« フィリップアイランドでのタイヤテストについてのコメント | トップページ | カタールテスト初日結果 »

オープンクラス電子制御ソフトに関するドルナ技術責任者へのインタビュー

ドルナのCEOであるカルメロ・エスペラータ氏がスペインのサイトASのインタビューで「ドゥカティじょオープンマシンが3位を3回、または2位を2回、または優勝を1回したら、オープンクラスの燃料容量24L&エンジン台数24台に対して、燃料容量は22.5L、年間エンジン台数は12台とする。発表は来週の火曜の予定」と言っちゃったりしてますね(英語の要約はこちら)。なんか「ファクトリー2」クラスって言うらしいですが。

それに先だってオープンクラスの電子制御ユニットに関してCRASH.netがMotoGPの技術ディレクターにインタビューをしています。このネタの背景はイタたわGPさんに詳しいです。
============
もしドゥカティが自社製電子制御システムをそのままオープンクラスに持ち込むことができたのなら、ひとつ不利な状況をクリアしたことになる。

しかしそんなことは可能なのか?

ざっくり言うと「イエス」だ。ただしドゥカティが秘密のソフトウェアを公開し、しかもソフトの変更がオープンクラスのライダーすべてにメリットがあることを証明できればだが。とは言えドラッグ&ドロップほど簡単にはできる話ではないだろう。

ファクトリードゥカティ用ソフトをオープンクラスに適応させなければならないということだ。ファクトリー・オプションのソフトウェアは自分のメーカー専用に作ることができるが、オープンクラスのそれは6種類の異なったマシンが使うのである。

2010年以来勝利から遠ざかっているドゥカティがオープンクラスに移行したのは開発制限を逃れるためであるが、そのせいでホンダとヤマハは不満のようである。

ファクトリー・オプションからオープンクラスに移行するための技術的な変更は統一ECUソフトを使用することだけで、それさえできれば燃料使用料やエンジン台数、エンジン開発、テストといった点で有利な点があるのだ。

現時点でオープンクラスの性能を左右するのは以下の2点だけである。
1)統一ECUソフトの性能
2)ファクトリー・オプションより一段階柔らかいリアタイヤ

ファクトリーより柔らかいリアタイヤは予選では有利になるだろう。オープンクラスのハードタイヤがファクトリーのソフトに相当することが多いからだ。しかしレースでは余り差はでないだろうと思われる。逆にドゥカティはファクトリー用ハードタイヤ(これはオープンクラスには供給されない)の性能が良ければ苦労することになるだろう。

しかし最大の問題はソフトウェアである。今年用の新ルールではECUのハードウェアはマニエッティ・マレリが製造するものに統一される。ファクトリークラスではソフトウェアを自由に開発できるがオープンクラスではドルナが用意するソフトウェアを使用しなければならない。これはどのチームからも独立した立場にあるマニエッティ・マレリが作製するものだ。

カル・クラッチローとアンドレア・ドヴィツィオーゾによれば、オープンクラス用ソフトはファクトリー用ソフトに比べて反応が悪いとのことである。しかしドゥカティのファクトリー用ソフトがそのままオープンクラスに使われるのであればドゥカティにとっては統一ECUが不利な要素ではなくなるのだ。

ドゥカティのオープンクラス移行に合わせたかのようなオープンクラス用ECUソフトのアップデートのタイミングの不自然さを指摘しているのはホンダだけではない。

CRASH.netはMotoGPの技術ディレクターであるコラード・チェッキネリに独占インタビューを行っている。これはドゥカティがオープンクラスに移行することを発表する直前ではあったが、ここ最近使用されているマニエッティ・マレリ製ソフトのメーカー間の違いから質問を始めてみた。

昨シーズンまではドゥカティ及びヤマハがマニエッティ・マレリを使っており、ホンダは自社製であった。

チェッキネリ:「昨年時点で既にマニエッティ・マレリは使われていました。マレリ社はドゥカティ、そしてヤマハに合わせてシステムを作っていましたし、その内容は秘密にされるという契約でした。
 ですから去年ドゥカティが使っていたECUは結愛マハの物とは違いますし、2014年に多くのチームが使うものとも違っています。
 今シーズンについてはハードは統一でソフトは各社が開発することになります。ですからマレリ社と協働することになりますが、その中身はオープンクラスのものとは関係ありません。
 例えばドゥカティがオープンクラスに移行するとなれば自社製ソフトを捨てて統一ソフトを使用することになります。もちろんドゥカティもなんらかの要求をするわけですから、こちらで用意するソフトは多かれ少なかれドゥカティの自社製ソフトと似通ったところがあるわけですが。
 全メーカーがオープンクラスマシンを作っているんで、そうした要求は全メーカーが出しているわけなんです」

ドゥカティがファクトリーからオープンに移行する可能性にからめた話として、もしドゥカティがオープンクラス用ECUソフトに自社のウィリーコントロールシステムを組み込むという要求をしてきたらどうするか尋ねてみた。
「そうした場合まずはウィリーコントロールのロジックを説明してもらい、それが私たちが用意した物より良いと判断した場合は、私たち、つまりマレリ社のエンジニアがコードを書いて統一ソフトに反映させることになります。
 ですからそれは他のすべての要求と同じ扱いになります」

