« 公式リリース>アメリカズGP2014 | トップページ | ウェイン・レイニー Q&A »

アメリカズGPのタイヤ問題

多くのライダーがタイヤトラブルに見舞われた今回のアメリカズGP。ブリヂストンは全く予想していなかったそうです(当たり前だ)。
MCNより。
============
ブリヂストンは日曜に行われたアメリカズGPでのMotoGPクラスで起こったフロントタイヤ問題について、全く予想していなかったと言っている。

数人のライダーに起こったことだが、ミディアムコンパウンドのフロントタイヤの右サイドがひどく摩耗してしまったのだ。ヤマハワークスのヴァレンティーノ・ロッシは最悪の状態を体験した一人である。

彼はアメリカズGPで2014年に続く2回連続の表彰台を狙っていたにもかかわらず、フロントのグリップが失われたせいでタイムが落ち始め、結局8位でフィニッシュすることとなった。

またイギリス人ルーキーであるスコット。レディングは21周のレースの終盤、右コーナーでフロントから転倒しポイントを得ることができなかった。

レディングによれば、7周目にタイヤのパフォーマンスが突然落ちたとのことだ。これに対してブリヂストンのチーフエンジニアである東雅雄は全く予想していなかったことだと言う。
「何人かのライダーに起きたことですが、フロントタイヤの右サイドがこれほど摩耗するとは予想していませんでした。確かに右サイドに厳しいセクションがいくつかありますが、コンパウンドはそれに合わせて作り込んでいたんです。
 ライディングスタイルの違いやマシン特性、路面状況等を今後分析してレースでここまで摩耗した原因を探る予定です。そして摩耗が激しかったライダーとそれほどでもないライダーがいた理由も分析します。
 タイヤの欠陥が原因ではないと確信しています。去年と比べても、そしてプラクティスと比べてもレース中のコンディションが厳しかったんだと考えています。
 去年のレースでも今年のプラクティスと予選でもここまでひどい摩耗は無かったので、テクニカルセンターでアメリカズGPのデータを解析して、原因を追及する予定です」
============
去年のオーストラリアGPに続いての失態ですからねえ。ちょっとなんとかしないといけないですね。ちなみにレディングのタイヤと思われる写真はこちら。やすりで削ったようになってます。こわい・・・。

|

« 公式リリース>アメリカズGP2014 | トップページ | ウェイン・レイニー Q&A »

コメント

ブリジストンワンメイク危機という記事もでていますね、私もブリジストン履いているのでショックですやはり…競争がない所には危機感無しか…ミシュランやピレリも参戦してタイヤ戦争時代に帰る?2016年以降のレギュレーション移行にも関わってきますね?

投稿: ブリヂストンS20Evoを使っている者 | 2014/04/17 00:22

>ブリヂストンS20Evoを使っている者さん
 訳出しました!ご参照くださいませ。ブリヂストンはSR用にBT-45を作り続けてくれているので、私もとても好きなメーカーです。

投稿: とみなが | 2014/04/20 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/59481000

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカズGPのタイヤ問題:

« 公式リリース>アメリカズGP2014 | トップページ | ウェイン・レイニー Q&A »