« テストでの転倒の原因はフロント-リアのグリップのバランスの問題、とミシュラン | トップページ | タイムは出てないけど心配はしていない、とペドロサ »

マルク・マルケスへのインタビュー@セパンテスト2

テスト結果を見る限りは、今シーズンも大本命のマルケス。Cycle Worldがセパンテスト2でインタビューをしてますので訳出。
============
マルク・マルケスは相変わらず凄い。2年連続でMotoGPタイトルを獲得した彼は2015年もタイムシートのトップを飾ってみせたのだ。セパンで行われた冬期テストで、自身がトップにいることを見せつけたのである。一回目のセパンテストで出した1分58秒867というラップタイムは2014年に彼自身が出したポールタイムの1分59秒791を上回っている。さらに今日終了した二回目のセパンテストでも1分59秒115というタイムでライバルの方へ・ロレンソを0.3秒上回っている。そしてレースシミュレーションでも素晴らしいタイムを叩き出し、2分を上回ったのはわずか3周にすぎない。

マルケスは最高峰クラスのルーキーイヤーにいきなりチャンピオンになるという1978年のケニー・ロバーツ以来の記録を、しかも史上最年少で飾って見せた。2年目となる昨年もタイトル争いでは終始リードを保ち、開幕から10連勝、ミック・ドゥーハンが1997年に記録したシーズン最多勝の12勝を上回る活躍を見せている。さてMotoGPの3シーズン目となる今年はどんな活躍を見せてくれるだろうか?

2015年の最初のテストにホンダは7台のマシンを持ち込んだ。4台がマルケス用、3台がダニ・ペドロサ用だ。2週間後に行われた二回目のテストでは、マルケスのためだけに新型フレームが導入されている。彼はより多くのトラクションを必要としていたのだ。


:勝つためにはこれまで勝ってきたライダーと同じこと、そしてそれ以上をやらなきゃならないわけですが、どうやったらマルク・マルケスを負かすことができるんでしょうか?

マルケス:わかんないですねえ。自分のことしか考えてないし、いつもより上を目指していて、去年より速く走ろうとしてるんです。ホンダはすごくいい仕事をしてくれて、カタールに向けても準備はできてますよ。


:限界はどこにあるんですか?

マルケス:僕は22歳で、まだまだ学ばなければいけないことがあるんです。もっと経験も必要ですしね。すごく高いレベルの中で戦っていて、ライバルは本当に経験豊富です。外からは去年は楽勝だったように見えるかもしれないですけど、相当たいへんだったんですよ。


:その若さでここまでの成功を収めて、モチベーションはどう保っているんですか?

マルケス:人生でいちばん大事なのは、その時いちばん楽しいことをやることだと思ってます、で、それが最初から僕がやりつづけてきてることなんですよ。この2年間本当に楽しんできたし、それがモチベーションになってるんです。いい思い出がたくさんあるし、人生のハイライトもたくさんあるし、でもいちばん大事なのはコースの中でも外でも自分が楽しめてるってことですね。


:2014年は自分のライディングスタイルに合ったマシンを要求してました。それほど精密ではなく完璧でもないマシンという言い方でした。それに対する日本のエンジニアの反応はどうだったんですか?

マルケス:すごく良い仕事ししてくれましたね。マレーシアでの冬期テストではいい感じで走れましたから。


:2014年シーズン終了時にはどんなことをホンダのエンジニアに対して要求したんですか?

マルケス:ヴァレンシアテストで乗ったマシンはアグレッシブすぎて気持ちよく乗れなかったんです。だから別の方向を探さなきゃならなくって、でもそれに応えてくれたんです!


:ホンダはシーズンオフに相当一生懸命やって、セパンには7台持ち込みました。4台があなた用で、3台がペドロサ用でしたけど、どれを選んだんですか?

