« 化学合成油 vs. 鉱物油 | トップページ | これまでのストーブリーグまとめ:ホンダ、ヤマハ、ドゥカティ、スズキ、カレックス、そしてMoto3の状況まで総まくり »

ホンダはカル・クラッチローとの交渉を否定

どこへ行く、カル・・・。
MCNより。
============
ホンダはカル・クラッチローをドゥカティの悪夢から救う気はないようだ。

先週のアッセンではクラッチローがアルヴァロ・バウティスタに替わってグレシーニホンダに入るか、ステファンブラドルの代わりにLCRホンダに入るのではないかという噂が流れた。

しかしHRCのボス、リヴィオ・スッポは、オランダでバウティスタとブラドルの将来についてはパフォーマンスが伴っていないことからどうなるかわからないとはいっているものの、クラッチローをその代わりとして真剣に考えているわけではないと明言している。

クラッチローは昨年LCRに加入する可能性もあったが、ブラドルがラグナセカでポールを獲得した上に表彰台に立ったことで、その話も流れてしまった。

ドゥカティとは2年間の契約となってはいるが、この最悪のデスモセディチでの1年間を越えて来年も留まるかどうかはクラッチロー次第である。

今月中に決定すればドゥカティを離脱できるという付加的契約条項があるのだ。

クラッチローが今年トップ6に入ったのは1回だけで、昨年はポールポジションと表彰台を獲得したアッセンでも9位という結果に終わっている。

スズキとも交渉しているというのは誰もが知るところであるが、スッポによればHRCはクラッチローとも彼のマネジャーであるボブ・ムーアとも話はしていないという。

スッポはMCNにこう語った。「カルの移籍については話してはないですよ。カルは確かに良いライダーですけど、今年なんでドゥカティでこんなに苦労しているのかは理解に苦しみますね。本当にびくっりしているんですが、現時点ではホンダとカルの間では何も行われていませんよ」
============
ちょっとドゥカティで株を下げちゃいましたねえ・・・。

|

« 化学合成油 vs. 鉱物油 | トップページ | これまでのストーブリーグまとめ:ホンダ、ヤマハ、ドゥカティ、スズキ、カレックス、そしてMoto3の状況まで総まくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/59932288

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダはカル・クラッチローとの交渉を否定:

« 化学合成油 vs. 鉱物油 | トップページ | これまでのストーブリーグまとめ:ホンダ、ヤマハ、ドゥカティ、スズキ、カレックス、そしてMoto3の状況まで総まくり »