« そろそろブレーキのかけどころ | トップページ | マルク・マルケス レプソル公式ブログ:最高の集中力で »

ギレルモ・デル・トロ:ただいまパシフィック・リム2の脚本を執筆中!

昨年の(わたくし的)ベスト映画、というかオールタイムベストにもランクインしそうなパシフィック・リムですが、本国アメリカではこけたものの世界興業は結構稼いだようで続編の話が持ち上がっていました。で、監督のギレルモ・デル・トロが2の脚本を執筆中とのこと。BuzzFeedより。
============
オースチン・テキサス:映画監督ギレルモ・デル・トロは2013年に世界的ヒットとなったパシフィック・リムの続編を執筆中である。

オースチン・テレビ・フェスティバルに「The Strain」(ギレルモ・デル・トロによるバンパイヤ小説のテレビシリーズ化)のプロモーションにやってきたデル・トロはBuzzFeedに対して彼が脚本家のザック・ペン(「X-Men:ファイナルディシジョン」、「ハルク」の脚本家)とともにパシフィック・リム2の脚本を書き始めたと語った。

「ザック・ペンと一緒にむちゃくちゃがんばってます。この2〜3か月、こっそりやってたんですよ。やっとものになりそうになってきましたね。トラヴィス・ビーチャム(パシフィック・リムの共同脚本家で現在Foxのために「ヒエログリフ」の脚本に取り組んでいる)もストーリーラインを一緒に考えてくれたんだけど、今はザックと一緒に書いてます。トラヴィスは今じゃあテレビで超忙しいですからね」

デル・トロは制作のレジェンダリー・ピクチャーズが公式には脚本の実現に同意しているわけではないものの、彼とペンはもう制作されるつもりで書いているという。

「僕にはお金がないんですけど、もう実現するつもりでやってますよ」と笑いながらデル・トロは言う。次のプロジェクトが終わったら続編にとりかかるつもりだそうだ。

またデル・トロによれば、脚本には現在のところローリー・ベケット(チャーリー・ハナム)とモリ・マコ(菊池凛子)が登場しており、1本目の続きから始まるという。

「1本目の前の話を出してくると思ってた人もいましたね。でも侵略の第一波には興味がないんですよ。すっごく新しくって、すっごくクレイジーなアイディアがてんこもりですよ。1本目とは全然違う。でもすごく見応えのあるものになるはずです」

パシフィック・リムは米国内ではそれほどヒットせず、1億180万ドルの興業収入にとどまったが、国外では大ヒットとなり全世界興収は3億920万ドルに達した(中国だけで1億1190万ドルだ)。レジェンダリー・ピクチャーズの社長、トーマス・タルは最近webサイトのI Am Rogueに、最高のストーリーで、みんながすごいと思うんじゃなければパシフィック・リム2は作らないと語っている。またデル・トロが監督で再登板するのも条件だという。

レジェンダリー・ピクチャーズの広報はこれについては口をつぐんだままだ。

「The Strain」のエグゼクティブ・プロデューサー(数本のエピソードも監督する予定)の仕事の他に、デル・トロはレジェンダリーのホラー映画「Crimson Peak」(ミア・ワシコウスカ、トム・ヒドルストン、ジェシカ・チャステイン、チャーリー・ハナムが出演。現在ポストプロダクション中)の監督もやっている。さらにFoxのためにアニメーション作品の「The Book of Life」のプロデュースもやっている最中だ。
============
ゴジラも来るし、楽しみだなあ。

|

« そろそろブレーキのかけどころ | トップページ | マルク・マルケス レプソル公式ブログ:最高の集中力で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/59788513

この記事へのトラックバック一覧です: ギレルモ・デル・トロ:ただいまパシフィック・リム2の脚本を執筆中!:

« そろそろブレーキのかけどころ | トップページ | マルク・マルケス レプソル公式ブログ:最高の集中力で »