« セパンテスト二日目の皆様のコメント | トップページ | テストでの転倒の原因はフロント-リアのグリップのバランスの問題、とミシュラン »

シームレスギアボックスでペースが上がるロレンソ。そして親指ブレーキ!

セパン2テストでロレンソが親指ブレーキを試している様子。CRASH.netより。
============
ホルヘ・ロレンソにとって二回目のセパンテスト初日はなかなか厳しいものだったが、今日2番手タイムを叩き出すことで、それも過去のものにできたようだ。

彼はシフトダウンまでシームレスになったヤマハの新型ギアボックスに取り組むと共に、親指リアブレーキも試していた。

「今日は旧型と新型の両方のギアボックスを試してました。どちらも長短ありましたね。雨が降ると新型はあんまり良くないんです。でもドライだと新型の方が気持ちよくブレーキングできましたね。今までより強くブレーキングできるんです。まあそのあたりは改善できるとは思ってますけど。
 月曜、雨で走った時にはシフトダウンでちょっとマシンが暴れて直立できないんです。グリップもあんまり感じられないし、新型ギアボックスだと直立してないとマシンがばたばたするんですよね」

親指ブレーキに関してロレンソはこう言っている。「(2008年の)中国で足首を骨折して、それで特に右の足首の微妙な感覚や筋力が無くなってしまったんです。足でブレーキを強くかけるのが難しくって、だからちょっと実験してみることにしたんです。でも今のところ親指ブレーキじゃない方がいいですね。去年もここで試してみたんですが」

今日のロレンソは2分1秒を切るタイムを18周記録している。これは新型ギアボックスで出したもので、最速タイムは1分59秒9だ。ホンダのチャンピオン、マルク・マルケスだけが彼のタイムを0.058秒上回っているが、今日2分を切ったのはこの二人だけである。ちなみにマルケスも2分1秒を切るタイムを17周記録した。

「今日は昨日より気力が充実してましたね。昨日は時差ボケもあって、あんまり眠れなかったんで疲れてたんです。コースもスリッピーでしたしね。それで他のテストで使ったセッティングが役に立たなかったんですよ」とロレンソは今日のタイムアップについて語っている。「だから今日は3つの要素が効いたんですね。僕のライディングとセッティングと、あとは気力です。
 明日はそれほど試すことがないんですよ。いくつかセッティングを試してみて、電子制御の調整をやって、新型ギアボックスはちょっと大事にしたいと思ってます。だから旧型ギアボックスに今日よりたくさん乗ることにして、新型ギアボックスはカタールテスト用にとっておきますよ」

チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシはマルケスから0.464秒遅れで、2分1秒以内のラップは4周だった。
============
それほど新型ギアボックスは貴重なものなのか・・・。

|

« セパンテスト二日目の皆様のコメント | トップページ | テストでの転倒の原因はフロント-リアのグリップのバランスの問題、とミシュラン »

コメント

今年のロレンソには期待してます!
彼の潜在能力に疑いの余地はないでしょう。
その上で開幕からの出だしの良し悪しに鍵があるかもしれませんね。
昨年が昨年だけに。

投稿: motobeatle | 2015/02/27 08:48

>motobeatleさん
 身体は相当絞り込んできましたから、期待してもよさそうですね!

投稿: とみなが | 2015/02/28 14:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61190959

この記事へのトラックバック一覧です: シームレスギアボックスでペースが上がるロレンソ。そして親指ブレーキ!:

« セパンテスト二日目の皆様のコメント | トップページ | テストでの転倒の原因はフロント-リアのグリップのバランスの問題、とミシュラン »