マルケス:2週間前の一回目のセパンテストでは2014年型とヴァレンシアテストで試したバージョンと2015年型を試したんです。で、結局2015年型を選びました。すごく満足してますね。2015年型は2014年型と同じレベルまでもうきていて、まだまだ速くなる余地はあるんです。


:この2回の冬期テストの結果には満足してますか?

マルケス:最初は比較だけして、結果2015年型を選んで、そのあとはコーナー進入のセッティングを重点的につめていきました。二回目のテストではリア周りとエンジン特性についていろいろやったんですけど、結果には満足してます。一歩前進できましたからね。


:二回目のセパンでもRC213Vが2台ピットにありましたけど、1台はリアのグリップ感を増すための改良版という理解でよろしいですか?

マルケス:ええ。ホンダが持ち込んでくれた新パーツを試していたんですけど、昨日は2種類のフレームを試して、その路面温度が49℃という状況ですごくいいレースシミュレーションができました。一回目のテストからいいタイムが出せてましたけど、ロングランでも良い結果が出ましたね。今回のセパンでは2015年に使うマシンを絞り込むのと、ベースとなるセッティングを出すことが目的だったんですが、どちらの目的も達成できました。改良型フレームは使わないことにしたんですけど、2015年型には満足してます。パワー特性もブレーキングもコーナー進入も、コーナリング中も、コーナー脱出も全ていい。少なくともセパンではすごく気持ちよく走れてます。まあ他のコースでは何か問題がでるかもしれませんけどね。3月のカタールテストでは開幕戦に焦点を絞ってセッティングをさらに詰めていきたいと思ってます。


:誰が最大のライバルになりそうですか?

マルケス:去年はヴァレンティーノ(ロッシ)とホルヘ(ロレンソ)とダニでしたね。みんなモチベーションは高いしタイトル争いをしていた。今年はホルヘが最強のライバルになると思ってます。去年みたいな間違いは犯したくないと思ってるでしょうし。ヤマハのマシンもかなり良くなってるみたいですしね。まあM1は去年から相当戦闘力はありましたけど、今年は開幕からくるでしょう。


:一番尊敬しているライダーは誰ですか?

マルケス:ヴァレンティーノです。彼がこれまで成し遂げてきたこと、獲得してきたタイトル、優勝したレースについてはみんなよくわかってます。でも今彼がやっていることこそが凄いんです。36歳で優勝争いをいてるんですよ。まだ勝てる力がある。本当にすごいことです。目標にできる人がいてくれて本当によかったと思ってます。昔は35歳までには引退しないといけないと思われてましたからね。


:10年後はどうなっていると思いますか?

マルケス:わかんないですね。まだそういう話をするには早すぎる。今みたいに楽しめてれば、ずっとレースを続けられるでしょうね。でもまあ先のことはわかりませんからね。自分次第ですよ。
============
うひゃー、今年もマルケスなのか〜。

|

« テストでの転倒の原因はフロント-リアのグリップのバランスの問題、とミシュラン | トップページ | タイムは出てないけど心配はしていない、とペドロサ »

コメント

モチベーションをどう保つことができるか?
これほどスーパーな成績を出している彼の一番の問題はそこにあるかもしれないですね。
ゆくゆくはロッシのように、乗るマシンを変えよう!なんて気持ちになったりするのでしょうか。
今年もチャンプを取ったとなれば、彼を引っ張ろうという考えを起こす人が出てきてもおかしくはないと思います。

投稿: motobeatle | 2015/02/27 08:58

>motobeatleさん
 ホンダがロッシの時みたいに「マルケスだから速い」って言われるのが嫌で放出、電撃KTM入り!とかなったら面白いですね。

投稿: とみなが | 2015/02/28 14:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61200839

この記事へのトラックバック一覧です: マルク・マルケスへのインタビュー@セパンテスト2:

« テストでの転倒の原因はフロント-リアのグリップのバランスの問題、とミシュラン | トップページ | タイムは出てないけど心配はしていない、とペドロサ »