« スズキのパフォーマンスは現時点では判断が難しい、とドヴィツィオーゾ | トップページ | オピニオン記事:歴史は繰り返すーエナジードリンクはタバコ問題の再現 »

まだモチベーションは失っていない、とカル・クラッチロー

カタールに続いて電子制御トラブルに見舞われカタルニアGPをリタイヤすることとなったクラッチローですが、それでもモチベーションは高い、と言っています。MCNより。
============
カル・クラッチローはまだモチベーションは失われていないと言っている。悪夢のようなドゥカティでのキャリアにもかかわらずだ。

昨日のスリリングなカタルニアGPを電子制御系のトラブルで彼はリタイヤを余儀なくされたが、これで彼がゴールできなかったレースはデスモセディチでの7レース中5レース目となった。

そしてバルセロナでの1日間のテストではクラッチローは13番手に沈んでいる。ホンダ、ヤマハという日本メーカーとのギャップが縮められないでいるにもかかわらず、ドゥカティはテストパーツをほとんど持ち込まなかったからだ。

クラッチローとチームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾがカタルニアでテストするのは電子制御系のセッティングのみなのに対して、ヴァレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソは2015年型YZR-M1エンジンをテストしている。新型エキゾーストと、数々の新型パーツをテストしたのだ。

ホンダとヤマハに追いつけないにもかかわらずドゥカティが迅速にニューパーツを供給できないのをおかしく思わないかとのMCNの質問に対して彼はこう答えている。「僕もおかしいとは思いますよ。彼らに与える情報はたくさんあるし、実際に情報は与えているんです。11月に乗った時に、もういろいろ言っていて、まあ少しは良くなっているんですが、基本的な問題は変わっていないんですよ。何かしなきゃいけないんですけど今年の終わりまではなんともならないとも言われているんですよ。だから何も言わないことにしてるんです」

ドゥカティはいまだにひどいアンダーステアに悩まされている。クラッチローによればカタルニアGPでもまったく攻める自信がなかったとのことだ。

しかしこの散々な状況の中でも士気は高く、モチベーションは失われていないという。

「毎週高いモチベーションを保っていますよ。毎レースできることはすべてやっていますし。確かにどうにもならないってわかっているというのもきついですけどね。1周目で他のライダーについていけなくなる。それにグリップがなくなるとドヴィとはちがって接地感がなくなっちゃうんです。ライダーによって乗り方は違うんですよ。1年のためにバイクに合わせてライディングスタイルを変える気はないですしね。もしスタイルを変えて、でも翌年マシンが全然違うものに変身しちゃったら、また乗り方を戻さなきゃならない。最高のライダーの一人(ロレンソ)と同じような乗り方なんですよ。コーナリングスピードを稼ぐタイプなんです。でもこのマシンではそれができないんです。このマシンでちゃんとしているのはストレートでのブレーキングだけですね。でもそこは僕の得意とするところじゃない。ストレートでのブレーキングが良くなっても僕の好みのコーナー進入はできない。でタイムが落ちちゃうんです。コーナー進入で自信が持てないんですよ」

デスモセディチを競争力あるマシンにするためにここまでの仕事が必要だったとモンスターヤマハテック3をやめた時にもわかっていたかと問われた彼は、こう答えている。「マシンを何とかするのは僕の仕事じゃないんです。僕はマシンに乗って情報を出す。他のワークスマシンにはかなり離されていますね。アンドレアはレースで良い結果を出していますし、ポルとかとはバトルできてますけど、ポルはルーキーですからねえ」

ドゥカティは2010年以来勝利から遠ざかっている。「ポルとかには勝たなきゃダメなんです。ワークスなんだからトップ6に入らないと。でも今はそこまでの競争力はありません。ドヴィも僕もバイクをなんとかすることはできないんですよ。イアンノーネとエルナンデスはすごくがんばっているし、それは契約を獲得したいからで、それはうまくいってますよね。でも彼らが僕よりうまく走っているかどうかは僕には言えません。でもこれ以上のリスクを冒す必要もないと思ってます。もう情報は十分に出しているし、だから次はドゥカティが何をしてくれるかですよね」
============
なんかnot〜とかno〜とかが多くて、モチベーションは高いといいつつ、結構ネガティブな感じのインタビューでした。

|

« スズキのパフォーマンスは現時点では判断が難しい、とドヴィツィオーゾ | トップページ | オピニオン記事:歴史は繰り返すーエナジードリンクはタバコ問題の再現 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/59832762

この記事へのトラックバック一覧です: まだモチベーションは失っていない、とカル・クラッチロー:

« スズキのパフォーマンスは現時点では判断が難しい、とドヴィツィオーゾ | トップページ | オピニオン記事:歴史は繰り返すーエナジードリンクはタバコ問題の再現 »