« ありがとうございます!>綿棒 | トップページ | ワールドスーパーバイク:よりよいレースを産み出すための新ルール »

クラッチローがキャドウェルBSB(英国スーパーバイク選手権)のドゥカティカップにワイルドカード出場

ま、早速本文に行きますか。Bike Sport Newsより。
============
いやいや、そうではなくて、カルのお父さんのデック・クラッチローがキャドウェルパークのドゥカティ・トライオプションズ・カップに今週末参戦するという話だ。御年68歳の彼はまだつなぎをクローゼットにしまうつもりはないらしい。

クラッチロー父がリンカーンシャーのコースを離れて22年になる。しかしアドレナリンとドキドキへのあこがれは相変わらずのようだ。トップ10にもとどかないタイムながらもこのクラスを楽しんでいる様子である。

前回この年金受給者であるクラッチロー父がレースをしたのは13年前だ。現在はMotoGPで走る息子のカルの支援が生活の中心である。クラッチローはレース1では20位に入ったが月曜のレース2ではもっと良い成績を出したいと考えている。そして長きにわたるレース経験にもかかわらず彼は今だにナーバスになると言っているし、今日も状況は同じだったそうだ。

「週末中レースのスタートに向けてナーバスになってたね。こんな気持ちになったのは1992年以来かな。クイックシフター付きのマシンに乗ったことがないんだよ。ちょっと不思議な感覚だね。でもそれ以前にマシンのポテンシャルをフルに引き出すことができないんだよ。昔風の乗り方だからね」父クラッチローはbikesportnews.comにこう語っている。

「プラクティスでは散々だったな。13年レースをしてなかったけど、まだまだいけると思ってたのにね。もう68歳で、でもまだいけるしレースでどきどきできるんだ。最高だね。
 予選ではいい感じで走れたし、楽しめたよ。2秒タイムを縮められたんだ。で、ライバルとバトルしてさらに2秒短縮だよ。びりじゃなかったんだよ。素晴らしいね。
 レースでは緊張したね。結果はがっかりだけど、次のレースではもっといいところをみせたいと思ってるよ。でもまずはバイクに乗れて、みんながやさしくしてくれているのを喜ばないとね。今日のレースに招かれて、で、ここは私が最初に勝ったサーキットだから参加することにしたんだ。また夢の世界に入れたんだよ。
 またアドレナリンが出るのを感じられたし、走ることができた。でも今日が終わった時点ではまだ他の連中についていけることもわかったんだよ。この年でもね。まあ自分が間違ったことをしてるんじゃないかという気持ちもあって、それにいらいらもしたけどね。
 明日は雨になるといいと思ってるけど、それでも状況は有利にはならないかな。でも面白いことにはなると思うよ。バイク乗りってのはみんないいやつで、なんか家族みたいなんだ。特にここキャドウェルパークみたいなところだとね」
============
リンク先の写真が超かっこいい!カルもこうなるのかしらん。

|

« ありがとうございます!>綿棒 | トップページ | ワールドスーパーバイク:よりよいレースを産み出すための新ルール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/60208864

この記事へのトラックバック一覧です: クラッチローがキャドウェルBSB(英国スーパーバイク選手権)のドゥカティカップにワイルドカード出場:

« ありがとうございます!>綿棒 | トップページ | ワールドスーパーバイク:よりよいレースを産み出すための新ルール »