ドゥカティ・コルセのマネジャーであるジジ・ダリーニャはドゥカティのファクトリー用ソフトをオープンクラス用に反映させることに関して、その希望を隠そうともしない。
ダリーニャは言う。「ドルナにはいくつかお願いをする予定です。ソフト開発は筆意用ですからね。ですからもし可能であればマニエッティ・マレリとドルナが私たちの開発を反映してくれるといいと思っています」

MotoGPマシンのメーカーがオープンクラス用ECUに大きな興味を持っていることを考えればドゥカティがオープンクラスの全てのライダーに自社製ソフトを使わせたいのもうなずける。

チェッキネリはオープンクラス用ソフトを全メーカーが使用するという特徴を挙げて、これはかつてどのようなチームも手にしたことのない技術を最小のチームにさえもたらすものであるという点を強調する。

しかしエンジンとシャーシの組み合わせで6種類にもなるオープンクラスでは、ソフト開発の優先順位付けは常につきまとう問題だ。

ECUソフトの開発についてチェッキネリはこう言う。「どのメーカーからの提案も歓迎するという私たちの立場をわかってもらえれば嬉しいですね。すべてのチームとメーカーにわかってほしいんです。オープンクラス用ソフトについて提案することが彼らにとっての優位性につながるということをね。
 もちろんそれで自社製オープンクラスマシンを使うチームにとっても優位性を担保することになるんです。でも積極的に提案することで自社がソフトを良く理解することにつながるということが重要ですね。
 ですからいろいろ言ってきてほしいんですよ。でも『誰かが言ったからその通りになった』なんてことは言ってほしくないです。提案の機会はどのメーカーにも開かれているんですよ。

ECUの開発プロセスについてはチェッキネリはこう語る。「昨シーズンは各レースが終わるたびにCRTのチームに対して要望を聞くようにしていました。
 今シーズンは各メーカーの要望も聞かなければならないですけどね。彼らからの要望を聞いて、それをToDoリストにして優先順位を付けることになります。
 それは私たちの仕事になります。もちろんみんなが要望していることから手を着けることになりますよ。
 例えば現時点ではシームレスギアボックスについては何もしていません。どのチームにも導入されていませんからね。でも明日は(ドゥカティがオープンクラスに参入するなら)何かしなければいけないかもしれませんけど。
 オープンクラス用ソフトが利用者からの要望で改善されていくのが理想ですね。もちろん投入できる資源の量と時間には限りがあるわけですが、できる限り応えていきたいと思っています。ですからアップデートはされるものだと思ってください。
 今は利用可能な資源を投入しながら最適なECUソフトを作っているところです」

現時点のECUルールは2017年まで継続される予定である。その時点ですべてのチームがオープンクラスに参戦している状態となるのが(訳注:ドルナの)目標ではあるが、ホンダはこの方針に強く反対している。

チェッキネリの考えではオープンクラス用ECUがファクトリー用ソフトと十分対抗できるようになれば、全チームオープンクラスというのも無理な話ではないだろうとのことだ。「間にえっティマレリはすごくがんばってくれていますから、全チームが統一ECUを使ってくれるといいですね。ECUの開発を続けて、これがワークスにも受け入れやすいものにしていきますよ」

ドゥカティと同様にフォーワード・ヤマハのアレイシ・エスパルガロもファクトリークラスのライダーを脅かす存在である。彼はプレシーズンテストで4番手タイムを出しているのだ。

新たに創設されたオープンクラスの初レースとなる今シーズン開幕戦は、3月23日カタールで開催される。
============
つまり言ったモン勝ちで、ドゥカティは一生懸命「言った」ってことなんでしょうけど、まあ、さすがボルジア家を産んだ権謀術数の国イタリア、って感じの結果ですな。

ちなみに「ファクトリー2」クラスに関してはこちらのまとめもご参照あれ。

|

« フィリップアイランドでのタイヤテストについてのコメント | トップページ | カタールテスト初日結果 »

コメント

なんでしょうね...
しかしヤマ(イタリア風に)もマレリつかってたんですね。そりゃホンダは強硬に反対しますわ...

投稿: ひさすえ | 2014/03/07 15:39

>ひさすえさん
 私は特にいいとも悪いとも思わずへらへら見守ってます。

投稿: とみなが | 2014/03/08 18:08

とてもドゥカティを応援する気持ちになれない。

投稿: kaisen | 2014/03/08 19:31

>kaisenさん
 うはは。まあそうかっかなさらず。というかそこまでやってもオープンヤマハにすら勝てそうもないドゥカがむしろ心配になっちゃいます・・・。

投稿: とみなが | 2014/03/08 19:39

いやー、チャンピオン・マシンRCVの量産型の皆さん、ホントに2年使うのかなー。ファクトリー2(Moto2と被るからファクトリーB{ehind}なんてどうでしょう)が欲しいですね。エスパロ兄さん、自腹で何やってんだと思っていたら大正解かも?

投稿: ひさすえ | 2014/03/08 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/59248549

この記事へのトラックバック一覧です: オープンクラス電子制御ソフトに関するドルナ技術責任者へのインタビュー:

« フィリップアイランドでのタイヤテストについてのコメント | トップページ | カタールテスト初日結果 »