« ロッシの復活にはHRC中本副社長も感銘を受ける | トップページ | ドゥーハンもシュワンツも「ミラーを最初からワークスに入れるべきだった」と »

パドックにおける人種差別

女性とGPホモセクシャルとGPについてはMotomatter.comの記事を訳しましたが、今度はMatt Oxlet氏が人種差別について書いているので訳出。Motor Sport Magazineより。
============
MotoGPにルイス・ハミルトン(訳注:F1チャンピオン)、つまり黒人のレースキングが生まれることはあるのだろうか?もちろんいつかはそういうことも起こるだろう。

ひとつの分野で頂点を極めるには、文化、人種、階級、出身地といった要素も非常に重要である。しかし国際的なバイクレースが過剰なくらい白人のスポーツである中で、既に一人の黒人レーサーが頂点まで上り詰めている。アメリカ人のジェームズ・スチュワートがモトクロスとスーパークロスの米国チャンピオンになっているのだ。黒人やアジア人や中国人のレーサーがMotoGPで頂点に立つのも時間の問題ということだろう。

しかしハミルトンやスチュワートが成功しているからと言って、4輪、2輪のレース界で黒人が公平に扱われているわけではない。私はモータースポーツ業界で30年間やってきているが、この業界は現代の標準からするとまだだ人種差別が横行していると言えるだろう。

バイクと車のレース業界ではかなり上の地位にいるある人物がハミルトンのことを「黒んぼ(Sooty)」呼ばわりしたのを聞いたのは、わずか数週間ばかり前のことだ。そして2度もF1チャンピオンを獲得したハミルトンを中傷するのはこの人物だけではないことは私たち全員がよく知っている。

MotoGPでも状況は同じだ。別に業界が人種差別を煽っていると言いたいわけではない。知的でリベラルな人々はたくさんいる。しかし外の世界と比べてMotoGPのパドックは人種差別的であると言わざるを得ないのだ。

2〜3年前、MotoGPのあるワークスライダーが「年をとればとるほど人種差別主義者と出会うようになるね」と言ったのを聞いた。あるMotoGPワークスチームのオーナーはジャーナリストを嘲笑するとき「黒んぼプレスども(press n*****s)」と言っていたし、何年か前にある高名なワークスメカはパキスタンのクリケットチームのイギリス人コーチであるボブ・ウールマーの死について「パッキー野郎(P***s)なんかと一緒にやるからだ」と言っている。そしてブラックミュージックを「黒んぼのクソ(n****r s**t)」と言ったレーサーを2人ほど知っている。

とは言え確信は持てないものの状況は少しずつ良くなっていると私は思う。だが優秀な黒人選手がたくさん活躍しているサッカーでさえ人種差別主義の亡霊に悩まされているのだ。

驚いただろうか?しかし考えてみれば当然のことだ。MotoGPも他のスポーツ同様、性差別主義を隠そうともしていないではないか。レースの前には肌もあらわな女性たちがただ宣伝のためだけにグリッドに立っている。

そして性差別とは何だろう?それは人種差別や同性愛嫌悪や反ユダヤ主義やイスラム嫌悪などの偏見と同根であり、自分と違う相手に対する尊敬の欠如であり、そしてDJ/コメディアンのケニー・エヴェレットがかつて評した通り「みんなの憎しみの貯蔵庫」なのである。

もっと広げて言えば、フランス人哲学者のヴォルテールが250年間に書いた「寛容が内戦を引き起こしたことはない。不寛容が大虐殺を引き起こすのだ」ということを未だに多くの人が理解していないということなのである。

笑ってしまう話だが、数年前私は同性愛嫌悪によるいじめの対象となったことがある。何人かの前時代的業界人が私をゲイだと思い込んだのだ。私はゲイであると思われるのを侮辱だとは思わなかったが、それが彼らを困惑させたらしい。ピットレーンを歩くときに陰でくすくす笑われる不愉快さはさておき、この件のクライマックスはある酒がたっぷり供給されたあるチームの祝勝会だった。そこでチームオーナーと元ライダーが私を後ろから捕まえて耳に舌を突っ込んできたのだ。その間中、彼らは何かもごもご言っていた。全く楽しめなかったが、それもまあおもしろい経験だと思うことにした。それ以外私にどうすることができたろう。

人種差別や性差別や同性愛嫌悪はレース業界の見たくない一面である。いつかその全てがなくなることを強く願っている。
============
日本人ということで差別的な扱いを受けることも多いでしょう。その中で戦っているスタッフやライダーたちは本当にすごいです。

そいうこととは別に、寛容と不寛容はずっと私の考えるテーマ。多様性を認めることができない人ってなんなんでしょうね。

|

« ロッシの復活にはHRC中本副社長も感銘を受ける | トップページ | ドゥーハンもシュワンツも「ミラーを最初からワークスに入れるべきだった」と »

コメント

お待ちしてました。
今年もよろしくお願いしますo(*^▽^*)o

この記事を読んで、あのタイガーウッズでも「僕がプレーできないコースがある」と言っていたのを思い出しました。
確かにGP界で黒人はほとんど見ないですよね。
しかしワークスライダーのオーナーまでが、そうだとすると悲しい気分です。
率直にいって、この問題が解決し開かれた世界になるには相当な年月が掛かるだろうという気はします。

投稿: motobeatle | 2015/01/24 13:21

>motobeatleさん
 なんかそういう心性って理解しにくいですよねえ・・・。とほほ。

投稿: とみなが | 2015/01/24 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/61020239

この記事へのトラックバック一覧です: パドックにおける人種差別:

« ロッシの復活にはHRC中本副社長も感銘を受ける | トップページ | ドゥーハンもシュワンツも「ミラーを最初からワークスに入れるべきだった」と »