« ラヴァティがスズキでフィリップアイランドMotoGPテストに登場 | トップページ | 公式プレビュー>フランスGP2014 »

腕上がりとは何か、そしてその治療法

感覚としては理解しているし、実際腕を酷使してそうなっちゃうこともあったりするんだけど、そのメカニズムとか治療法については全然理解していなかった「腕上がり」。ここんとこペドロサとかブラドルが立て続けに手術で治療していますが、この腕上がりについてCycle Worldが解説してくれてます。
============
MotoGPレーサーのダニ・ペドロサとステファン・ブラドルが最近相次いで同じ症状を緩和するための手術を行っている。彼らが苦しんでいたのは腕上がりだ。これはバイクレーサーより陸上走者に多い病気で(もちろん陸上走者には脚におきるものだが)、医学的には「慢性労作性コンパートメント症候群(chronic exertional compartment syndrome : CECS)」と呼ばれる。これがパドックで腕上がりと呼ばれているものの正体だ。

CECSは筋肉の使いすぎにより男女問わず発生するスポーツ障害であり、ほとんどの症例は長距離走者のものだ。2輪界ではロードよりモトクロスでよく見られる。荒れ地を走るために手と腕を酷使することを考えれば当然だろう。

CECS(そしてもっと深刻な急性コンパートメント症候群)を理解するには筋肉の解剖学と生理学をある程度わかっている必要がある。筋肉というのは筋膜と呼ばれる強靱で薄くしかも伸びにくい膜で包まれている。いちばん近いイメージはソーセージの皮だろうか。筋肉を使うときにはエネルギーが必要となる。そしてエネルギーが必要となると血流が必要となる。そしてこの血流量の増加により筋肉の体積は20%程度増加するのだ。しかし筋膜は伸びないため、狭い筋膜に筋肉がいっぱいになってしまう。この状況ではエネルギーが必要な場所に供給されず、筋肉全体のパフォーマンスが落ちることになる。そして前腕部の筋力が落ちると、手首、手、指と筋力が落ちていく。

さらに腕上がりは痛いものであることも言っておくべきだろう。実際これが障害発見のきっかけになることが多いのだ。乗り始めて数分で痛み始め、乗り終わってから20分程度で痛みが消える。痛みには短期的な痺れと筋肉に力が入らない状態が伴うことがある。かなりのスピードで走っていたらプロだろうとアマチュアだろうと、こういうことは避けたいはずだ。

整形外科での救急処置を必要とするような外傷によって起こる急性コンパートメント症候群とは異なり、腕上がりは機能の永久的な喪失につながることはほとんどない。しかし腕がまともに動かなかったら勝つのは難しいし、怪我もしやすくなってしまう。

症状が長続きするわけではないために診断での見落としもあり、腱炎のような軽い障害と間違われることもある。スポーツ医学の専門家がやるのは休息時、労作時、労作後の筋区画(筋膜に包まれた部分)の圧を測定することだ。これは圧力測定器につながった針を筋肉に刺して計測するものである。筋区画の圧が下がらなければ診断は確定だ。

最新の知見によれば、筋膜切開のみが有効な治療である。これは全身麻酔下で症状のある筋区画の筋膜を切開し圧を開放する方法だ。普通は術後数週間は筋肉を休ませなければならない。しかしペドロサもブラドルも今週末のフランスGPへの出場を予定している。手術から2週間もたっていないにもかかわらずだ。

彼らの「やる気圧」がそうさせるのだろうか。
============
なるほどなるほど。

|

« ラヴァティがスズキでフィリップアイランドMotoGPテストに登場 | トップページ | 公式プレビュー>フランスGP2014 »

コメント

いつも読ませていただいております。最後の一文に目を剥いて思わず原文をチェックしにいきました。いやこの訳はよく思いついたなと。これからもよろしくお願いします。

投稿: takeos | 2014/05/16 14:52

>takeosさん
 をを!気付いていただけましたか!!
 実はそこに一番時間をかけていたりするので、とてもうれしいです(笑)。
 これからもよろしくお願いします。

投稿: とみなが | 2014/05/16 22:17

GP ライダー張りの走りをしている訳ではないですが
(そもそも、出切る訳がないですが w)
私も”腕上がり”の状況のようです。
(仕事がら腕を酷使していた為と思われます)
嘗て、フレディスペンサー選手も
ライダースアームと称して、治療していたような
記憶があります。

何件か、整形外科廻りましたが白蝋病、頚腕症候群、
手根幹症候群 などの病名しか出てきません、
しかしそれぞれの典型例とも異なるし
シップと痛み止めしか出ない
除序に症状が悪く成りつつあります。

国内で対応してもらえる、整形外科は有るのでしょうか?

投稿: High | 2014/11/03 05:06

>Highさん
「コンパートメント症候群・整形外科」でググると、こんなページがヒットしました。
元ネタは厚生労働省のデータなので信頼性は高いはずです。ご参考まで。

http://caloo.jp/dpc/code/160650

投稿: とみなが | 2014/11/03 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/59648828

この記事へのトラックバック一覧です: 腕上がりとは何か、そしてその治療法:

« ラヴァティがスズキでフィリップアイランドMotoGPテストに登場 | トップページ | 公式プレビュー>フランスGP2014 »