« ストーブリーグ表2015(2014.7.23時点) | トップページ | アヴィンティアはヤマハやカワサキとも交渉中 »

ダニ・ペドロサを替えようなんて思ったことはない、と中本HRC副社長

だそうです。MCNより。
============
先日HRCと2016年までのワークス契約をとりつけたばかりのダニ・ペドロサだが、ホンダはこれまで彼を替えようとは決して思わなかったそうだ。

MotoGP参戦から8年間で一度もタイトルは獲得していないものの、ホンダはペドロサに対してこの上ない忠誠心を発揮し、11年目までのレプソルホンダライダーとしての契約を結ぶこととなった。

HRCのトップである中本修平はシーズン前にライバルであるヤマハのホルヘ・ロレンソ獲得競争に参加する可能性もあると言ってはいたが、ホンダはこれまで一貫してチャンピオンであるマルク・マルケスとペドロサの両方を確保し続けようとした。

2012年にもホンダはヤマハからロレンソを引き抜こうとして失敗しているが、中本はシーズン前の発言を実行に移そうとは決してしなかった。

なぜそれほどまでにペドロサを獲得したかったについて、中本はMCNにこう語っている。「ダニとしか話はしていませんし、彼と再契約できてとてもうれしく思っています。マルクとダニはどちらもトップライダーで、うちが両方を確保したかったのもそれが唯一の理由です。私にとって国籍や正確は関係ない。速ければいいんです。それにマルクとダニの関係もとてもいいですからね」

多くの人がホンダはペドロサに1年契約を強いるだろうと考えていた。韋駄天マルケスに続く若いライダーに2016年のチャンスを与えることができるからだ。
しかし中本は言う。「確かに1年契約については話していますよ。1年+オプションで2年というのをね。でもダニが2年契約を望んだんです」

なぜロレンソとは接触しなかったかについては冗談でこう答えている。「遅すぎますからね(笑)。ダニがいてくれて満足していますし、それ以上の理由はありませんよ」
============
海外メディアにはあまり受けの良くない感じで、そのままの印象を記事にされちゃう中本さんですが、ストーナーの自伝とか読むと、なかなか情に厚い人のようなんですよ。だからこそ一貫してホンダに乗り続けているダニを使うんじゃないんでしょうか。「速ければいい」ってのは一種の照れかも。

|

« ストーブリーグ表2015(2014.7.23時点) | トップページ | アヴィンティアはヤマハやカワサキとも交渉中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/60037341

この記事へのトラックバック一覧です: ダニ・ペドロサを替えようなんて思ったことはない、と中本HRC副社長:

« ストーブリーグ表2015(2014.7.23時点) | トップページ | アヴィンティアはヤマハやカワサキとも交渉中 »