« ペドロサが800万ユーロをスズキに要求:これって「茶色いM&M's」かも | トップページ | 公式プレビュー>イタリアGP2014 »

スズキGPマシンテストは絶好の機会、とラヴァティ

スズキとペドロサの記事は昨日訳出しましたが、ユージーン・ラヴァティも虎視眈々とスズキのシートを狙っています。岡山→フィリップアイランドと続くテストに関する彼のコメントがCRASH.netに載ってましたので訳出。
============
ユージーン・ラヴァティは来るスズキMotoGPマシンのテストについて、来年のフル参戦に向けての重要なオーディションだと考えている。

ヴォルトコム・クレセント・スズキのWSBKチームとの契約前にはプラマック・ドゥカティから2014年のシートをオファーされていた彼は、今週岡山で行われるスズキの新型4気筒MotoGPマシンのテストに参加する予定だ。さらにテストライダーのランディ・ドゥ・ピュニエとともにフィリップアイランドでのテストにも参加すること予定である。

今シーズン初戦のフィリップアイランドでのスズキデビューを勝利で飾りはしたものの、ラヴァティは実に現実的である。おのテストを来年のフル参戦のための重要な機会だと考えているのだ。スズキは3年のブランクを経て2015年にMotoGPに復帰することになっている。

ラヴァティはこれに備えて、コース上のパフォーマンス以外でもチームを感心させるべく予習をしてきたと言う。

彼はCrash.netにこう語っている。「とても楽しみですね。先週はいろいろ予習をしましたよ。ドニントンに向けての準備もありましたが岡山のことも勉強したんです。あそこは走ったことがありませんからね。フィリップアイランドはよく知ってますけど、それでも一生懸命予習しました!
 ただおもしろかったって言うだめだけに行くわけじゃないですよ。良い機会ですからね。僕がどれだけ良いところを見せられるか、いいチャンスだと思ってます。難しいとは思いますが岡山では天気さえ良ければ4時間あるんで、良いセッティングを出して気持ちよく走りたいです」

スズキが来年復帰することで来シーズンに向けたストーブリーグが熱くなっている。最も派手なのはダニ・ペドロサへのアプローチという噂だ。さらにドゥ・ピュニエも2015年のフル参戦を狙っている。得意とするフィリップアイランドでテストできることを喜びながらも、彼が比較される相手は非常に手強いこともラヴァティはわかっている。

「フィリップアイランドでは1日半のテストで、ランディが後半の1日半を担当します。フィリップアイランドは得意ですけど、僕のラップタイムが比較されるライダーは去年あそこですごく速かったし、だから彼だって喜んでると思いますよ。
 6月のテストということで風は強いし凍えるような寒さでしょうね。だからそういう状況でブリヂストンを初体験するというのはなかなか厳しい話です。まあ結果が楽しみですね。おもしろいことになると思いますよ」

ドゥカティに有利なようにオープンルールを適用するという決定の前にプラマック・ドゥカティでMotoGPを走らないという決断に関してもラヴァティは後悔していない。その時点で最良の決断をしたと考えているのだ。

「なかなか難しい質問ですね。後知恵で過去を振り返るのはあんまり好きじゃないんで。もし僕が今の状況になるとわかってたらどうしたかですか・・・。まあそれでも載らなかったでしょうね。今だからわかることを前提に過去を振り返るのは、その時点で間違った情報で間違った判断をしたと思ってるときだけですから。ワークス4台が全部オープン適用になるなんてその時はわからなかったわけですし、まあ考えるまでもないですね」
============
ユージーン・ラヴァティがスズキのMotoGPマシンをテストするというのは既にお伝えしていたんですが、この記事で「沖縄でシェイクダウン」となっていたのは「岡山でシェイクダウン」の間違いだったのですね。

|

« ペドロサが800万ユーロをスズキに要求:これって「茶色いM&M's」かも | トップページ | 公式プレビュー>イタリアGP2014 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/59721217

この記事へのトラックバック一覧です: スズキGPマシンテストは絶好の機会、とラヴァティ:

« ペドロサが800万ユーロをスズキに要求:これって「茶色いM&M's」かも | トップページ | 公式プレビュー>イタリアGP2014 »