« 史上最高額のヘルメット | トップページ | 2016年のMotoGPの電子制御は「公平・簡単・安全」 »

2015年のホンダはもっと乗りやすくしたい、と中本HRC副社長

ヴァレンシアテストではどうも評価が芳しくなかった2015年型RC213Vですが、乗りやすさを出すのに苦労している模様。CRASH.netより。
============
HRCの中本修平副社長は、ヤマハの復活をはばむためには2015年型RC213Vはよりユーザーフレンドリーにしなかればならないと考えているようだ。

2014年は総合的にはマルク・マルケスの完勝だったと言えるが、8月のインディアナポリス以降、最終戦ヴァレンシアまでを考えれば、2台のワークスヤマハに上をいかれてしまっている。

ミサノ、アラゴン、フィリップアイランドでのクラッシュのせいで、シーズン後半9戦のマルケスは137ポイントしか獲得できなかったのに対して、ホルヘ・ロレンソは166ポイント、ヴァレンティーノ・ロッシは154ポイントを稼いでいるのだ。

中本はヴァレンシアでヤマハがシーズン中盤から復活したのはM1の乗りやすさにあると語り、HRCのエンジニアもこれに学ぼうとしていると語っている。

「誰もがコーナリングスピードを上げたいと言ってますけど、うちはまだそこに到達するためのあと一歩が足りないでんすよ。シーズン後半、ヤマハは進歩したましたね。これはマシンとライダーの両方が、ということです。今年のうちのマシンは2013年型より乗りにくいんです。だからもっと乗りやすくしたい。ヤマハみたいにね」

サテライトホンダのアルヴァロ・バウティスタとステファン・ブラドルが期待はずれの結果しか出せなかったのも、RC213Vが乗りにくかったからだと考えている。

「今年のマシンは乗りにくいんです。去年型より難しい。ホンダを乗りこなすのは難しくて、ヤマハの方が乗りやすいでしょう。乗りやすくするためにトルクを出すようにしたんですけど、結果は逆でしたね。ライダーたちはトルクがありすぎるって言ってました。
 誰でも乗るだけならできるんですよ。もし私が今日乗ったら2分を越えるラップタイムになるでしょうけど、そこから0.1秒とか0.2秒とか詰めるのがとても難しいんです。でも0.1秒の違いでも、差がつくんですよ」

マルケスもチームメイトのダニ・ペドロサもヴァレンシアでテストした2015年型のパフォーマンスには不満を述べている。エンジン特性とシャーシのリア周りについては改善が必要だと言っているのだ。

マルケスの今シーズンの成功についてしばらく語ったあと、彼はペドロサの2015年のパフォーマンスについての質問にはこう答えている。

「ダニは今シーズン序盤は腕上がりに苦しめられたんです。で検査を受けたんですけど、そのころはリズムをつかめなかった。それが4レースか5レース続いたんです。セパンではすごく早かったのにクラッシュしてしまった。ヴァレンシアでも良いペースでしたね。彼が表彰台に上ってくれてとてもうれしいですよ。今年は1回しか優勝できませんでしたけど来年はもっといける力を持っていると信じています」

今年はペドロサのMotoGPでのキャリアで最低のシーズンだったとも言える。8月のチェコで1回優勝しただけで、9シーズンの中で最も勝利数が少ない1年となったのだ。

2014年に20Lに燃料が制限されたせいでマシンのキャラクターが変わったが、これがペドロサのロケットスタートが影を潜めた原因だと中本は考えている。

「ダニはいいラップタイムを出すのにも苦労してましたね。ブレーキングでカバーして、結果としてタイヤを保たせながらいいラップタイムを出せることもあった。でも別のレースでは逆のことが起こってました。序盤は速いのに、マシンとグリップのせいで後半落ちてしまうんです。ダニは凄く繊細なライダーなんですよ。
 リアのスプリングはハードな方を好んでいたんですけど、これはラップタイムを出しやすかったからです。でもレース全体を考えて柔らかいスプリングを使うこともあった。今ダニは1周だけ良いタイムを出せれば良いとは考えてないんです。レース全体の組み立てを考えているんですよ」
============
シーズンオフなので記事を小出しにしてるっぽい感じですね>CRASH.net。

|

« 史上最高額のヘルメット | トップページ | 2016年のMotoGPの電子制御は「公平・簡単・安全」 »

コメント

今シーズン、これ程の成功を収めたのにホンダは後半戦を反省をしているわけですね。
こんな大企業が飽く無き探究心で開発をしてるんですから凄いマシンが生まれる筈ですよね。
でもヤマハも負けじと素晴らしいマシンを出してきます。
そこがまた面白いところです。

投稿: motobeatle | 2014/12/06 05:49

>motobeatleさん
 そこがホンダのおそろしいところでもあり、MotoGPを発展させる原動力でもあるんですよね。まあ、批判もそこに集中してるわけですが、私はこういう子供っぽい負けず嫌いな感じがホンダの真骨頂だと思っています。

投稿: とみなが | 2014/12/07 17:01

本当に恐ろしい企業ですw

投稿: motobeatle | 2014/12/08 10:32

>motobeatleさん
 ですねー。子供に大金を持たせるようなものかとw。でもそこがいいんですよね。

投稿: とみなが | 2014/12/09 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/60760382

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年のホンダはもっと乗りやすくしたい、と中本HRC副社長:

« 史上最高額のヘルメット | トップページ | 2016年のMotoGPの電子制御は「公平・簡単・安全」 »