« コーリン・エドワーズ、ミシュランタイヤテストについて語る | トップページ | 暴れるホンダを喜ぶクラッチロー »

シームレスギアボックスはおとなしく待つよ、とロッシ

セパンテストが始まりましたね。なんとなくシーズン開幕が近づいてきた感じでワクワクします。

というわけで、とりあえずBike Sport Newsより、ロッシのコメントを。
============
モヴィスター・ヤマハのヴァレンティーノ・ロッシは完全版のシームレスギアボックスについては2回目のセパンテストまで喜んで待つつもりだと言っている。ばたばたするのがいやだということらしい。

ロッシもチームメイトのホルヘ・ロレンソもシフトダウンにまで対応した完全版のシームレスギアボックスが今回のセパンテストで使えるものと期待していたが、完璧なものをヤマハが供給するまでにはもう2週間待たなければならないようだ。

ロッシはセパンでこう言っている。「僕らも知らないんですよ。そりゃできるだけ早く試したいですよ。でも彼らには黙々と仕事をしてほしいですからね。ギアボックスについてジョークを言ってるなんて勘弁ですよ。危ないですからね」

とは言え完全版のシームレスギアボックスなしでもロッシは2番手タイムを叩き出している。その上を行ったマルク・マルケスは最後の最後にタイムを出したのだが、それも一発出しであり、一方のロッシは継続して良いペースを刻んでいるのだ。

「最初から最後まで速かったのは良かったですね。ニュータイヤでも良いタイムを出してますけど、古いタイヤでもマルケスや、ロレンソ、ペドロサと同じようなタイムが出せましたし。これは大事なことですね。
 マシンもよく走ってくれたんで満足です。攻めた走りができますし、マシンが良くなった感じがするんです。まだいろいろやらなきゃならない細々したことはありますし、明日も明後日も仕事が詰まっていますけどね。最終的にマルケスにはやられちゃいましたけど10分の1秒差ですし。
 うちとワークスホンダの差は去年と同じくらいですね。去年はタイヤがたれると特にマルケスに差をつけられちゃったんで、そこに力を入れたおかげで近づいてきてます。彼は最後までペースをキープできてましたしね。
 ブレーキングも悪くないですよ。去年のレースの時よりいい感じです。コーナー進入がうまくいくようになったんですよ。まあそれで十分かどうかはわかりませんけどね」
============
ちなみにタイムシートはこちら(MotoGP公式)。

|

« コーリン・エドワーズ、ミシュランタイヤテストについて語る | トップページ | 暴れるホンダを喜ぶクラッチロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61085897

この記事へのトラックバック一覧です: シームレスギアボックスはおとなしく待つよ、とロッシ:

« コーリン・エドワーズ、ミシュランタイヤテストについて語る | トップページ | 暴れるホンダを喜ぶクラッチロー »