« スズキはMotoGP参戦台数を増やすことも検討中 | トップページ | MotoGP参戦についてスズキが語る:今が復帰の時 »

ミシュランのフロントタイヤが2016年の最大の問題か

2016年からMotoGPのタイヤサプライヤーがミシュランに替わりますが、フロントタイヤが問題のようです。CRASH.netより。
============
既にかなりのテストが行われているため、2016年にタイヤメーカーがブリヂストンからミシュランに替わっても驚くようなことはMotoGPのワークスチームには起こらないだろう。

しかしライダーがミシュランのフロントタイヤの特性になじめるかについては疑問がわき起こっている。

ブリヂストンのMotoGPタイヤの特性のひとつが素晴らしいフロントタイヤのパフォーマンスだ。チャンピオンになったマルク・マルケスがリアタイヤを浮かせたままコーナーに向けてリーンしているのを見れば、それがよくわかる。

「Moto2ではこんなことは無理でしたね」とマルケスは今年初めに語っている(リンク先は英語記事)。「でもMotoGPマシンを最初に試したときから、このフロントタイヤなら相当攻められるなと感じてました。
 Moto2のダンロップだとブレーキングで詰めることはできなくて、コーナリングスピードを上げなきゃならなかった。ブリヂストンだと逆なんです。コーナー進入で攻められるだけ攻めて、コーナー中盤ではスピードをのせるのが難しいんです」

ミシュランは1976年〜2006年の間に26回の最高峰タイトルを獲得している。しかしブリヂストンが台頭してきてからは休息に落ち目になり、統一タイヤルールが導入された2009年に撤退している。

以来ブリヂストンは統一タイヤメーカーとして君臨していたが、来年末をもって撤退し、元ライバルがそれに取って代わることとなった。

「ミシュランはMotoGPの経験も長いですから、特に驚くようなことは起こらないでしょうね」とレプソル・ホンダのチーム・マネジャーであるリヴィオ・スッポは言う。「昔からブリヂストンのフロントタイヤはすごく良くって、ライダーもすぐになれることができたんです。
 ですから問題は、違うフロントタイヤになって誰がそのフィーリングの違いに苦労するかということですね。これが最大の問題になるでしょう。でもミシュランは経験豊富だから、いいタイヤを供給してくれるはずですよ」

「ミケーレ・ピッロが何回かテストをしてますし、最初の反応はすごく良かったですね」とドゥカティ・コルセのスポーティング・ディレクターであるパオロ・チアバッティは付け加える。

ヤマハレーシングのマネージング・ディレクターのリン・ジャーヴィスは、メーカーがスムーズに移行できるよう多大な労力が注ぎ込まれていると語る。

「ミシュランでのテストは始まったばかりで、2016年の開幕までにはまだ14か月ありますね。それまでに準備ができてなきゃいけないんですけど。
 いろんなタイヤを試さなきゃならないんです。テストライダーだけじゃなくて参戦ライダーもね。だから運搬等々のロジスティクスはたいへんですよ。本当に頭が痛いです。カレンダーやらスケジュールを見て、スタッフをどこに送って、さらに追加のスタッフをどうしようかとか、レースチームのスタッフを使えるかとか考えなきゃならない。
 ですからミシュランは大歓迎ですよ。ブリヂストンは残念ながら撤退しちゃいますけど、準備をするには本当に複雑なプロセスが必要ですからね」

チアバッティは来年のレース後のミシュランテストには全メーカーが参加するのではなく、輪番制が行われることになったと語る。「リンが言った通り、来年のMotoGP終了後の月曜のテストはかなりいろいろやらなきゃらないんで、3者でテストスケジュールをシェアすることにしたんです。だから月曜のテストには全メーカーが参加することにはなりませんよ。
 源強うテストは15回予定されています。ロジスティクスも物的支援もコストもかなりなものになります。やらなきゃならないことはやりますし、ミシュランでちゃんとテスト擦ることで2016年の新時代を良い形で迎えられるでしょう」

ミシュラン時代のタイヤ配分について、スッポは特に増やす必要はないと考えている。インターミディエイト(訳注:通とハンパな雨用のスリックとレインタイヤの中間)が導入されるのではないかという噂については、彼は重要なことだと考えているようだ。

「そりゃ、ライダーに聞いたら、もっとタイヤがほしいって言うでしょうね。でも正直に言えば、現時点の配分数でなんとかできていますから、それほど変えなくてもいいと思いますよ。
 インターミディエイトタイヤもありかもしれませんが、使える機会は限られているし、なくてもなんとかなりますけどね」

スズキとアプリリアが来シーズンMotoGPに復帰するが、MSMA(訳注:Motorcycle Sports Manufacturer's Association:モーターサイクルスポーツ製造者協会)の投票権についてはヴァレンシア終了後に発効されるとのことだ。

MotoGPライダーは次の2月のセパンテストでミシュランの17インチMotoGPタイヤを初めて試すことになる。
============
勢力図が大いに変わるとおもしろいですね!

|

« スズキはMotoGP参戦台数を増やすことも検討中 | トップページ | MotoGP参戦についてスズキが語る:今が復帰の時 »

コメント

元々、ミシュランが16.5インチを開発した経緯も
ケヴィン・シュワンツのブレーキングにマッチする
タイヤが必要だったからで、
レイニーやドゥーハンは17インチ使い続けてましたから
今の小排気量出身の突っ込み重視のライダーが
いかに17インチにアジャスト出来るかかが結構
鍵になってくるように思います。

ブレーキングから寝かしていく状態での
タイヤの断面形状が変わってきますからね。

投稿: ブラインドカーブ | 2014/11/22 23:37

>ブラインドカーブさん
 タイヤの断面形状もそうですし、ダンピング特性とかもきっと変わるでしょうから、ぐっちゃんぐっちゃんになると楽しいですね!

投稿: とみなが | 2014/11/25 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/60694975

この記事へのトラックバック一覧です: ミシュランのフロントタイヤが2016年の最大の問題か:

« スズキはMotoGP参戦台数を増やすことも検討中 | トップページ | MotoGP参戦についてスズキが語る:今が復帰の時 »