« MotogGPのエンジン開発凍結に例外を設けるのは良い妥協点 | トップページ | セパンテスト二日目の皆様のコメント »

ガイ・マーチン:ナッツコーナーからの長い旅路

映画「クローサー・トゥ・ザ・エッジ」でのマン島TTレースに挑戦し続ける姿が切ないほど素敵だったガイ・マーチンですが、先日、今シーズン限りでの引退を表明しました。その彼に向けたコラムをMCNより訳出。
============
全てのバイクファンがそうだっと思うが、私もガイ・マーチンが今シーズン限りでの引退を考えているという先週の記事を読んで驚くと共に悲しくなった一人だ。

ガイに最初に会ったのは2003年に彼がアイルランドにレースのためにやってきたときだ。以来彼には楽しませ続けてもらっている。

そのシーズンの開幕戦、雨でびしょ濡れのナッツコーナーサーキットでレインスーツをはためかせてはしる彼を見たときには、まさかこの男がイギリスで最も有名なレーサーになるとは思いもしなかった。しかしバイクに乗った彼が普通の人間でないことがわかるまでにそう時間は掛からなかった。最初は若いアイルランド人レーサーのためのサポートクラスを走っていたが、BSBから逃げ出してきた彼は明らかに他のライダーを凌駕していた。ライダーが速すぎるからといって怒鳴るチームオーナーはそんなにいないものだが、ダンドロッドで行われた150マイルレースではガイのスポンサーが怒りまくっていた。2位に大きな差をつけていたにもかかわらずガイがペースダウンのサインを無視してラップレコードを更新し続けたからだ。

ガイ・マーチンというのは実にユニークな男なのだ。早口すぎて言っていることの10分の1もわからないのだが、これほどあけすけにレースについておもしろいことを語る者はそうはいない。彼の性格は瞬く間にファンを魅了し、そしてマスコミも彼の人生の激しい浮き沈みに飛びつくことになった。

これは10年ほど前の出来事だが、当時と状況はほとんど変わっていない。ガイは相変わらずとんでもなく速く、相変わらずマスコミにも愛されている。何年にもわたって彼にインタビューしてきたが、ほとんどすべての公道サーキットで勝利を記録することになった。ただしアイリッシュ海の真ん中に浮かぶ小島では勝てていないというちょっとした例外はあるにはある。

ガイの無鉄砲さやカメラの前でのポリティカルコレクトネスとは無縁のしゃべりが彼をテレビのヒーローに押し上げた。バイクレースという狭い世界を超えて、バリー・シーン以来の押しも押されもせぬセレブになったのだ。

おかげで様々な恩恵にはあずかれたのだろうが、彼はこうした状況には慣れることはなかった。常に注目されることから逃れようとした彼のくわだてはすべて下らないものだった。彼がパドックに現れるとすぐに群衆に取り囲まれてしまうために、ガイは今ではレーダー網をかいくぐるためにマウンテンバイクを使うようになっているのだが、それでも自転車がみつかると、停めようとしている間に群衆が集まってきてペンとカメラを構えているのだ。

2シーズンほど前、サザン100マイルの片隅で、レースマシンの隣に置いた愛するトランジット(訳注:フォード製のトランポ)をガイが磨いているのをみつけた。こっそり隠れてやりたいことをやっている。未だにトラックの下にもぐって自分の手を汚す。それが彼の本質なのだ。しかし有名になればなるほど引退が難しくなるという罠がある。

チャンネル4のシリーズ番組「スピード」で彼の人生が取り上げられて世界中がこれを見たおかげで、リンカーンシャー生まれの男の名声はこれまでにないほど高まることとなった。おかげで出演する番組を選べるようになり、スポンサーは彼と契約するために列を作るようになる。財政的にはガイは相当豊かになったろう。過去を振り返っても彼はイギリスで最も稼げるロードレーサーの一人である。しかし彼が書臆するティコBMWのオーナー、フィリップ・ニールによれば、最近では彼はほとんど自分の時間が持てないらしい。

こうしたプレッシャーに対応しようとしつづけて来たのだから、ガイがレースをやめて楽になろうと思うのも無理はない。先週彼がFacebookで言った通り、人生にはレース以外にもやるべき興味深いことがたくさなるのだ。ガイには様々な可能性が開けているし、どの道を選んでもレースより稼げるだろう。テレビ番組でどんなことをやらされようが、TTコースを時速320kmで走ることを考えれば、大した危険ではない。

ずいぶん前にレースから収入を得ようとするのをやめようとした男に言わせれば、無理もない考えだ。しかしガイが本当にレースを引退してしまったらパドックはずいぶん退屈な場所になってしまうに違いない。
============
クローサー・トゥ・ザ・エッジはスカパーのヒストリーチャンネルでも放映してます。未見の方は是非!

|

« MotogGPのエンジン開発凍結に例外を設けるのは良い妥協点 | トップページ | セパンテスト二日目の皆様のコメント »

コメント

今年はマシンがスズキからBMWに
変更されましたから、悲願のマン島TTを
征して引退と行きたいところですよね。

投稿: ブラインドカーブ | 2015/02/22 22:24

>ブラインドカーブさん
 本当に!心から応援します!!

投稿: とみなが | 2015/02/24 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61179068

この記事へのトラックバック一覧です: ガイ・マーチン:ナッツコーナーからの長い旅路:

« MotogGPのエンジン開発凍結に例外を設けるのは良い妥協点 | トップページ | セパンテスト二日目の皆様のコメント »