« ミシュランのフロントタイヤが2016年の最大の問題か | トップページ | ダニ・ペドロサのブログ:いつも一緒にいてくれてありがとう »

MotoGP参戦についてスズキが語る:今が復帰の時

スペインでのテストは雨にたたれているようで、ちょっと先々心配なスズキですが、とりあえずやる気は満々の様子。CRASH.netより。この記事の詳細版ですね。
============
スズキチームのボスであるダヴィデ・ブリヴィオによれば、彼自身もスズキの幹部もMotoGP復帰をこれ以上延ばせないと考えていたとのことである。なぜ2015年に復帰するのかという質問への答えがそれだ。

スズキはタイヤがミシュランに変更され、統一電子制御システムが導入されるという大きな変革がある2016年に先駆けてMotoGPに復帰することにした。

ヴァレンシアのシーズンオフテストで、なぜスズキは2015年に復帰するのか、1年後にはルールが変わってマシン特性も変更しなければならないのに、という質問に答えて、ブリヴィオはこう言っている。

「元々は2014年に復帰する予定だったということは覚えてますか?でも1年遅れになってしまって、これ以上遅れるわけにはいかなかったんです。まずは復帰して現状のルールで戦って、みんながそれに参加することで将来に備えることができるんですよ」

プロジェクトリーダーの寺田覚はこう付け加える。「2016年のルール変更は外部要因なんです。MotoGPに復帰するといううちの会社の決定は別の話なんですよ。会社としては今が復帰の時だと判断したんです」

アレイシ・エスパルガロとマーヴェリック・ヴィニャーレスが乗るスズキの新型GSX-RRは直列4気筒エンジンで、ブリヴィオによればマシンの特性、名称、そしてカラーリングは市販マシンに反映させるためのものだという。

「既にMotoGPマシンと同じカラーリングのGSX-Rがあります。それに同じカラーリングで他の市販バイクも予定しています。MotoGPと市販マシンは将来的にもっと関係深いものになりますよ。そして名前もね。GSX-RRと呼んでいますけど、これもMotoGPマシンと市販マシンを関係づけるものになっています」

スズキは3シーズンMotoGPを離れていたが、これは2011年末の金融危機に端を発している。

ブリヴィオは言う。「スズキは一旦離脱して、でも経済状況が変わったんでMotoGPに復帰することにしたんですけど、これはMotoGPがどれほど重要かということを表しています。もちろん販売台数を増やしたいというのもありますけど、ディーラーに喜んでほしいということもあります。ディーラーやファンや従業員に喜んでほしいということですね。これがMotoGPのひとつの効果なんです。最終的にバイクがたくさん売れれば言うこと無しですね」

寺田は2015年にスポンサーなしで走ることについて、特に会社は困ってはいないと言う。

「ええ、現時点ではメインスポンサーはないですね。でも会社としてはスズキブランドを宣伝する良い機会だと考えています」

ホンダやヤマハと同様にスズキは成長著しい東南アジア市場への依存が強まっている。ブリヴィオは、スズキもこうした国でのGPレース開催を望んでいる。

「東南アジアでのプロモーションは確かに明解な目標のひとつです。インドネシアとかタイ、ベトナム、マレーシアといった国ではどのメーカーも大規模なビジネスを展開しています。こうした国でのプロモーションもずっと求められていましたし、できるだけ来るようにも言われています。東南アジアでのレースは本当に必要ですね。
 商業的視点からもとても重要なんです。正確な数字はわかりませんけど、東南アジア市場が全メーカーに利益をもたらしているのは確かです。スズキだけの問題じゃないんですよ。どのメーカーも東南アジアを重視しているし、だからできるだけたくさんそこでレースを開催するよう要求しています」

スズキはヘレスで月曜から2014年最後のテストを始めている。アプリリア、ドゥカティ、フォワードヤマハがスペインに合流する予定で、一方ホンダとジャック・ミラーはセパンでテストを行う。冬期テスト禁止期間前の最後のテストは12月1日に始まることになっている。
============
インドネシアGPとかはありそうですね。

|

« ミシュランのフロントタイヤが2016年の最大の問題か | トップページ | ダニ・ペドロサのブログ:いつも一緒にいてくれてありがとう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/60712910

この記事へのトラックバック一覧です: MotoGP参戦についてスズキが語る:今が復帰の時:

« ミシュランのフロントタイヤが2016年の最大の問題か | トップページ | ダニ・ペドロサのブログ:いつも一緒にいてくれてありがとう »