« 直言御免。クラッチロー語る パート3:ジャック・ミラーがチームメイトになること、そして精神力について | トップページ | 青山が直面する不確定な未来 »

MotoGPの安全性について

F1でのジュール・ビアンキの事故を受けて、本日もてぎのプレスカンファレンスでもライダーが声を上げています。まずはCRASH.netより。
============
もてぎでの日本GPは木曜にまずプレスカンファレンスから開幕したのだが、その席でF1ドライバーのジュール・ビアンキの事故はMotoGPパドックにも衝撃を与えていることが明らかとなった。

ビアンキは先の日曜に鈴鹿で開催されたF1グランプリでビアンキは頭部に深刻な怪我を負った。彼は自信が運転するマルシャのコントロールを失い、マーシャルがエイドリアン・スーティルのザウバーを片付けるために出したトラクターに衝突したのである。

マルク・マルケスは言う。「MotoGPではないんで、いろいろ言うのは難しいですけど、確かに同じようなスポーツでの出来事ですからね。僕もレースを見ていましたけど、最初は誰も何が起こったかわかっていなかった。でもビデオを見たら、すごくひどいことだとわかったんです。彼の回復を祈りますしF1界についても心配してます。
 でもいつも言っているように、コースに出たらどうしてもリスクはあるんです。大事なのは何が起こったのかきっちり分析して、ミスがなかったのか、誰に責任があるのか、そして将来に向けて何が改善できるかを把握することですね。でも今はジュールと家族のために祈ることしかできませんけど」

MotoGPは2003年から鈴鹿でのレースは開催していない。加藤大治郎が最終シケインのコースサイドのバリアに激突して死亡したからだ。

ヴァレンティーノ・ロッシはその場に居合わせた数少ない現役MotoGPライダーだ。彼はビアンキとも知り合いである。フェラーリ・ドライバーズ・アカデミーで知り合ったのだ。その後ドゥカティでのPRイベントでも彼と同席している。

「すごくやな気持ちになってますよ。ビアンキの事故はかなりひどいものでしたからね」とアラゴンでやはり意識を失って病院に担ぎ込まれたロッシは言う。「彼とは知り合いだし、まあ良く知ってるわけではないですけど、ドゥカティが開催したマドンナ・ディ・カンピリオでのイベントでレースもしてるし、フィアット・パンダで一緒にレースをしたのは楽しかったんですよ。彼はまだ若いし、凄く才能のあるドライバーなんです。
 鈴鹿はとにかく危険なコースですよね。実際MotoGPは2003年の加藤のクラッシュ以来開催されてないわけですし。最高のコースなのに残念なことだと思います。鈴鹿は大好きですけど、やっぱり危険なんです。
 ビアンキのアクシデントのような最悪のことが起こってしまったのは運の問題もあるとい思いますけど、まずはセーフティカーを入れて、それからランオフエリアに入るべきだったと思います。ジュールは不運だったんですけど、彼はミスもしたんです。でもランオフエリアで何かするのは本当に危ないと思いますよ」

モヴィスター・ヤマハのチームメイトであるホルヘ・ロレンソはこう言っている。
「モータースポーツにとって悲しいことだし、今は困難な時だと思います。レースはちゃんと見てはいないんですけど、鈴鹿は特に2輪は見てましたし、F1も見ています。雨の時には特に危険なコーナーがいくつかありますよね。
 ヴァレンティーノが言ってましたけど、トラクターを入れる前にセーフティカーを入れなかったのはまずかったんじゃないでしょうか。ですから将来は変わると思いますよ。でも事故は起こってしまった。みんなジュールの回復を心から祈っています。
============
次はかねてから問題になっている人工芝について、ライダーがなんとかしなきゃと思っているという記事をBikeSportNewsから。
============
MotoGPのトップライダーの内、3人が安全性の面からコーナー入り口での人工芝は取り除くべきだと言っている。ヴァレンティーノ・ロッシのアラゴンでの転倒を受けて、人工芝は危険だし意味がないと言っているのだ。

ロッシはマルク・マルケス、ホルヘ・ロレンソとともに、明日の安全委員会の会合でこれを議題に持ち出し、コーナー入り口の人工芝は取り除くべきだと主張する予定だ。

マルケスは言う。「人工芝は取り除くべきですね。ずっと言ってるんですが、ブレーキングポイントになるコーナー入り口の人工芝ははがすべきです。コーナー出口については難しいですね。僕の考えではむしろ人工芝のエリアを増やすべきで、それはコースの限界をつくれますからね。アスファルトならいくらでも攻められるんです」

これに付け加えてロッシは言う。「多かれ少なかれ、みんな賛成してくれるでしょう。問題は人工芝と天然芝が混在していることですが、結果は同じなんですよ。天然芝に突っ込んだら結果は人工芝と変わらない。去年も人工芝をはがそうと活動したんですが、残すべき場所もあるんです。でも場所によっては危険で意味がないだけで、はがすべきですね」

ロレンソがこれを締めくくってこう言った。「コーナー入り口では人工芝はいりませんね。でも出口でも無い方がいいと思います。安全性の面からね。まあ難しい話で、とにかくコーナリングにはスペースが必要で、でも縁石を高くするんでもいいと思うんですよ」
============
うーん、ビアンキの事故についてはなんとも・・・。

|

« 直言御免。クラッチロー語る パート3:ジャック・ミラーがチームメイトになること、そして精神力について | トップページ | 青山が直面する不確定な未来 »

コメント

先週の鈴鹿にいました。
今は茂木にいます。
あの事故はコースレイアウトに起因するものではありません!
ロッシは好きなライダーだけど、何でも鈴鹿のせいにしないで欲しい。
富沢やシモンチェリの事故とはタイプが全く違うけど、他のサーキットでも起こりうることです。

投稿: 結石 | 2014/10/11 10:59

>結石さん
 そうですねえ。でもオールドコース特有のエスケープゾーンの狭さがMotoGPには既に難しいのかもしれません。観客との距離は近くて、もてぎに比べると素晴らしいコースなんですけどね。

投稿: とみなが | 2014/10/13 19:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/60451363

この記事へのトラックバック一覧です: MotoGPの安全性について:

« 直言御免。クラッチロー語る パート3:ジャック・ミラーがチームメイトになること、そして精神力について | トップページ | 青山が直面する不確定な未来 »