« 新しいライディングスタイル、新しい転倒スタイル | トップページ | フィル・リードのグランプリ今昔 »

KTMが来夏からMotoGPマシンのテストを開始

久しぶりにMotoGP公式より。
============
KTMは10年ほど前にチーム・ロバーツで一瞬だけMotoGP参戦したことがある。現在は軽量クラスで非常に力を発揮しているが、KTMのレース部門のトップであるピット・ベイラーがこのたびMotoGPにフル参戦する予定であることを表明した。

ベイラーは言う。「役員会の決定としてKTMが最高峰クラスに挑戦という大きな一歩を踏み出すことを表明します。当初はMoto2に参戦して少しずつ上を目指そうと考えていましたが、KTMがホンダエンジンで走るマシンを開発するのは、本当のKTMを作ることにはならずナンセンスですよね。ですから直接MotoGPに参戦することにしたんです。既にこのプロジェクトは動き出していて、2017年に向けて忙しく準備をしているところです。
 これこそ本当のKTMです。コンセプトとしてはV4エンジンをパイプフレームに積むことになっています。サスはWP社製で100%オーストリアのKTM製になります。ですから外部からのパーツ供給はない予定です。
 真の意味でKTMマシンにしたいと考えているので、結構たいへんですね。相当きついプロジェクトになることは覚悟していますし、MotoGPクラスで走るまでには年単位の時間が掛かると考えています。でもうちの技術者ならできるはずです。長期にわたるプロジェクトになりますね。
 まだプロジェクトは緒に就いたばかりですけどバイク界の最高のレースに参加できることを楽しみにしています。MotoGPはメーカーにとっての夢ですし、世界最高レベルのレースですからね。これが私たちの目標です」

MotoGPプロトタイプマシンのテストはいつからかと訊かれて、彼はこう答えている。「来年の夏からの予定です」
============
しかし日本語サイトの質の低さはなんとかならないものか・・・。

|

« 新しいライディングスタイル、新しい転倒スタイル | トップページ | フィル・リードのグランプリ今昔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/60337317

この記事へのトラックバック一覧です: KTMが来夏からMotoGPマシンのテストを開始:

« 新しいライディングスタイル、新しい転倒スタイル | トップページ | フィル・リードのグランプリ今昔 »