« ダンロップがタイヤ入札に参加しなかった理由 | トップページ | ロッシと8耐 »

MCN3連発:大型ブレーキディスクを歓迎するライダーたち、RC1000V2015年型は大変革、ホンダはジョナサン・レイを走らせたいらしい

あーしーたーはー
RBXF!
気持ちが舞い上がって翻訳が手につかないので、MCNからコメントのみを抜き書き3連発。
============
まずは340mmフロントブレーキディスクが導入される(もてぎは必須。他のコースは320mmとどちらかを自由に選択)のを受けて、ライダーたちが喜びのコメントを発しています。
カル・クラッチロー「どのレースでも使えるようになったのは嬉しいですね。速く走れるようになるしラップタイムも上がるでしょう。でも何よりもライダーの安全という点でいいことですよ。マシンはすごく重くなっているし速くなっているんで、大型ディスクで安全になるのは間違いないですよ。小さいライダーにとっては関係ないかもしれないですけど、僕やヴァレンティーノやアレイシには助けになりますね」

340mmの使用を許可するよう主張し続けていたホルヘ・ロレンソ「マシンは前より重くなっているし、ライダーによるかもしれませんけどブレーキングで問題が出ていたんです。2〜3周もするとブレーキが利かなくなるんですよ。大型ディスクが本当に使いたいし、カルメロ(エスペレータ)が言うように、スピードも少し落とした方がいいでしょう」

一方、HRC副社長中本修平氏はこんなことを言っていたんだそうです。それで記事中では『ホンダの反対にもかかわらず今回の決定がなされたことは驚きである』と書かれています。以下中本氏の発言。「マシンの重量は去年と同じだし、トップスピードも10とか20km/hじゃなくて2km/hくらいしか上がってないんですけどね。技術的には320mmのディスクで充分安全にレースを終えられるはずです。もてぎではみんなが問題を抱えていたんで340mmディスクを使いましたけど。あとバルセロナとセパンもディスク温度が高くなる可能性がありましたから。でもオースチンやアルゼンチンでは平均温度はそれほどでもないんです。確かにチームやライダーの中にはブレーキングパフォーマンスを上げたいという意見もあるのはわかっていますし、それは充分理解できます。でも安全委員会も去年この話を検討していて、ブレーキ性能はディスクサイズだけの問題じゃないという結論に達していました」
----------
お次は苦闘するRC1000Vの大幅アップデートが2015年にあるかもというお話
これまたHRC副社長の中本さんの発言です。
「今年は大改良をする予算がないんです。もしうまい方法があれば喜んで新型パーツを供給するんですが。(2015年の大幅アップデートについて)それはすでに考えています。うちの市販マシンは比較的安価ですしパフォーマンスもそれなりにあるとは思いますけどね。前にいるのはファクトリークラスとヤマハのファクトリーエンジンを積んだオープンマシンだけですから。まあこれは悪くないと思いますよ」
----------
そしてジョナサン・レイをホンダが来シーズンのMotoGPにエントリーさせたいと考えているというネタ
こちらはチームボスのリヴィオ・スッポ氏のコメントです。「レイはすごく良い仕事をしているし個人的には彼がMotoGPで走るのを見たいですね。ずっとホンダに乗ってくれてますし彼のことが大好きなんです。だから彼に何かしてあげられるといいですね。去年はケイシーの代役として2戦走っていますが、なかなかたいへんでした。
 MotoGPとワールドスーパーバイクを交互に乗り替えていたんですよ。毎週違うタイヤを履いた違うマシンに乗っていたということです。なのにいい仕事をした。MotoGPで彼が走っているのを見るのはたのしいでしょうね。
 彼が来シーズンどのチームで走るかについてはまだ何もわかっていませんけどホンダもたくさん走っていますからね。市販マシンなら比較的簡単な選択肢でしょうね。いま4台走らせていて、すべてそれなりの成績を出していますから」
============
バイクフリップ、見られるかしらん。

|

« ダンロップがタイヤ入札に参加しなかった理由 | トップページ | ロッシと8耐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/59693614

この記事へのトラックバック一覧です: MCN3連発:大型ブレーキディスクを歓迎するライダーたち、RC1000V2015年型は大変革、ホンダはジョナサン・レイを走らせたいらしい:

« ダンロップがタイヤ入札に参加しなかった理由 | トップページ | ロッシと8耐 »