« ドゥーハンもシュワンツも「ミラーを最初からワークスに入れるべきだった」と | トップページ | シームレスギアボックスはおとなしく待つよ、とロッシ »

コーリン・エドワーズ、ミシュランタイヤテストについて語る

2016年からMotoGPはミシュランにスイッチするわけですが、既にテストは始まっています。ライダーはコーリン・エドワーズ。と言うわけで彼が初期段階のテストについて語っています。MCNより。
============
コーリン・エドワーズによれば、2016年からMotoGPのワンメイクタイヤの座を手にすることになっているミシュランタイヤの開発初期段階の進化は素晴らしいものだということだ。

経験豊富なエドワーズは、昨シーズン中盤をもって20年にわたるその華々しいキャリアに幕を下ろしたが、その後もヤマハのテストライダーとして走っている。

彼の新たな役割の一つがミシュランタイヤの開発だ。ミシュランは来年ブリヂストンに代わってMotoGPのオフィシャル・タイヤ・サプライヤーとなることが決まっている。

2度のワールドスーパーバイクチャンピオンに輝いたエドワーズは去年、日本とマレーシアでミシュランのテストを行った。

彼は来週のMotoGPセパンテストの翌日に行われるワークステストライダーによるミシュランタイヤテストに参加する予定だ。

そしてその後2月のセパンテストの翌日に現役ライダーがミシュランタイヤを試すことになっている。

MCNの独占インタビューでエドワーズは2008年以来のMotoGP復帰となるミシュランの第一印象を語ってくれている。

40歳になる彼はこう言った。「いい感じだったよ。タイヤは素晴らしいしね。ミシュランで走っている時は17インチから16.5インチになったんだけど、また17インチに戻ってきて、そのせいで接地面積はちょっと変化したんだよね。ブレーキングスタイルも変わったし、でもまあ僕も年だし知恵はついてきてるからうまく対応はできたと思うよ。みんな問題なく対応できるだろうし、タイヤ特性を理解できればちゃんと走れるんじゃないかな。いずれにせよミシュランタイヤはどれもすごくいいしね。テストの度に違うタイヤを試しているんだけど、ミシュランは相当がんばってるよ」

エドワーズによれば初期段階では主としてフロントタイヤの開発が集中的に行われたとのことだ。「リアもいくつか試してみたけど、いまは電子制御も凄いんで本当のグリップレベルはよくわからな。最初のテストですっころんでグラベルで何百万ドルもの損害を被るとかはごめんだよね」

現在のブリヂストンタイヤの素晴らしいところは信じがたいほどのフロントタイヤのグリップレベルである。ヴァレンティーノ・ロッシやマルク・マルケスが賞賛しているのもそこだ。

ではエドワーズはミシュランのフロントタイヤと昨年フォワードヤマハで使ったブリヂストンのフロントタイヤとの間に何か違いを感じているだろうか?

「ブリヂストンのフロントは、コーナーに突っ込んで、思いっきりブレーキングして、倒しこんでも全然問題はなかったんだよね。何をしても大丈夫だった。それに比べるとミシュランのフロントは懐かしい感じだね。ラドーにあるミシュランのテストコースで何年も前に何千周もしたときみたいな感じなんだよ。あの時も何千種類ものタイヤを試したんだよね。特にタイヤのつぶれ方があの時のと近い感じなんだよ。ミシュランだとブレーキを握りっぱなしってわけにはいかないんだ。倒し込みの時にはちょっとブレーキを緩めないといけない。それが上手く走るこつかな。レースではそういうことになると思うよ。ミシュランはいいものを作ったと思うし、だから自分でも最高だと思える物ができれば、みんなうまく対応できるだろうと思っているんだ。今のタイヤをそのまま出すってことにはならないだろうね。まだちょっと変えなきゃならないこともあるし、まあとにかくミシュランなりにやらせるべきだろうね。ブリヂストンと同じのを作らせようってのは違うと思うよ」とワークススペックのヤマハYZR-M1をテストしたエドワーズは語っている。

去年、ヴァレンシアでドゥカティのテストライダーであるミケーレ・ピッロが走った時にはブリヂストンでのベストタイムの0.2秒落ちまで迫ったと噂されている。

日本のツインリンクもてぎで2度のテストを行っているエドワーズはこう言っている。「過去にミシュランでもとぎを走った時よりいいタイムだったよ。ラップタイムは言えないけど、ソフトタイヤじゃないのにそれくらいはできたんだ。ベースのタイヤでレースシミュレーションをやったんだよ。これまで体験したミシュランでは最高だし、そういう感触を得られればかなり速く走れるだろうね」
============
ふむふむ。突っ込み重視だと苦労するのかもですね。

|

« ドゥーハンもシュワンツも「ミラーを最初からワークスに入れるべきだった」と | トップページ | シームレスギアボックスはおとなしく待つよ、とロッシ »

コメント

玉やんがブリヂストンからミシュランに
スイッチした時にフロントの切れ込みに
苦戦していたのを思い出しました。
ブレーキ握りっぱなしだとダメってことなんですね。

投稿: ブラインドカーブ | 2015/02/01 01:12

タイヤメーカーが変わった事は本当に大きいですよね。
ちょっとしたルール変更以上の大きな要素でしょう。
ライダーの走りが根本的に変わるかもしれないですからね。
もしかしたらマルケスあたりが一番影響を受けるのではないでしょうか?
彼はコーナーに突っ込んで行くタイプですからね。
かなりのスピードで。
コーリンの感想を見て、なんとなく波乱の予感を感じました。

投稿: motobeatle | 2015/02/01 10:21

G+の座談会で解説陣の方々が
マルケスの強みはブレーキングして
リヤが浮いても寝かしていける位の
フロントのコントロールのテクニック
って言っていたけど、BSのタイヤも大分
貢献していると思う。
それがMIになった時に同じ走りが出来るかどうか。

投稿: ブラインドカーブ | 2015/02/01 18:44

>ブラインドカーブさん
 なんかフロント依存してるライダーがのきなみやられそうですね。

>motobeatleさん
 意外にマルケスあたりが一番に順応したりという嫌な予感もしないではないですが(笑)。

投稿: とみなが | 2015/02/04 22:17

>とみながさん
確かにテストで一番時計ですね、、、。凄いです

投稿: motobeatle | 2015/02/04 23:50

>motobeatleさん
 今日は今日ですごいタイムが出てますねえ・・・。

投稿: とみなが | 2015/02/06 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61063205

この記事へのトラックバック一覧です: コーリン・エドワーズ、ミシュランタイヤテストについて語る:

« ドゥーハンもシュワンツも「ミラーを最初からワークスに入れるべきだった」と | トップページ | シームレスギアボックスはおとなしく待つよ、とロッシ »