハ vs. HJC:空力をめぐる5mmのせめぎ合い »

あれは本当のメランドリじゃない(と思いたい)とアプリリア

セパンテストでは最下位タイム。「お願いだからWSBKに戻らせてくれ、代わりにジョルディ・トーレスをMotoGPで走らせればいいじゃん」とアプリリアに頼んでいるというまで流れちゃってるメランドリですが、一応アプリリアは「本当の彼ならもっといける」と言っています。本心かどうかは別。CRASH.netより。
============
アプリリアのレーシング・マネジャーであるロマーノ・アルベシアーノは、3日間のセパンテストを終えて最下位に沈んだマルコメランドリが、それでもリセットして再出発してくれることを願っている。

アプリリアワークスがワールドスーパーバイクからMotoGPにに軸足を移したのに伴い、メランドリも2003年から2010年まで走っていた懐かしの場に復帰することとなった。彼はMotoGPで通算5勝を挙げ、2005年にはグレジーニ・ホンダでランキング2位につけている。そしてそのグレジーニが来年はアプリリアを走らせることになる。

昨年に引き続きグレジーニで走るアルヴァロ・バウティスタはアプリリアで初日15位、2日目17位、3日目21位と徐々に順位を落ちし、結局トップのマルク・マルケスからは3秒遅れという結果に終わった。

一方のメランドリは初日26位、2日目、3日目は最下位の28位となっている。彼の最速タイムはマルケスから4.8秒遅れ、去年型オープンクラスアプリリアを走らせるイオダのアレックス・デ・アンジェリスからも0.242秒遅れという状況だ。

「アルヴァロについてはとても満足していますね。かなり速いですし安定していますし、それになによりやる気がある。チームに彼を迎え入れることができてうれしいですよ。完璧です」とアルベシアーノはCRASH.netに語っている。

「昨日(3日目)と一昨日(2日目)のマルコはちょっとトラブルに見まわれたんですよ。リセットできるといいでんすけどね。この3日間では本当のマルコ・メランドリは見られなかった。少なくとも私はそう信じています。コースで走っているところを見ても何かおかしいですからね」

アルベシアーノはメランドリにとって厳しい状況であることは認めている。この4シーズンワールドスーパーバイクでタイトル争いをしてきたのに、いきなり戦闘力のないマシンでMotoGPを戦わなければならなくなったのだ。

「確かに彼にとっては辛いでしょうね。まあ僕らも彼に新しい挑戦をしてくれるよう頼んだわけなんですけど。彼には是非一緒にやってほしかったんです。いいライダーだし開発能力もありますからね。だから彼が速さをできるだけ早くとりもどしてくれるといいですね」

セパンではこの他にマイケル・ラヴァティもアプリリアワークスの一員として走っている。ラヴァティは過去2シーズン、PBMでMotoGPを走っていたが、今年は英国スーパーバイク選手権でBMWを走らせる傍らアプリリアのMotoGPマシンとワールドスーパーバイクマシンのテストを行うことになっている。

アルベシアーノは彼についてこう語っている。「マイケルとは初めて一緒にやったんですが、驚きでしたね。凄く速いしコメントや報告ももの凄く正確なんです。心から彼の仕事には感謝しますね。うちにとってはかけがえのない資産です」

アプリリアは2016年に向けて全く違うMotoGP用マシンを開発中である。つまり今シーズンは昨年までCRT及びオープンクラスでARTが走っていたマシンのアップデート版を走らせるということだ。

2015年型「RS-GP」の基本構成はARTのマシンと同一だがそれでもニューマチックバルブになっているし、シームレスギアボックスがシーズン前半には導入される予定だ。

セパンテストにもRS-GPのバージョンアップ版である「ステップ2」が持ち込まれていたが、バウティスタもメランドリも11月にテストした旧型の方を選んでいた。
============
ダニも相当不運だと思うけど、メランドリの不運さってハンパ無いですよねえ・・・。

|

« セパン・ミシュランテスト:秘密は守られたがタイムを見るとまだまだやることが | トップページ | ヤマハ vs. HJC:空力をめぐる5mmのせめぎ合い »

コメント

アプリリアのmotoGPマシンってカッコイイと思うんですがねぇヽ(´▽`)/
あとメランドリって、かなりメンタル的なものに左右される人なんじゃないか?って気がします。
以前、ヤマハでGPで走っていた時に自信喪失したとか、そんな様子が報じられていたような。
ただ、おそらく云えるのは彼にとってGPよりスーパバイクの方が居心地が良いということでしょうね。

投稿: motobeatle | 2015/02/12 20:15

>motobeatleさん
 ですねえ。確かにメンタルは弱い感じがします。でもチャンピオンは獲ってるので、せめてちゃんと走れるマシンで・・・。
 そしてアプリリアのマシンはデザイン最強ですね。Cubeの時は音も最高でした。

投稿: とみなが | 2015/02/12 21:22

Cubeは最高でした。
床の間に飾って置きたいほどですw

投稿: motobeatle | 2015/02/12 21:51

ダニの場合はツキが無いって感じですがメランドリは不運と不遇の合わせ技って感じですねえ・・。
最初のグレシーニの頃は輝いていたし
ハヤテの時のふっきれた感じも好感が持てたんですが。

愛妻とベイビーの為にももう一頑張りして欲しいですね。

投稿: GA | 2015/02/12 22:41

>motobeatleさん
 私は音だけほしいです。

投稿: とみなが | 2015/02/13 22:20

>GAさん
 なんかねえ、ダニよりつきがないんですよねえ。できる子だと思うんですけど。

投稿: とみなが | 2015/02/13 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61119697

この記事へのトラックバック一覧です: あれは本当のメランドリじゃない(と思いたい)とアプリリア:

« セパン・ミシュランテスト:秘密は守られたがタイムを見るとまだまだやることが | トップページ | ヤマハ vs. HJC:空力をめぐる5mmのせめぎ合い »